フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) »

2019年4月10日 (水)

[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2)

※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 外伝等は参照しておりません。

●第1回からお読みください
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1)

こちらもどうぞ→[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

ドラクエ6がお好きな方はこちら
ドラクエ7がお好きな方はこちら
ドラクエ4がお好きな方はこちら
ドラクエ1・2・3がお好きな方は こちらこちらこちらこちら

 

●ドロップアウトする「チャンピオン」

 ドラクエ10では、「勇者」というのは、「人類に危機が訪れたときにそれと戦う使命を神から与えられた代表闘士」くらいの意味です。たぶん英語では「Champion」(本来の意味での)が近そうです。
 ロマサガ1に「世界にいきるすべてのもののチャンピオンとして」という、とても印象的な台詞がありますが、その意味の「チャンピオン」です。
 これは神が選出するものなので、人間側が異議を唱えたりはできない感じです。

 現行のドラクエ10バージョン2では、《勇者姫アンルシア》は、自分が勇者であることを受け止めきれない少女として私たちの前に登場します。 アンルシアは、「勇者の妹」として育てられています。表向きには、「兄王子トーマが勇者である」ということになっていました。
「アンルシアが幼年のうちに魔物に命をねらわれたらまずい」
 ということで、トーマ王子が勇者だということにしてありました。アンルシアもそれを信じていたのです。

 勇者として人類を守り、戦うという重責は、トーマ王子が担ってくれていました。アンルシアも剣の達人に育っていきますが、本人は「勇者トーマのお手伝いができればいい」くらいの気楽な心づもりでいました。

 が、トーマ王子はアンルシアをかばって死にます。その際にトーマ王子から、「おまえが実は勇者なんだ」という驚愕の事実を知らされます。

 アンルシアにとっては、
「兄様を守るつもりでいたのに、できなかった」
 という、自分がもっとも無力感にさいなまれるタイミングで、
実はおまえが、人々の希望を一身に背負って戦う運命を課せられた人類の代理闘士なのである」
 ということを告知されたことになります。

「そんなこと私にできるわけない」

 アンルシアは絶望して、「この世から消える」ことを選びます。自分の記憶と能力を、自分で封印します。その結果、アンルシアは世界から消滅します。

 消滅してどうなったかというと、「記憶喪失の美少女ミシュア」として、「マデサゴーラが創った偽レンダーシアのメルサンディ村」に出現するのです。繰り返し念を押しておきますが、これは、実際に採用された「現行の」バージョン2の物語です。

「自分を自分で封印して、世界から姿を消す」
 ここまでは問題ありません。しかし、
「マデサゴーラの創った世界に転生する」
 というのは、奇妙に飛躍しています。もちろん、何やら理屈をつけようと思えば、いくらでもつけられます(私はいくらでも思いつきます)けれど、私にはいまひとつ腑に落ちないままでした。

 が、
「勇者とは、自分が願う理想の世界を創造する力を持った人間であり、アンルシアは、自分ごのみのもう一つの世界を生み出すことができるのだ」
 という初期設定を導入するのなら、これは飛躍ではなくなるのです。

「アンルシアは、自分が勇者であるという運命を拒否したかった。だから、《自分は勇者などではない、何の力も持たないただの村娘だ》という世界を《理想世界》としてみずから創りだしたのだ」

 と考えれば、これはだんぜん、腑に落ちやすいのです。
 腑に落ちやすいだけでなく、魅力がある。
 当初は、このような真相がプランされていた。だが、堀井さんのボツを食らって、「勇者姫は世界創造能力を持つ」という設定がお蔵入りになった。「世界創造能力を持つのは魔王のほうだ」ということに変更された。
 が、この時点ですでにメルサンディ村のストーリーは構想されていた。それがほぼそのまま流用されたので、「アンルシアがマデサゴーラの創った世界になぜか出現する」という、ちょっとぎこちない展開が出てくることになった。

 

●変更された世界

「セカンドリリース構想文書」には、
「勇者の能力は、命とひきかえに、魔物のいない平和な世界(理想世界)を発生させること」
 という意味のことが書いてあります。
 この能力を使ったとき、アンルシアは未熟だったので、中途半端に平和な世界が発生し、そのかわり命は失わずにすんだ、みたいな感じのようですね。

 初期案のアンルシアは、この能力を使い、その結果、我々がよく知る「偽レンダーシア」が誕生したのだと考えることにしましょう。
 我々が見てきた「マデサゴーラの創った偽レンダーシア」と、おおむね同じような感じのものを、「アンルシアが創った」というふうに考えるわけです。

 おそらく、「自分が勇者であることを受け止めきれない勇者姫」という構想は、初期案の段階でも存在しただろうと思います。

 初期アンルシアは、世界を創造するとき、「何の責務も負っていないただの村娘として、この世界に存在してみたい」と思った。それが実現した。
(その願いこそが「未熟」の正体と考えるのもおもしろい。その場合、「未熟こそが魅力」というかたちになる)

 けれど、アンルシアの気持ちとしては、自分だけが責務から逃れて楽になれればよいというわけでは、当然なかった。世界を変える能力が自分にあるのなら、「世界を変えることでしか救えない者たち」を同時に救いたい。
 アンルシアは無意識のうちにそう思い、無意識のうちに、レンダーシアの各町に、いくつかのクリティカルな変更を加えた。
 ……というふうに考えることにしましょう。

 たとえばそう、セレドの町に起こった悲劇を、なかったことにできないか、とか……。

 この、「初期設定アンルシア」は、誰も知らないところで、「起こってしまった悲劇から人々を救っている」のです。
 だから実は、本来期待されている「勇者らしい」世界創造をしている。勇者でありたくない、という気持ちから作った彼女の世界は、とても優しく、誰かを救おうという気持ちに満ちている
 そこに魅力があり、だから腑に落ちるのです。

 繰り返しになりますが、現行のドラクエ10では、その変更を「マデサゴーラが行なった」ことにしたので、「不思議にヒューマンな魔王」という、味のある敵役が生まれた。

 そして、現行のバージョン2には、「勇者の力があれば、偽レンダーシアと真レンダーシアを自在に行き来できる」という設定があり、実際にそれが、世界間移動システムとして機能しています。
 なぜ勇者の力があれば、マデサゴーラの作った世界に行ったり帰ったりできるのかについては、「勇者の力はすごいから」以上の説明はなされていません。

 これも、「旧設定では、偽レンダーシアはアンルシアが勇者の力で作った」という補助線をひけば、違和感はなくなります。偽レンダーシアは勇者姫アンルシアが作ったものだったので、勇者の力で移動できるのは当然なのです。

 次回から、偽レンダーシア3都市の各論。まずはセレドの町に向かいます。


 続き→[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) »

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。