フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

2009年4月 7日 (火)

サマルトリアにいかづちの杖(3)

 スーパーファミコン版では、サマルトリア王子の打撃攻撃力が見直され、ロトの剣や、ひかりのつるぎが装備できるようになっている。
 つまり、いかづちの杖を持たせなくても、サマルトリアは打撃で強いダメージを与えられるようになった。
 では、スーファミでは、サマルトリアに杖を与える意味はないのか。
 そうでもない。
 スーファミ版では、いかずちの杖の打撃攻撃力は、ロトの剣より高いのだ。

 

 つまり、ロトの剣をローレシアに、いかずちの杖をサマルトリアに装備させると、打撃ダメージの効率が高い。
 ムーンブルクに杖を渡してしまうと、サマルトリアは鉄の槍か魔道士の杖でしのぐことになる。
 打撃担当2人のうち1人が、あきらかに弱い武器ということだ。
 そして打撃面では期待できない魔法使いムーンブルクが、ロトの剣クラスの打撃武器を不当に持っているということになってしまう。

 

 ひかりのつるぎの購入資金がたまるまで、サマルトリアはいかずちの杖で中盤をしのいでゆける。サマルトリアにひかりのつるぎが回ってくるのは「いなずまの剣」を入手する終盤だから、杖は、そのタイミングまでサマルトリアを支える打撃ダメージソースになってくれるのだ。
 こうなると、ゲームデザイン的に、いかずちの杖はいっそサマルトリア専用武器として用意されているようにしかみえないのだが、どうか。
 というより、いかずちの杖の攻撃力強化は、「サマルトリアに杖という手もあるんだよ」という、製作者側からのヒント、サインじゃないかという気がする。

 

   *

 

 サマルトリアの王子といえば、ネット上では、
「サマルトリアの王子って、弱い!」
 というのが苦笑まじりの定説のようになっていて、それについて、わりとぼくは、前々から疑問に思っていました。

 

 サマルトリアって、弱いですか。
 ぼくはそう思ったことがない。

 

 このゲームの敵キャラは、総じて、
「力の強いローレシアと腕力低めのサマルトリアが一回ずつ打撃を加えると、倒せる」
 というバランスでデザインされている。
 そういうデザインで、「サマルトリアが弱い」というのは、意味がわからない。鉄の槍までしか装備できないとか、そういうの、関係なくないか。

 

 いかずちの杖を持ち、水の羽衣を着たサマルトリアは、攻撃ダメージも被ダメージ軽減率もまったく申し分ない。
 いかずちの杖も水の羽衣も、「ムーンブルク専用です」なんてどこにも書いてないのだ。
 ムーンブルクにいかずちの杖と水の羽衣を与えておいて、
「ムーンブルクに比べてサマルトリアは使えない」
 などというのは、プレイヤーが一方をえこひいきしておいて、他方をなじっているということじゃないのだろうか。

 

 そういうのって、たとえるなら、小学校のクラスで、なんとなく雰囲気的に発生する、
「あいつは、いじめていい奴」
 みたいな認識に似ていて、ちょっとやです、ぼくは。

 

  *

 

 ところで急に話は変わって、これはまったくの余談なのですが、ぼくは加納新太といいます。
 下の名前はあらたと読むのですが、この名前に生まれついた人間だけに与えられる楽しみというのが、ドラクエ1のエンディングに隠されているのですが、皆さん知ってました?

 

 つまりこういうことです↓。偶然気づいて、思わず笑ってしまった(画像クリックで拡大します)。

 

Photo

 

 あな、聖霊ルビスはわれとわが旅を嘉し給ふ。

2009年4月 6日 (月)

サマルトリアにいかづちの杖(2)

(注:ここから、ドラクエ2をやったことある人にしか通じない世界に突入します。ご了承下さい)

 

 ところで、ドラクエ2の遊び方で、自分はふつうにいつもそうしているのだが、他の誰に聞いてもそんなプレーはしていない、ネット検索してもそんな記述はまず出てこなくて、おかしいなー一般的じゃないのかなーと疑問に思っていることがあって、それは、ぼくはサマルトリアの王子にいかづちの杖を持たせているのです。
 みんなムーンブルクに持たせるみたいなのですよね。

 

 おかしいな。使うとバギの効果があるいかずちの杖。ムーンブルクに持たせて、便利ですか?
 ムーンブルクの王女は、最初からバギが使えるわけです。だったら、バギを使えない、強力な攻撃呪文がないサマルトリアが杖を持ったほうが効率的なのでは?
 サマルトリアが杖を持てば、1ターンにバギが2回使えることになる。バギを2回重ねたら、少し弱めのイオナズンくらいの威力になる。中盤でその威力が出せるのは、かなり有利です。強い敵とも戦えて、レベルもすいすい上がります。

 

「でもそうしたら、ムーンブルクに装備させる強い武器がないじゃないか」
 という声が聞こえてきそうな気がするんですが、ムーンブルクに打撃攻撃なんかさせちゃだめです。彼女は非力なのだから、いかずちの杖で殴ったところで、ろくな打点が出るわけがない。いかずちの杖の打撃攻撃力に、意味はないのです。
 じゃあ何をさせておけばいいのか。
 それは、「ぼうぎょ」です。
 案外、「ムーンブルクは防御」に、気づいてない人が多い気がする。
 ドラクエ2は、後列の仲間を狙い打ちしてくる敵が多数存在している。パピラスなんかそうです。よく誤解されていますけど、前列が殴られやすく後列が殴られにくいルールになったのはドラクエ3以降です。いや、ひょっとして2もそのルールかもしれないけれど、実際にはほとんど、ターゲットになりやすさに違いがない。
 ムーンブルクの王女は、防御力が弱く、ろくな防具を装備できない。ちょっと殴られたら瀕死になってしまう。そんな子に、たいした効果もない物理的な「こうげき」をさせて、大ダメージを食らったら、回復に手間を取られて他の仲間まで攻撃どころじゃなくなってしまう。

 

 そこで「ぼうぎょ」となる。
 基本は、防御しつづける。防御しておくと、殴られたり火を噴かれたりしても、ダメージは半分ですむ。堅い鎧でフル装備したローレシア王子よりも少ないダメージですむ。これで、死ななくなる。
 そして、必要なときだけ、要所要所で魔法を使う。
 これで、ムーンブルクを生かすための回復の手間を攻撃に回すことができ、結果的には、ムーンブルクが攻撃参加するよりも、はるかに多い打撃点を稼ぎ出すことができる。

 

 もしムーンブルクがいかずちの杖を装備していたら、ダメージを受けて回復するターンには杖を振れない(バギ効果を出せない)。そのうえそのターンに殴られたらダメージは防御時の倍になるわけで、「杖を振りたくても振れない」状況が、発生したうえに、貴重な1行動を回復についやさなくてはならない。
 それよりは、まだしも打たれ強いサマルトリアに杖を振らせたほうがいい。サマルトリアの通常攻撃はだいたい常に25ダメージ。いかずちの杖を振ると、25ダメージ前後のグループ攻撃になるので、杖をどちらのキャラが持っても、1ターンに稼ぎ出すダメージ点数はそんなに違わない。ドラクエ2は敵と味方が互いにHPを削り合うゲームだから、ムーンブルクが防御することによるダメージ軽減ポイントを考えると、25ポイントくらい与ダメージが減っても、むしろ得になるくらいだ。

 

(続く)

2009年4月 5日 (日)

サマルトリアにいかづちの杖(1)

 ちょっと気持ちがグツグツするようなことがあって、気分転換にドラクエ2をやりはじめた。スーファミではなくファミコン版です。ドラクエ3ほどではないがすでに何周もクリアしているゲームだけれど、やりはじめるとやっぱり楽しく、そして気持ちが調整される感じがする。RPGってふだん使わない脳の部分を使うので、精神のストレッチをしているような気分になる。

 

 ぼくは最も愛するゲームにはドラクエ3を挙げるけれども、ただドラクエ3は、「出来すぎ」ている感がある。そこへいくとドラクエ2は、少し「いびつ」にできていて、そこがいい。

 

 ドラクエ2には、神が宿ってるなと思うときがある。
 世界のすべて、勇者の旅と血と汗のすべてが、たった52文字の「復活の呪文」で記述できるというのが、ハッキーで素敵だ。復活の呪文が長くてしんどいという人がいるけれど、とんでもない話で、たったこれだけで世界そのものが記述できてしまうなんてミラクルだ。もちろん、記述できるように世界がデザインされていることがミラクルなのである。美しい。

 

 そして、デザイン外の部分も美しい。「神が宿る」という表現が、ほんとうに似合うのは、この部分かもしれない。具体的には、「いかづちの杖の無限販売」「水の羽衣2着製造」「はかぶさの剣」のことを指している。
 この三つは、いわゆる「裏技」で、基本的に、ゲームデザイナーが意図していないものだ。
 ドラクエ2は、「ゲームバランスが崩れている」ゲームとして、知られている。ようするに敵が強くて難しいのだ。
 だが、この三つの裏技を知っていて、すべて使用すると、なぜか奇跡的にバランスがとれたゲームになる。

 

 重要アイテム「いかずちの杖」は、ある方法で無限に入手することができ、それを売り払うことで無限にお金を入手できる。ドラクエ2は敵が強くてすぐにパーティが全滅するので、お金が貯まらず、それで異様に苦労するゲームなのだが、それを救済する効果になっている。
「水の羽衣」は最強クラスの防具で、ふつう1着しか手に入らないが、ある方法で2着手に入れることができる。これで、弱い仲間を二人強化することができ、サマルトリアの王子は実戦的キャラクターとして輝き出す。
「はやぶさの剣」は二回攻撃ができる代わりに威力は棒っきれ並みのなまくら刀。「破壊の剣」は最強の武器だが呪われている。破壊の剣の攻撃力で、はやぶさの剣の二回攻撃ができるようになるバグが、いわゆる「はかぶさの剣」。ゲーム終盤の異様に強力な敵陣とも、これでようやく対等に戦えるようになる。

 

 どれも、ゲームデザインの外にある、バグによる効果なのに、それを使うことでプレイ感触が「ちょうどよくなる」。決して、簡単すぎるようにはならない。むしろ、この恩恵があってもまだ難しいくらいだ。偶然の産物なのに、難しすぎたゲームが、ちょうど気持ちよくなる。まるで神の手が、このゲームを名作とするために、堀井雄二中村光一の頭上からそっと操作を加えたかのようだ。

 

 これに比べたら、ドラクエ4の8回逃げやら、ドラクエ5の「ひとしこのみ」なんてのは、まったくディヴァイン・デザインを感じない。ドラクエ3のランシール神殿には、確かに神が住まっておられるなと思う。防御攻撃は、神とまではいわないが、精霊くらいは宿っているだろうか。さしずめルビスの加護といったところだろう。

 

(続く)

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。