フォト

加納新太

  • 職業は著述家・作家・脚本家。自称では「物語探偵」(narrative detective)。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(1) | トップページ | 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) »

2017年9月27日 (水)

[ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ

 あの、恐縮ながら、またドラクエの話。
(を書くと、そこそこ反応が良いので)

     ☆

 たいへんお恥ずかしい話だが、最近むちゃくちゃに忙しい。各方面から、ドラクエ11の話をブログに書けと言われているのだけれど、まだ遊んでさえいません。そんなの遊んでいるって知られたらもの凄い勢いで仕事先に怒られてしまう。

 けど、打ち合わせ前に一時間ほど空き時間ができたので、息抜きにドラクエの話をさせてください。関係各所は目をつぶってください。

 ドラクエ11を終わらせて、ドラクエロスに陥った人が、終わらないドラクエをもとめて絶賛流入中というウワサのドラクエ10オンラインについてのお話。スタンドアロン型のドラクエと比べて、どのくらい興味を持つ人がいるかわからないけれど、とりあえず思い当たったことを書き留めておきます。

 ※注:「ドラクエ10」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 小説版、外伝等は参照しておりません。

●ドラクエ10の創世神話

 ドラクエ10の世界にも創世神話があります。この世界は、「ルティアナ」という女神が創造したことになっています。

 ルティアナは世界を作ったあと、七柱の下位神を生み出します。上から順に、空の神ナドラガ、風の女神エルドナ、炎の神ガズバラン、大地の神ワギ、水の女神マリーヌ、花の神ピナヘト、勇気の神グランゼニス(の順だったかな?)。この七神は兄弟神とされ、ルティアナはその母です。

 長兄のナドラガと末弟のグランゼニスを除いた中の五神は、自分に似せて「五種族」とよばれる特色ある人類を創造しました。エルドナは風の民エルフを、ガズバランは炎の民オーガを、ワギは地の民ドワーフを、マリーヌは水の民ウェディを、ピナヘトは花の民プクリポを生み出して、それら各民族の守護神となりました。
 この五種族が、ドラクエ10を遊ぶ際に、プレイヤーが最初に選択することになる人類です。どれかを選んでプレイします。
 このへんの神話、初めて聞く人には、ずらずらとカタカナ名前が並んで複雑に見えるでしょうが、ようするに神様が七人いて、そのうちの五人が、妖精と鬼と地底人と半魚人と毛玉生物を作ったんだと思ってください。プレイヤーは、妖精か鬼か地底人か半魚人か毛玉生物のうち、どれか一つを自分のキャラとして選ぶんだぜと思えばいいわけです(こうして書いてみると凄い特異だなドラクエ10は)。

 じゃあ、長兄神ナドラガと、末弟神グランゼニスは何を守護しているのか。ナドラガは竜族(トカゲ人)、グランゼニスは人間(我々と同じふつうの人間)の守護神をやっています。

 ということは、ナドラガが竜族を生み出し、グランゼニスが人間族を生み出したの? ……ということになりそうなのですが、どうもそうではないっぽいふしがあります。中の五神が「五種族神」と呼ばれることは何度もあるのに、全七神をあわせて「七種族神」と呼ばれることはまずないからです。竜族や人間族は、ナドラガやグランゼニスが誕生するまえから存在してたかもしれない。
 ドラクエシリーズの世界って、だいたい、「竜族がいて、人間がいて、魔族がいます」という三層構造になってますから、「竜族や人間は、どんな創造神が作った世界であろうとも、必ず存在します」と考えるのは、わりあいしっくり来る話です。

 で、ですね。
 この世界と七兄弟神を生み出した女神ルティアナさん。
 この神様って、いったい何者なの?
 という、「謎」っぽいものが、あると思うのです。

●星空の守り人って、おれじゃん!

「ドラクエ10の世界って、ドラクエ9の世界の、はるか未来の姿なのではないか」

 というのが、ドラクエ10ユーザーの中で、わりあい広くとなえられている説です。
 だいたいそんな感じなんじゃないのって漠然と考えられている感じ。

 なんでそう思われているかというと、ドラクエ9をやっていたときに見慣れていたものが、ドラクエ10にもいっぱい登場しているからです。

 ドラクエ10には謎めいた力を秘めた大陸間超特急列車が走っているのですが、この列車の形は、ドラクエ9に登場した空飛ぶ機関車「天の箱舟」に酷似しています。その名もズバリ、「大地の箱舟」
 これって何らかの事情で飛行能力を喪失した天の箱舟なんじゃないのってことは、まあドラクエ9と10をやった人なら、たいてい想像することです。

 ドラクエ10の世界には、たくさん英雄伝説が伝わっているのですが、そのうちの一つに、
「地の底から出現した災厄の王という怪物を、聖竜グレイナルと星空の守り人がやっつけた」
 というものがあります。

 グレイナルというのはドラクエ9に登場した竜の名前ですし、「星空の守り人」というのはそのものズバリ、ドラクエ9の主人公の別名です。

 そしてなにより印象的なのは、ドラクエ9の世界を作った創造神の名前は「グランゼニス」というのです。

 そんなふうにもう、伝説的事物の名前があまりにも一致するので、
「ドラクエ9の世界がずうーっと続いて何千年だか何万年だかたって、大陸の形とかが変わりまくったら、ドラクエ10の世界になるんでしょ?」
 というのが、だいたいドラクエ10ユーザーのなかで巷間いわれているストーリーなわけです。

 が。

●二つの神話に生じる矛盾

 ただ、そう思ってみると、創世神話のびみょうな食い違いが、急に気になりだします。

 ドラクエ9の創世神話では、世界を創造したのはグランゼニスだとされています。グランゼニスは、「創造神グランゼニス」と呼ばれます。グランゼニスが死んだらこの世界って消えちゃいますよ、みたいな極端なことまで作中で語られます。

 いっぽう、ドラクエ10では、前述の通り世界を作ったのは女神ルティアナです。グランゼニスという同名の神は存在しているものの、創造神の下にいる下位神にすぎません。

 ドラクエ9の創造神グランゼニスは、「人間って悪いことしかしなくてムカツクからもう滅ぼしてしまえ」と極端なことを言う沸点の低い他罰的な神です。

 いっぽう、ドラクエ10のグランゼニスは、腕力もなく知力にもとぼしく、敏捷でもなければ器用でもない劣った人間族たちに、「勇気」という最強の力を付与してくれるこの上ない守護神なのです。

 神話的事物のネーミングは、偶然ではありえないレベルでぴったり一致する。
 なのに、創造神話に食い違いがあり、神様のキャラクターがまるっきり正反対だ。

 このへんの食い違いって、なんか気になるし変だよねえ、というのが、ドラクエ10の謎ウォッチャーたちが首をかしげているポイントなんですね。

●ルビスなのかセレシアなのか

 私はといえば、「そのへんのことはよくわかんないよねえ」くらいに棚上げしたまま、ボワーと別のことを考えていました。

 女神ルティアナって、唐突にでてきた創造神だけど。
 ドラクエ10で新規に出てきた神様なのかなあ。
「名前は初出だけれど、じつは、これまでのドラクエシリーズにでてきたあの神様の別名なのでした」みたいなことって、ドラクエ10を作ってる人たちが、こっそり仕込みそうなことだよなあ。

 具体的には、堀井雄二さんの容認のもと、藤澤仁さんがそういう設定を起こしそうだよなというのが、私の感じた手触りでした。

 これまでのドラクエに出てきた、女神的な存在といえば、ざっくりいってお二人様です。

 お一人目はごぞんじ、大地の精霊ルビス。ドラクエ1~3の世界を創造し、ドラクエ4~6の世界を見守っていらっしゃる女神です。(私は7もそうだろうと思っていますがそれはさておき)

 もう一人は女神セレシア。ドラクエ9に出てきた女神で、創造神グランゼニスの一人娘です。グランゼニスが「もう人間全部死ね」とキレだしたときに、「そんなひどい。じゃあ私がお父様から人間たちを守らなければ」と言い出してくださった、まことによくできたありがたい方です。

 女神ルティアナの正体が、このうちどっちかだっていうのは、わりとありそうなことだ。

 私は、しいてどっちかといえばルビスとルティアナをつなげたほうが、好みに近いかなとは思っていました。
 あの、ちっさい声で本音をいえば、私、ドラクエファンの人々が「あれとこれはつながっていて、あの世界とこの世界は同じもの」みたいに考えがちなのを、それってどうなのかなと首をかしげています。あんまりなんでもかんでもつなげないほうが魅力的だと思っています。だから、「あの神様とこの神様は同じヒト」みたいな方向の想像は、じつはあんまり好みではないです。
 好みではないけど、どっちかをつなげないといけないなら、ルビスにしたほうが喜ぶ人は多いかなくらいの感じ。「ル」つながりですしね。

 でも、ドラクエ10のストーリーをひととおりチェックして(まだ暇だったときにですよ)、最近もyoutubeで新発表の情報に触れて、あーっと、これって逆だったなと考え直しました。

 女神ルティアナの正体って、女神セレシアかな。

●その剣の名前は

 ドラクエ10は、現在「バージョン3」と呼ばれるストーリーが公開されているのですが、このお話で、神話の続きが語られました。

 竜の神ナドラガと、それ以外の六神とのあいだで、戦争があったというんですね。
 ルティアナの長子であるナドラガは、ルティアナが弟妹たちを生み出していったことが、気に入らなかったようです。
 ナドラガはすべてにおいて優れている完全な存在であるのだから、他の神など必要ないではないか。どうして母は、自分より劣った神々を、何柱もつくりだしたのだろうか。

 それがまったく釈然としなかったナドラガは、戦争を起こして六神を滅ぼそうと決めたのでした。六神全部あわせたよりも自分が強いことを確認することで、「自分は一人で完全な存在だ」ということを証明しようとしたのです。

 この戦争の中で、ルティアナの真意があきらかになります。
 さまざまな個性を持った多くの者が協力しあうとき、そのとき宇宙で最強の力が発揮されるのである。一人一人を見れば欠けた部分が多いとしても、それが集まった集団全体を見れば、完璧であるのと同じことになる。そのとき発揮される力は、一人で完全性を持っていることよりも、さらに上位の力をもつのである。

 じっさいに、六神は力を合わせてナドラガを敗北させます。
 六神は、それぞれの力を注入した一振りの巨大な剣をつくり、グランゼニスがその剣を振るってナドラガを貫き、ナドラガを別の世界に封印したのでした。

「いろんな個性がひとつの目的のために協力するときの力を信じる」
 というのが、女神ルティアナの真意なのですから、「六柱の神々がそれぞれの力を一つに合わせた一振りの剣」は、ルティアナの真意の結晶みたいなものです。

 ルティアナは、自分の中にあるさまざまな側面を分離・独立させて人格を与えることで、さまざまな神々を作り出したと思われるので、「さまざまな神々の力が合わさった剣」は、ルティアナの力そのものだということもできます。

 こうした神話は、風化して読みづらくなった石碑にきざまれているのです。
 とある石碑に、この剣の名前が記されていました。以下のように書かれています。「…」は風化して読めない文字です。


 勇…の神 …ラ…ゼ…ス
 かの…が持つ 神器セ…シアは 光…放つ


 これはもう、以下のように読むほかないと思うのです。

 勇気の神 グランゼニス
 かの神が持つ 神器セレシアは 光を放つ

 グランゼニスが振るった一振りの剣は、ルティアナの真意と力の結晶であるその剣の名前は、「セレシア」だっていうことになるのです。

 なぜ、ルティアナの真意を形にしたものの名前が、セレシアなのか。

 物語のクライマックスで、ドラクエ10の主人公たちは、ナドラガの体内に残された「グランゼニスの剣の破片」に触れます。
 触れると、「剣の破片に残されし光の意思」というものが、語り出します。そういうシーンがあります。
 剣の破片に残された光の意思は、「自分は七つの子らと共にアストルティアを治めた母神だ」という意味のことを言うのです。これはどこをどう読んでもルティアナです。

 セレシアと名付けられた剣の破片の中に、どうしてルティアナがいるのか。

 それは、ルティアナの別名が、セレシアだからだ。
 ルティアナとセレシアは同一人物だ。

 というのが私の想像で、これは自分でしっくりきたので、自分の中で、採用することにしました。

●祈りから生まれたグランゼニス

 そんなふうにして、「女神ルティアナの正体は、ドラクエ9の女神セレシアだ」と決めてしまえば、あとは些末な矛盾を、てきとうな想像で整えるだけの話です。以下、私のてきとうな想像をのべますが、別の想像だっていいのです。

 まず、ドラクエ10の世界は、ドラクエ9と地続きの同一世界ではなさそうだ。なぜかというと、『ドラゴンクエストⅩ アストルティア創世記』という本に、「ルティアナは星の果てからやってきて、混沌のなかにひとつの世界をつくった」という意味のことが書いてあるからです。

 そして、ドラクエ9のグランゼニスとドラクエ10のグランゼニスは同名の別人。

 ドラクエ9の女神セレシアは、父神グランゼニスがばらばらになって眠りにつき、世界と同一化して安定するのを見届けたあと、
(つまり、情緒不安定でかんしゃく持ちの父神が「世界を滅ぼして俺も死ぬ!」とか言い出さない状態になったあと)
 ドラクエ9の世界を離れて、虚空に旅立ったのだ……と考えるのです。
「私も、父のように、自分の力で世界をひとつ作ってみよう」

 そうして生み出されたのが、アストルティアという名の、ドラクエ10の世界。

 さて、世界を作って、生き物たちを導く神々も作ってはみたけど。世界を運営するのって、思ったより大変。なんか、立派な王様だった人間が悪い力に影響されてバケモノになっちゃったりするし。魔界からモンスターは移住してくるし。変な新興宗教とか発生して、悪夢の世界から魔神を呼び出そうと画策するし。

 これって、手が足りないなあと思ったところで、ハタと思い出し、「ちょっとちょっと」と声をかける。

「ねえ、グレイナル、星空の守り人、天の箱舟。あなたたち、そっちの世界にいてももうやることないでしょ。こっちきて手伝って頂戴」

 そしてグランゼニス。
 セレシアは、前の世界で父が起こしたことについて、ずっと心を痛めているのです。父神が、人間とのあいだの絆を喪失して、世界が滅びに瀕するところまでいった。
 滅亡はぎりぎり回避できたんだけど、もっといい方法はなかったかと、ずっと後悔している。
 起こったことを、なかったことにはできないけれど。
 できれば、この心の傷を癒やして、慰めを得たい。

 だから、若いころの父をモデルにして、父と同名のグランゼニスという神を作る。
「あなたは、人間たちの神におなりなさい。弱い人間たちを決して見捨てることなく、守り導く神になって欲しいの」
 父そっくりに作られた、父と同じ名前を持つ神が、力のかぎり人間のために戦う姿をみたとき、セレシアの心は、ようやく救われることになった。「グランゼニスは兄弟神の中で最もルティアナに愛された」とされるのは、ルティアナの(セレシアの)そのような過去の傷と祈りがこめられているからだ……。

 創造神グランゼニスから、娘神セレシアが生まれ、娘神セレシアは、息子神グランゼニスを生む。そのグランゼニスが兄弟たちとともに生み出した剣の名前はセレシア。
 これって、原因と結果がぐるりとめぐってひとつにつながり、未来のずっと先は過去へとつながり……おのれの尻尾をのんだ蛇のような、無限性をあらわす構造を想起させて、きわめてコズミックで神話的。ようするにこういうの私は大好物なんです。

 と、私はこんなふうに想像したし、この想像は美しいなと思ったのです。

 この想像って美しいな、と同じことを感じる物語の作り手が、ひょっとしてスクウェア・エニックスの中にもいたかもしれない。

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(1) | トップページ | 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/65841792

この記事へのトラックバック一覧です: [ドラクエ10]女神ルティアナ、あなたはだあれ:

« 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(1) | トップページ | 「堀井さん手書き文書」から推測する初期版ドラクエ3(2) »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。