フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2) »

2019年4月 9日 (火)

[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1)

※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 外伝等は参照しておりません。

こちらもどうぞ→[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

ドラクエ6がお好きな方はこちら
ドラクエ7がお好きな方はこちら
ドラクエ4がお好きな方はこちら
ドラクエ1・2・3がお好きな方は こちらこちらこちらこちら

 

●セカンドリリース構想文書という驚き

 ドラクエ10のお話。
 2018年の夏のことですが、「ドラゴンクエスト夏祭り 2018 EAST」というイベントのステージイベントに、ドラクエ10のシナリオ班チーフ・成田篤史さんが登壇されました。

 この夏祭りイベントでは、毎年半ば恒例になっている行事として、「ドラクエ10の没グラフィックや没案をちょっとだけ公開する」ということが行われています。
 私はこれを、毎回楽しみに見ているのだけれど、2018年の夏祭りで成田篤史さんが公開なさった情報が、私にはものすごく重大なものだった。

 堀井雄二さんの反対によってボツとなった、「ドラクエ10バージョン2ストーリーの最・初期案」を記したペラ一枚文書。
 これが画面に30秒くらいぱっと表示されたのです。

 これには、凄く重要なことがいっぱい書いてありましたので、私は画面を止めて(ネット経由で動画を見ていたの)、全部を書き写しました。以下にそれを掲示します。

 なお以下に掲示するものは、著作権法および慣行に基づき、研究を目的として引用するものです。「夏祭り」イベントおよびそのネット放送番組を全体とし、その「一部分」としての当該文書を引用することは可能と判断しました。

セカンドリリース・シナリオ構想
20XX/09/17 成田篤史

 ネルゲルによって封印されたレンダーシアで、力を奪われたグランゼドーラの人々は魔物の襲撃により全滅の危機に瀕していた。

 絶望的な戦いの果てにグランゼドーラ王女が勇者として覚醒。
 勇者の力はその生命力を代償として自分の理想の世界を創造するというもので、逞しく力を身につけた勇者ならば、魔物のいない平和な世界を創りだせるはずあった。
 しかし、不完全な覚醒で未成熟な力を使った勇者姫の造りだした世界は現実の世界と混在する非常に曖昧な状態で、在りし日の平和なグランゼドーラを再現するに留まった。
 その代わり、勇者姫自身は命を失うことなく、眠りにつくだけにとどまる。

 PCは船でたどり着いたレンダーシアの他の土地でグランゼドーラが魔物軍の襲撃により大変なことになっているらしいという噂を聞いて、グランゼドーラに駆けつけるが、そこは平和そのもので拍子抜けすることになる。

 ただ、この国の王女だけが目を覚まさない状態にあることが判明する。PCは姫を目覚めさせるため、世界各地を飛びまわることになる。

 創りだされた世界は非常に不安定な状態にあり、姫の状態により、何かの拍子で元の廃墟と化したグランゼドーラが浮きだしてきたりする(●●以降は説明なしにランダムで平和状態と壊滅状態を行き来させるのも面白いかも)。

 やがて、PCは姫こそが勇者であり、その能力がどういうものかを知ることになる。
 平和なグランゼドーラが世界に定着できるように、勇者覚醒の現場に時を越えて、行くことになる。

 一方で、ネルゲルと呼応し、グランゼドーラを襲撃した今回のボスは、勇者の世界を創りだす能力に目をつけており、それを自分のために利用することを企んでいた。

 このボスは本来、勇者覚醒時にダメージを受けるなり、封印されるなりしていたのだが、PCの介入で過去が変わったことで、それがなかったこととして上書きされてしまったのだった。
 勇者姫をさらったボスは姫に暗黒の魔力を送り込み、自分好みの暗黒世界を生み出そうとする。ボスの思惑通りに暗黒世界は創りだされ、このままではこの新たな世界が現実として、世界を覆ってしまうかもしれない。
 PCはそうなる前に、未完成の暗黒世界に乗り込んで、ボスを倒さなくてはならないのだった。

(c)2018 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
加納による注釈: ・出典は2018年7月29日に東京ビッグサイトで開催された「ドラゴンクエスト夏祭り2018 EAST」ステージイベント「開発者座談会」です。
・文書内日付の「20XX」は原文ママ。「これこれが開発されていたのは何年ごろ」という情報は、ドラクエ10の運営は基本、伏せるのが慣例。
・PCとは、プレイヤーキャラクター(プレイヤーが操作するキャラクター。冒険者)のことと思われる。
・●●部分は、判読不明部分。おそらく「初回」と書かれていると推測するが、あやふやのため暫定的にこうした。

 

 以後、この文書を「セカンドリリース構想文書」と呼称します。
「セカンドリリース構想文書」を読んだ瞬間に、「うわああ、そうだったのか!」というものすごい納得がやってきました。実装されたバージョン2ストーリーの情報が即座にガチャガチャと頭の中で組み替えられて、元々想定されていた物語が、おおすじ、再構成できたのです。

 元はそういうお話だったのか。
 だから、バージョン2は、こういう(ちょっと変わった)お話になっているのか。

 今後何回かにわけて、「私の頭の中に再構成されたドラクエ10バージョン2のストーリー」をお話していきます。

 

●大魔王はなぜいい人になってしまったのか

 ドラクエ10のバージョン2ストーリーは、ユーザーの中ではおおむね肯定的に受け入れられています。「よくできた優れた物語」という評価がなされているのが、ネットのあちこちで見られます。私も同意見です。

 が、ところどころ、
「アレ、なんでこんなふうになってるの?」
 という部分があって、私は個人的にひっかかっていました。

 いちばん異様なのは、ラスボスである大魔王マデサゴーラのキャラクター

 製品版のバージョン2(現実に実装された現行のストーリー)では、大魔王マデサゴーラは創造神の力のカケラを手に入れたことになっています。
 その力を利用し、
「自分好みの世界を創造し、現実世界と《オレ世界》とを入れ替えてやろう」
 ということをもくろみました。

 マデサゴーラは、「魔界の芸術家」ということになっています。世界全体をキャンバスとし、そこにオレ好みの絵を描いてくれよう、という異色の魔王です。つまり実際のドラクエ10では、理想の世界を創造する力を持っていたのは魔王のほうです。

 そこまではいいとして。
 マデサゴーラが自分好みに創造した世界「偽のレンダーシア」って、なんというか、妙にヒューマニスティックなんですね。
 どういうわけか、創造者の優しさみたいなものが感じられる。情愛や、希望や、想像力みたいなものに対して敬意を持っている者がこの世界を創ったとしか思えないふしぶしがある。

 一応、マデサゴーラは「そういう人間の情動の影にあらわれる、どうしようもない業みたいなもの」にフォーカスしているのだ、というような納得はできるように描かれています(そうでないと悪の親玉として成立しないですものね)。人間が必死な思いをしている、その情動をしゃぶりつくすように楽しんでやろう、みたいなことを思っている独特な魔王なのね? という理解で、だいたいのプレイヤーはお話を読んでいるはずです。

 でも、それにしたって妙にヒューマンすぎるんだ。手塚治虫の「ブラック・ジャック」みたいに、悪者ぶっていてもどうしても本性の善人な部分がほのみえてしまう感じがあるのです。
 マデサゴーラはプレイヤー間では「クワガタおじさん」という愛称で呼ばれているのですが、
「クワガタおじさんそんなに悪い人じゃないよね」
 みたいな評価がされていることがけっこう多いのです。

 なぜだ。
 どうもひっかかる。
 ラスボスは、「何が何でも打倒しなければならない巨悪だ」というふうにプレゼンしたほうが盛り上がるはずだ。ドラクエは基本、そういうふうにラスボスを描いてきたはずだ。

 そのモヤモヤが、「セカンドリリース構想文書」を読んだとき、一発で吹き払われました。

 最初期に予定されていたストーリーでは、偽レンダーシアは、優しくて善良な「勇者姫」が創りだしたものだったのだ。
 だから、偽レンダーシアはヒューマンなのだ。
 この初期案がボツになり、「偽レンダーシアは大魔王マデサゴーラが創った」という設定に変更された。
 だが、偽レンダーシアで繰り広げられる事件やエピソードは、「勇者姫が創った」という設定で練られていたものが、流用された
 だから、「大魔王マデサゴーラが魔力で創った世界は、妙にヒューマンであり、マデサゴーラはちょっといい人」という手触りが生まれた。……のではないか。

 この仮定を前提にしてみると、「成田さんやシナリオ班が、当初、バージョン2をどのような話にするつもりだったのか」を、ある程度再構成できそうだ。

 それをやってみましょう。

 

 続き→[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2)

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2) »

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。