フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(7) | トップページ

2019年5月 9日 (木)

[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(8・終)

※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 外伝等は参照しておりません。

●第1回からお読みください
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(4)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(6)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(7)

こちらもどうぞ→[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

ドラクエ6がお好きな方はこちら
ドラクエ7がお好きな方はこちら
ドラクエ4がお好きな方はこちら
ドラクエ1・2・3がお好きな方は こちらこちらこちらこちら

 

 今回最終回です。
 いつにもまして、「私だったらこんなふうに書くのになー! 書くのになー!」というのがあふれだしていますが、ご容赦ねがいます。
 ふわっと読んでもらえたら、いいと思います。

 

●不思議な旅人・再び

 何度も繰り返しますが、初期設定版のアンルシアは、
「自分を犠牲にして、無限に世界を救い続けろ」
 という運命を強要されている女の子です。

 そんな彼女は、せめてもの慰めに、「自分が何の責務も負っていないただの女子である村」を創造しました。そこでは彼女は何の力もない少女であり、何度も化け物にさらわれては、英雄たちに救い出してもらうという役どころなのです。

 ですから彼女の真意は明らかです。
「誰か、助けて」

 化け物にさらわれるピンチからは、ザンクローネが助けてくれます。それは、せめてもの慰めにはなりました。
 でも、
「あまりにも不当な運命を強要されている」
 という根本的なピンチから、彼女を救い出してくれる人は誰もいません。

 世界を救う者アンルシアが絶望するのは、アンルシアを救う者が誰もいないからです。

 勇者は世のすべての人々を救う者。
 だとしたら、勇者は誰が救ってくれるのか。

 そんな者は誰もいない。だから、アンルシアは架空世界に永遠に閉じこもる。

 ……いえ、いないはずでした。
 ところが現れたのです。

 ザンクローネとともに彼女を助けに来る不思議な旅人として、私たちが。

 

●アンルシアに何を差し出せばいいのか

 不思議な旅人である私たちは、ザンクローネと違って、メルサンディ以外の都市の状況も見てきていますし、グランゼドーラにも訪れていて、さまざまな冒険の結果、アンルシアの境遇を知り尽くすことになります。

「誰か助けて」

 声にならない彼女の本心を、私たちは感じ取ることができます。

 そんな彼女に私たちが差し出せるものは、こんな言葉です。

「私があなたを救う」

 あなたが剣を取って戦うときは、私も隣で剣を振るおう。
 あなたの背中を私が守ろう。
 あなたが倒れそうになったら、必ず手をさしのべよう。
 あなたは今日から、孤独ではない

 あなたが世界を救ってくれるのなら、そんなあなたを私が救おう。

 

 それこそがアンルシアの求めているもので、希望そのものであり、だからアンルシアは目覚めることを選択できるのです。

 どのタイミングだったか忘れたのですが、現行版のストーリーで、アンルシアがこんなことを言い出したことがありました。
「私にとっての勇者は、あなたよ」
 このセリフは、上記の展開を想定するとき、より納得度が高くなります。なぜなら、私たちは、眠りの世界にとらわれていた姫君を果敢に助け出したヒーローだからです。

 

●アンルシアに救われた者たち

 しかし、なぜ、「私たち」はアンルシアに「私があなたを救う」と言うのでしょうか。
 それには理由があって、

 私たちはアンルシアに救われたからです。

 私たち全員は、冒険がはじまるときに、アンルシアに命を救われています。
 私たちが五種族の何であろうとも、初期村の近くで、あまりにも強すぎる怪物や、洪水のように迫り来る魔瘴に襲われました。
 そのまま何の助けもなければ、間違いなく死んでいました。
 しかしそのとき、文字通りの「救いの光」がおとずれました。レンダーシアから放たれた勇者覚醒の光が、たちまち魔瘴を退け、怪物から力をうばい、私たちはそれによって助かったのです。ですよね? 覚えてますか?

 アンルシアが覚醒の光を放たなかったら、私たちの冒険は、そこで終っていたのです。

 私たちはアンルシアの精神世界をくぐって、勇者覚醒の瞬間に行きます。そこで気づくのです。私の命はアンルシアに救われた。私がここにいるのはアンルシアのおかげだ。
 だからこのようになる。

 あなたが世界を救ってくれるのなら、そんなあなたを私が救おう。
 なぜなら私があなたに救われたからだ。

 そういう意味のストーリーが、初期設定版では語られる予定だったんじゃないのかな、というのが、私(筆者)の復元案なんです。ドラクエでは主人公がしゃべることはないから、これをどう語るのかについてはちょいと工夫が必要。しかし、こういう「形」が目指される予定だったというのが私の想像なんですね。

 何度も繰り返しますが、勇者は「一人で世界を支えろ」と言われている人です。

 だとすると、私たちの言葉は、こう言い換えることもできる。

「世界のはんぶんを、私が支えよう」

 

●ザンクローネ再び・勇気の力

 現行のバージョン2では、

盟友、という運命的存在がある」
「勇者には盟友が寄り添うものと決まっている」
「私たち(あなた)がそれである」

 ということがのちに明らかになり、上記の初期設定版ストーリー(加納式の)とほぼ同型になります。

 違いはどこかというと、現行版では、「盟友というロール」が前面に強く出ているのに対して、(加納式の)初期設定版ストーリーでは、「私がアンルシアの友となろう」という内発的動機がクローズアップされることです。

「アンルシアが私を救ってくれたから、今度は私がアンルシアを救う」

 これとほぼ同じ形が、メルサンディの村人とザンクローネとの間に発生しています。
 ザンクローネはメルサンディの村を何度も救い、村人たちから絶対の信頼を寄せられています。
 魂しかないザンクローネの力の源は、メルサンディの村人たちの「信じる心」です。それが注入されるかぎり、ザンクローネは倒れても倒れても、必ず立ち上がることができます。
「オマエが信じてくれるなら、オレは何度でも立ち上がる」
 メルサンディの村人は、村を救ってくれたザンクローネへの恩返しとして、絶対の信頼という無敵のパワーを差し出しているのです。そういう形で、村人たちはザンクローネとともに戦っているのです。

 そして今ここに、眠るのをやめて剣の力で魔王に立ち向かいはじめた勇者姫と私たちがいます。
 勇者姫と私たちは、人々を救います。

 救われた人々の中から、こういう人が出てくるかも知れない。
「私は彼女たちに救われた。私も、誰かを救えるようになりたい

 たとえばアンルシアはこう言うのかもしれない。
「元気のある者は、まず自分自身を救えるようになりなさい。余力のある者は、他人を助けてあげなさい」
「それはどんな小さなことでもいい。自分が倒れそうになっているとき、目の前に転んだ子供がいたら、そこに手をさしのべてあげるだけでもりっぱな救いの行為である」
「何の力もない者は、声を出すだけでもいい。『がんばって! 私がついてるから!』と。それもりっぱな、ひとつの戦いである」

 人は自分自身を救うことができるし、だれかを救うことができる。
 そうして救われた者は、今度は自分がだれかを救おうと思うことができる。

 そういう意志のことを、私はこう呼びたいのです。
「勇気」

 ドラクエ10において、人間は「勇気の民」だそうです。
 人間の中からたまにもの凄く強い勇者が現れて、その勇者が魔王をやっつけて帰ってくる、というのなら、人間は本当に「勇気の民」だろうか。

 そうではなくて、勇者は、人々に勇気をふるいおこさせる旗印のようなもの。
 そう考えたいのです。

 自分が泣きたいとき、泣いている子供に手をさしのべる。そのときあなたは小さな勇者なのであるということを(私は個人的に)言いたい。
 何度でも立ち上がる、外見はちょっと頼りない勇者姫。その姿に触発されて、勇気の機運が人々のなかに広がっていく。

 そうして一人一人が小さな勇気をふりしぼり、それが結集してひとつになり、一人の代表闘士にそそぎ込まれて偉大な達成をする。
 そのとき人間はまさに勇気の民である
 勇気をふるいおこして立ち上がったから、魔王を倒すことができるのである。重要なのは力ではなく勇気である。

 私はアンルシアに救われたから、私が今度はアンルシアを救おう。
 という一人の人物の決意が、レンダーシアじゅうにひろがり、メルサンディとザンクローネのような関係が、アンルシアと全レンダーシアのあいだで実現されていく……。

 ……あの、ときどき忘れかけますが、この一連の投稿は、私の個人的なファンタジーをのべているのです。初期設定のメモに触発されて、私だったらこういう勇者のありかたを描くのにな、ということを語っているわけです。

 

●偽アンルシア登場

 初期設定版では、アンルシアが世界創造をやめて目覚めると、大魔王マデサゴーラも活動を再開します。「セカンドリリース構想文書」にそう書いてあります。

 このボスは本来、勇者覚醒時にダメージを受けるなり、封印されるなりしていたのだが、PCの介入で過去が変わったことで、それがなかったこととして上書きされてしまったのだった。

(c)2018 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
『セカンドリリース・シナリオ構想』
2018年7月29日開催の「ドラゴンクエスト夏祭り2018 EAST」ステージイベントより
※これ以降の引用も同じです

 

 復活したマデサゴーラが何をするかというと、アンルシアの世界創造能力を奪い取るか悪用するかして、「ワシ好みの新たな世界」を生み出すということです。「セカンドリリース構想文書」にそう書いてあります。

 一方で、ネルゲルと呼応し、グランゼドーラを襲撃した今回のボスは、勇者の世界を創りだす能力に目をつけており、それを自分のために利用することを企んでいた。
(中略)
 勇者姫をさらったボスは姫に暗黒の魔力を送り込み、自分好みの暗黒世界を生み出そうとする。ボスの思惑通りに暗黒世界は創りだされ、このままではこの新たな世界が現実として、世界を覆ってしまうかもしれない。

 

 ここでおおむね、現行のバージョン2と合流するわけですね。
 単なる想像ですけど、「アンルシアが作った偽レンダーシアも、マデサゴーラに乗っ取られた」くらいにしておくと、いろいろお話がはかどりそうです。マデサゴーラが偽セレドや偽メルサンディに嫌がらせをし始めたので、それを阻止しに行く、みたいなお話が作りやすい。

 偽レンダーシアが維持されているのに、アンルシアが昏倒していないのは、「マデサゴーラの魔力によって偽レンダーシアが維持されるようになったから」くらいに考えればすみます。「姫に暗黒の魔力を送り込み」って書いてありますしね。

 さて、現行のストーリーでは、この前後でとても印象的なキャラクターが登場します。
 それは偽アンルシア。紫色の服を着た人。DQMSLなどでは「魔勇者アンルシア姫」と呼ばれているようです。
 現行では、彼女はマデサゴーラが作った人形みたいなもので、偽物であることにコンプレックスを持っている感じになっています。
 なぜ偽アンルシアが必要なのかというと、「勇者じゃないと開けられない扉」が、レンダーシアにはいくつかあるからです。なのでマデサゴーラは、勇者姫そっくりのホムンクルス(的なもの)を作り、
「うまくしたらコイツに勇者パワーが宿らんだろうかな?」
 みたいなことを期待した。

 初期設定版でも、上記のかたちで登場して何の問題もありません。
 が、せっかく「世界創造能力はアンルシアが持っているのだ」という魅力的な設定があるのですから、こんなふうにいじってみるのはどうでしょう。

「偽アンルシアはアンルシアが作った」
「偽アンルシアはアンルシアの第二人格である」

 第二人格、という言葉が適切かどうかわかりませんが、アンルシアが「私って、こんなだったら良かったのにな」と思う理想の姿が偽アンルシアである、と言いたいのです。

 アンルシアは、「おまえが勇者である」と宣告されて、
「そんな、ひどい……」
 と、尻込みしてしまうキャラクターです(この想定では)。
(そういう人物が、しいて立ち上がるから「勇気」なのですね)

「私には、とても無理」
 だけど、
もし私が、こんな人間だったら、みんなも納得して、安心したのかな……?」

 ということで、アンルシアは想像をふくらませる。
 理想の私は、りりしく、強く、誰に対しても物怖じせず、いつも自信たっぷりで、常に求められている結果を出して帰ってくる。
 かっこいい勇者姫。
 私って、こんなだったらよかったなぁ……。

 さて、時は流れてマデサゴーラは、アンルシアの頭の中に手を突っ込んで世界創造能力を悪用しようというとき、
「ほう、これはこれは……」
 アンルシアの中に設定されていた偽アンルシアを見つけて、ひょいと引っ張り出し、世界創造能力を使って具現化する
「こいつを、我がしもべとして使ってやろう」

 偽アンルシアは、「アンルシアより強い」という設定なので、一騎打ちをしたらアンルシアに勝つ力を持っているのです。
 しかも、アンルシアが「もう一人の私」として想像した存在なので、勇者の力を備えているのです。つまり、古き神の遺跡の封印や、奈落の門を開ける能力を持っている。
 この想定のストーリーでは、
「洗脳され、先代勇者の指輪を手に入れ、一時的に勇者パワーを手にれたトーマ」
 みたいなややこしい存在を必要としない。

 そしてこの想定では、人間側は大ピンチです。絶対に魔族に明け渡してはならないものが、カッパカパと開け放題になってしまう。
 やばいぞやばい。ということで偽アンルシアを追いかけて倒すというチェイスサスペンスが発生する。

 

●わたしにかえりなさい……

 今回のエントリは、(なにせ最終回なので)、私の個人的なドリームがてんこもりです。
(最初からそうだったという説もある)
 せっかくですから、終わりもドリームで結びたいと思います。

 

 アンルシアと主人公(私たち)は、偽アンルシアと決着をつけます。

 偽アンルシアは、「一人で世界を支えられる理想のアンルシア」というコンセプトなので、「一人で何でもできるぜ」と思っています。なので、自分一人で、アンルシアだろうと盟友だろうと蹴散らすつもりでいます。実際にそれだけの力があるのです。

 が、アンルシアと主人公によって、彼女は敗北させられます。
「私はおまえたちより強いはずなのになぜだ」

 それは、ザンクローネがそうであるようにアンルシアが、盟友や人々の勇気の力を背に受けているから。
 という感じに持っていくと、ザンクローネのエピソードがものすごく生きる。

 この想定の場合、「本物が偽物に勝った」というアングルにはならない。この想定では偽アンルシアも「本物の勇者」だからです。勝敗を分けたのは、「一人で戦い抜く者」と、「みんなの勇気をエネルギーに変えて戦う者」の差

 ここでアンルシアには、敵に対してぜひともこういうセリフを言ってもらいたい。
「あなたも私の力になってほしい」

 破れた偽アンルシアは、元の場所……つまりアンルシアの中に還ってゆきます

 そのときですね、還ってゆく偽アンルシアがこんなことを言おうものなら、これはもう超絶に私好みです。

「おまえの心がくじけるようなら、私がいつでも取って代わるぞ」

 それでもって、アンルシアはこう返す。
「でも、そうはならないと思うわ」

     *

「セカンドリリース構想文書」に触発されて、私の中で復元された初期構想のストーリーは、こんな感じです。
 あなたも何か考えてみませんか?

 

(了)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(7) | トップページ

コメント

面白かったです。一気に読んでしまいました。
DQ11にも期待しています。

コミック版封神演義然り、魔人ブウ然り(他にいい例がありそうなんだけど)影との対立、葛藤、受容はロマンですな。

良い夢見させてもらいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(7) | トップページ

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。