フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(6) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(8・終) »

2019年5月 7日 (火)

[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(7)

※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 外伝等は参照しておりません。

 

●第1回からお読みください
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(4)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(6)

こちらもどうぞ→[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

ドラクエ6がお好きな方はこちら
ドラクエ7がお好きな方はこちら
ドラクエ4がお好きな方はこちら
ドラクエ1・2・3がお好きな方は こちらこちらこちらこちら

 

●前回までのおさらい

(私が脳内で勝手に復元した)初期設定版のストーリーでは、プレイヤーは、
「3つの蝶を使ってアンルシアの精神世界に入ったときに」
 眠り姫アンルシアこそが勇者であるという事実を知ることになります。
 そして同時に、「勇者の力とは、自分を人身御供にして、魔物のいない世界再創造するというものだ」という事実を知ります。

 しかし、私たちプレイヤーは、3つの蝶を見つけ出す過程で、
「世界を再創造して、魔物を消し去るという方法論は正しいのか? アンルシアが人柱になることなく世界を平和にする方法を考えるべきじゃないのか?」
 という問題意識をニギっています。

 私たち主人公は、冒険のすえ、
「眠り姫アンルシアは、目覚めるべきだ」
 という信念を持ったので、アンルシアを起こそうと試みます。

 

●時間遡行

 アンルシアを目覚めさせるためには、私たち主人公は「アンルシアが勇者として覚醒した現場」に行かないといけません。なぜなら「セカンドリリース構想文書」にそう書いてあるからです。

 やがて、PCは姫こそが勇者であり、その能力がどういうものかを知ることになる。
 平和なグランゼドーラが世界に定着できるように、勇者覚醒の現場に時を越えて、行くことになる。

(c)2018 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
『セカンドリリース・シナリオ構想』
2018年7月29日開催の「ドラゴンクエスト夏祭り2018 EAST」ステージイベントより
※傍線は引用者による

 

「アンルシアの精神世界を奥底まで潜っていくと、時間を超えて勇者覚醒の現場にアクセスできる」と考えることにします。

 なんでかというと、現行のストーリーでも、「アンルシアの精神世界の奥底に行く」ことで、アンルシアは勇者覚醒の光を放ち始めるからです。
 初期設定版ストーリーでも、現行のストーリーと全く同じタイミングで我々は勇者覚醒の光を目撃する、というふうに想定すると綺麗です。

 なんで精神世界に潜ると時間を超えられるのか。「《世界創造》を行なった瞬間から、アンルシアの時間は止まった」と考えれば良い。世界創造の瞬間から、アンルシアは精神も肉体も停止し、世界維持エネルギーを放出するための装置になる。アンルシアはその瞬間から一切、歳を取らない。……と想定する。
 この想定の場合、アンルシアの存在は「世界創造を行なった瞬間」に固定されているので、アンルシアの精神世界には、「勇者として覚醒し、世界創造をした瞬間」がそのまま内包されているのです。
 だから、アンルシアの精神に入り込んだ私たちは、アンルシアの覚醒の瞬間にアクセスすることができる。
 ……とまあ、こんな感じで考えておけば、タイムマシンみたいなものを用意する必要もなく、盛り上がったままなめらかにストーリーが進行する。

 そうして精神世界の奥底に着地した私たち主人公は、アンルシアが勇者として覚醒し、「勇者覚醒の光」をぶわあーっと放出する瞬間を目の当たりにします。

 続いてアンルシアは、今手に入れたばかりの巨大なエネルギーを使って、「世界そのものを書き換える」という作業を(命とひきかえに)始めようとします。

 私たちはそこにやってきて、アンルシアの肩に手を置き、
「待って」
 と言う。
 ……いえ、ドラクエ語法に従うと、「待って」という台詞を言うことはできないのだけど(プレイヤーキャラクターは自発的に喋らないというルールがある)、とにかくそういう意味合いの行為をする。

 そこで最終的な説得が行なわれ、アンルシアは偽レンダーシアを維持するためのエネルギーを放出することをやめる。するとアンルシアは、自分を維持するためにエネルギーを使えるようになるので、意識を保つことができるようになる。
 するとアンルシアは目覚める

 

●「時間のズレ」の正体

 おわかりかと思いますが、上記の流れをOKとすると、現行のバージョン2において「もの凄くぎこちないポイント」が一点、解消されます。

「五大陸に勇者覚醒の光が届いたタイミングと、グランゼドーラ城でアンルシアが勇者覚醒の光を放ったタイミングが、あまりにもずれている」

 我々が五大陸で光を見たのはネルゲルを倒す前ですし、我々がグランゼドーラで光を見るのはネルゲルを倒した後です。この二つの光は同じものであり、同時に放たれたものだっていう謎設定があります。
 私たちは、たった今放たれたばかりの光を、だいぶ前にもうすでに見ているという状況になってます。以下軽くまとめます。

 

★現行のストーリー

初期村で勇者覚醒の光を見る(A)
  ↓
キーエンブレム集める
  ↓
ネルゲル倒す
  ↓
レンダーシアに渡る
  ↓
3つの蝶を集める
  ↓
アンルシア覚醒、勇者覚醒の光、放出(B)
(しかしAとBは同時である)

 

 これは明らかにおかしなことになっており、現行のバージョン2では、
「ネルゲルがレンダーシアを五大陸から切り離したとき、時間のずれ(断層みたいなものか)ができた」
「レンダーシアに流れている時間と、五大陸に流れている時間はずれているので、レンダーシアで今起こった光は、過去の五大陸に届いてしまった
 という説明がなされています。

 私は、これ聞いた瞬間、「変なのー」と思いました。
「時間の断層のせいで、事象が過去の五大陸に届く」
 という設定を利用した面白いストーリー展開がこのあとにあるのなら、伏線として機能するでしょうけれど、現在のところその気配はないですし。

 ぶっちゃけると、「なんか制作がトラブった結果でしょ」と思ってました。
 そこに「セカンドリリース構想文書」が公開され、瞬時に私は「ああ! それでか!」

 

★初期設定版のストーリー(筆者による想定)

主人公(我々)、未来から時間遡行してくる(A)
  ↓
未来から来た主人公(我々)、アンルシアの勇者覚醒の光を見る
過去の主人公(過去の我々)、五大陸で勇者覚醒の光を見る(同時)
  ↓
覚醒アンルシア、世界創造し、眠りにつく
  ↓
過去の主人公、キーエンブレム集める
  ↓
過去の主人公、ネルゲル倒す
  ↓
(ここから現在とする)
主人公、レンダーシアに渡る
  ↓
主人公、3つの蝶を集める
  ↓
主人公、時間遡行し過去へ(Aに戻る)

 

 この想定の場合、我々は「時間をさかのぼって、勇者覚醒の光を見た」ので、時間のズレは発生しません
 よって、少々苦しい説明を必要としません。

 当初はこういうプランだった。
 バージョン1を作っているとき、制作スタッフがニギっているプランはこれだった。
 だから「初期村でピンチに陥った主人公を、勇者覚醒の光が救う」というストーリーを作って実装した。

 ところがその後、堀井さんのちゃぶ台返しがあり、「アンルシアが世界を創造する」という設定がボツになってしまった。

 その時点で、バージョン2のかなりの部分を旧設定で作ってしまっていたので、大きな変更はできない。

「アンルシアの心の中に入って封印を解くと、アンルシアが勇者覚醒する」という大きな流れはもう動かせない。

 なので、アンルシアは「いま」勇者覚醒するということになった。

 勇者覚醒の光も、「いま」放たれるということに(やむをえず)なった。

 すると、「いま」放たれた光を、「だいぶ前に」五大陸で見たよなあ……という、おかしなことになってしまった。
 だからといってどうしようもないので、「時間がズレてとどいた」という説明がつくりだされた。

 たぶん……そんな感じだろうと思います。

 

●アンルシアは目覚めたくない

 私の想定する初期設定版ストーリーでは、私たち主人公は時間をさかのぼって、アンルシアが世界の再創造をする瞬間にゆき、「ちょっと待って」と言います。

 偽レンダーシアを維持するためのエネルギーの蛇口をちょっと閉めてみよう。目覚めて現実世界で話をしよう。私たちはそういうことを訴えます。
 が。

 アンルシアさんがそう簡単にうんと言うはずはありません

 だって、アンルシアは(この想定では)「勇者であることを受け止めきれない女の子」であるからです。
 この設定における勇者は、「世界に対してたった一人で無限の責任を負わされる人物」です。
「そんなの私には無理」
 って、言わない人がいたらお目にかかりたい。

 中途半端に世界創造をして、その副作用としてさめない眠りにつく、という現在の状態は、実質上、勇者としての責務からのドロップアウトであり、アンルシアにとっては心地よいのです。

 眠りの中で、農村のお姫様になり、怪物にさらわれては、熱血ヒーローに助けてもらう……という、最高に気持ちよい役どころを無限に楽しむこともできるのですし。

 この状態が、私にとってのベストだ。だから、あえて目覚めなきゃならないなんて、イミがわからない

 はい、そろそろ起きましょうね、と言われて、おいそれと目覚められるような境遇じゃないのです。
 アンルシアは本当に辛い思いをした結果、ようやく眠り姫のこの境遇を手に入れたのです。そんなアンルシアに、逃げるな、現実に立ち向かえ、とにかくがんばれ死ぬ気でやれ、なんて言うのは、まるきりサディストのスパルタ体育教師です。アンルシアを苦しめる者が一人増えただけのことになっちまいます。

 そんなアンルシアに、私たちは何を差し出せばよいのでしょうか……。
 というのを、次回語ります。

 

 続き(最終回)→[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(8)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(6) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(8・終) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(6) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(8・終) »

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。