フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5) »

2019年4月13日 (土)

[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(4)

※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 外伝等は参照しておりません。

●第1回からお読みください
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(1)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(2)
[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3)

こちらもどうぞ→[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

ドラクエ6がお好きな方はこちら
ドラクエ7がお好きな方はこちら
ドラクエ4がお好きな方はこちら
ドラクエ1・2・3がお好きな方は こちらこちらこちらこちら

 

●魔物の王国アラハギーロ

 実際にゲームに採用されたアラハギーロのストーリーは以下のようなものです。

 砂漠の国アラハギーロは、なぜか住民の全員が名前と記憶を失っているという、謎めいた都です。『THEビッグオー』のパラダイムシティに似ています。
 アラハギーロにはモンスター格闘場があります。住民たちは、格闘場でモンスターたちが殺し合う姿に熱狂することで、記憶がない不安をまぎらわせています。
 格闘場では、負けたモンスターは容赦なくその場で死刑になります。その死刑の瞬間を見ることに、人々は熱狂しているのです。

 じつは、この都では、モンスターと人間とが入れ替わっていました。都の人々は、元は全員モンスターでした。記憶が封じられているのは、モンスターだった頃のことを思い出させてしまうと人間としての生活にさしさわるからです(たぶん)。
 そして、格闘場で戦わされているモンスターは、じつは姿を変えられてしまった人間でした。つまりここは、モンスターが支配し、人間たちがモンスターに変身させられて格闘場で死ぬまで戦わされているという町だったのです。

 元々のアラハギーロの格闘場は、ここまで血なまぐさいものではありませんでした。モンスターが格闘選手として、まもの使いがトレーナーとして、ともに手を取って強さを極めよう、という、現代の格闘スポーツに似た性格のものでした。ポケモンとポケモントレーナーの関係に近似です。

 アラハギーロに魔王軍が攻めてきて、劣勢に立たされたことが運命の岐路となりました。アラハギーロ軍は、格闘場のモンスターを最前線の捨て駒兵士として使うことを思いつき、格闘場責任者のまもの使いベルムドにそれを強要しました。

 ベルムドにとってモンスターは、苦難をともにした仲間です。サトシのところに軍隊がやってきて、「ピカチュウを兵器として使うことにしたから最前線で死ぬまで戦ってこい」と命令したようなものです。

 最前線においやられて、傷つき倒れていく自分の仲間モンスターを目の当たりにしたベルムドは、魔王軍ではなくアラハギーロに憎しみを向けます。

「人間とモンスターが今すぐ入れ替わればいい。捨て駒として死ぬまで戦わされる苦しみを人間自身が味わえばいい」

 皮肉めいた魔界の芸術家マデサゴーラは、これを面白いと思い、彼の願いを聞き届けたのでした……。

 物語のすじとしては、これは、「巨大な権力を持った魔王の悪趣味」と受け取るべきものなのでしょう。
 でも、ベルムドの叫びは、人として理解できるし、共感すら可能なものです。繰り返しになりますが、「人として理解も共感もできる」願望をかなえてやっている点で、マデサゴーラを邪悪の一言では断じきれない様相になっているわけです。

 

●アンルシアは「まもののいない世界」をつくる

 この、通称「偽アラハギーロ」の都を、アンルシアが作ったという場合、どうなるのか。

「セカンドリリース構想文書」にはこうあります。

 勇者の力はその生命力を代償として自分の理想の世界を創造するというもので、逞しく力を身につけた勇者ならば、魔物のいない平和な世界を創りだせるはずあった。
 しかし、不完全な覚醒で未成熟な力を使った勇者姫の造りだした世界は現実の世界と混在する非常に曖昧な状態で(後略)

(c)2018 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
『セカンドリリース・シナリオ構想』
2018年7月29日開催の「ドラゴンクエスト夏祭り2018 EAST」ステージイベントより


 つまり、
・勇者の力とは、「自分の理想の世界を創造する」こと。
・その力の目的は、「魔物のいない平和な世界を創りだす」こと。
・しかしアンルシアは未熟なので、「曖昧な状態の世界を創ってしまう」

 前のエントリで提案したように、ここでは、「アンルシアは自分が勇者であるということを受け止めきれない」少女であるという人物理解をしています。
 だから、「自分はただの村娘だ」という世界を創ってしまおうとする。

 ただ、アンルシアは基本、良い子なので、「とにかく自分の責任を放り出せればそれでいい」とは考えない
 期待されている通り、魔物のいない世界を創ることができれば、勇者はお役御免となるので、ただの女の子として生きることが許されると考える。実際にそうする。現に「セカンドリリース構想文書」では、グランゼドーラ周辺を「魔物の存在しない世界」にすることには成功している(っぽい)。

 そんな「魔物不在の領域」をアラハギーロにも広げようとするのですが……。まさにその瞬間、

「人間とモンスターが今すぐ入れ替わればいい!」

 ベルムドの、呪いと憎しみにみちた絶叫を、魂の深いところで聞いてしまった……ということになります。

 アンルシアは、ベルムドのその強い欲求に影響されてしまうのだ、と考えることにしましょう。
 魔物のいない世界をつくりたいのだが、同時に、傷つききったベルムドの魂も救済してやりたい。捨て駒にされているモンスターを助けてやりたい

 一見、相反する願いのように見えるのですが、奇妙にねじれて一致してしまいます。

「モンスターが人間に変化した」という現象があれば、それは「モンスターがいない世界」につながる。
「人間をモンスターに変え」て格闘場で皆殺しにすれば、経過はどうあれそれは「モンスターがいない世界」だ……。

 そういうねじくれた実現方法を、アンルシア自身が望んだわけでは決してないけれど、世界創造に干渉してきたベルムドの怨念が強すぎて、とにかくそんなかたちが生まれてしまう。……というふうに考えることにします。

 このようにして、アンルシアは「呪われたアラハギーロ」をつくりだしてしまった。この呪いを、誰が、どう解くのか。アンルシアの身体はグランゼドーラの城で眠り姫をしているし、アンルシアの魂は、メルサンディの村で記憶をなくして村娘をやっている。

 眠り姫を目覚めさせる方法を探して、そんなアラハギーロに主人公(わたしたち)がやってきます

 

●アラハギーロで得られる目覚めのカギ

 アラハギーロにはセラフィという可愛らしい女の子がいて、格闘場でモンスターが殺されていくことに心を痛めていました。
 ベルムドは、格闘場の元人間モンスターを、最後の一匹が全滅するまで戦わせる死のバトルロイヤルを計画していました。
 主人公とセラフィは、協力して元人間のモンスターたちを逃がし、ベルムドと対決して、彼の暴挙を止めるのでした。

 このクライマックスの場面で、セラフィの正体がホイミスライム、つまりモンスターであることが明らかになります。セラフィは、まもの使いとの間に良い思い出を持っていて、人間のことが好きなのです。
 偽アラハギーロのストーリーは、人間が無残に殺されようとするのを、モンスターが阻止する物語です。

 だとしたら。
 魔物を消し去り、魔物のいない世界を創造するというのは正しいことなのか?

 魔物のいない世界とは、まもの使いとモンスターとの心の交流が存在しない世界であり、そして何より、心優しいセラフィが存在しない世界です。

 本当に、魔物を消し去っても良いのか? という、ラディカルな疑問を、わたしたち主人公は、眠れる勇者姫アンルシアの枕元に持ち帰ります。

 次回、メルサンディの村。


 続き→[ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(3) | トップページ | [ドラクエ10]姫が夢見たオルタナティブ・ワールド(5) »

お知らせ

コンテンツの無断使用に関するポリシーについて

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。