フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす | トップページ | ドラクエ7の謎解き(4)崖っぷちじいさんに何が起こったか »

2013年3月15日 (金)

ドラクエ7の謎解き(3)この世の彼方の海と島

 ※注:「ドラクエ7」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 普通の人にはついていけないトコロまで走っちゃう可能性があります。小説版、外伝等は参照しません。

 順番にお読み下さい。
ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者
ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす

     ☆

●どうして他の土地を忘れたのか

 私はどうもエスタード島のことが気になってしょうがないのです。

 エスタード島の人々は、「この世界はどこまで行ってもこの島ひとつだけ」と思っていました。
 他にも島があるのかも……といったことは、子供の頃に誰しも思う空想だ、と、そんなふうに見なされています。
 何しろ、造船や航海技術はすごく発達していて、かなりな遠洋漁業を実施しているのに、今まで他の陸地なんてまったく見つかったためしがないのです。

 ですから、子供の頃には別の陸地を空想をしていたとしても、
「ああ、やっぱり、世界というのは、この島ひとつきりなんだ。ここで生きて、ここで死ぬ。この島にあるもので満足するのが人生なんだ」
 そんなふうに悟って大人になっていくのが、ここの人々の人生であるようです。

 でも、私はこのへんに、些細なギモンを感ずるのですね。

 前のエントリでも少し紹介しましたように、ここエスタード島の住人は、「幻の楽園島探し」に旅だった、例の「ギャンブル好きの漁師」の末裔たちだと見なすことができます。

*「かつては エスタード島といえば
 伝説の楽園だとか なんとか
 うわさが あってさ。
*「オレの知り合いでも その島を
 求めて 旅立ったきり
 戻らなかったヤツが いたっけ。
*「漁のウデは いいんだけど
 ギャンブル好きなのが
 玉にキズ だったんだよな。

 この漁師は、かなり明確にボルカノやホンダラを思わせるのですから、エスタード人はこの漁師をルーツに持つ、ということは、かなり言えると思うのです。

 でも、だとしたら変ですね。

「自分たちは、よその土地から船で渡ってきたんだ」ということを、彼らは自分でわかっているのに、どうしてそれを忘れたりするんだろうか?

●なぜルーツを熱心に伝えないのか

 ドラクエ7の世界に、陸地がほとんど存在しない理由は、「魔王が、人の住んでいる陸地を全て、異次元に封印してしまったから」です。
 だから世界にはほぼ海しかない。

 なぜ、エスタード島だけが、封印をのがれて生き残っているのかといえば、それはきっと、
 魔王が陸地を封印したとき「エスタード島には人間が一人も住んでいなかったから」
 だと推定できます。

 ちょうどそのとき無人島だった。

 無人島を封印したってしょうがないですし、どうやら大地を封印するには「そこに住む人々の絶望」がパワーとして必要らしいんですね。

 だから当時エスタード島は、人のいない単なる島として、魔王に見逃されてそのまま残ってた。

 そんな魔王の封印事業が一段落して、全ての有人島と有人大陸が封印され、やれやれこれでよしといって魔王が眠りについたあと。
 大海原を漂流していた難破船が一隻、ふらふらとエスタード島にたどり着いた……と思って下さい。

「幻のエスタード島に行ってみたい!」と考えた、勇気あるお調子者の漁師が、奇跡的にエスタード島に漂着するわけです。
 そこは全てが満ちたりた楽園島でした。

 すごい島だ。最高だ!
 よし、船を修理して、国に戻って、友達や仲間たちをこの島に連れてこよう!

 ……と漁師が思ったそのときには、彼の故郷も含め、この島以外の全ての陸地が消滅していたのです。
 ああ、なんてこった、もう帰れないじゃないか。

 そんなストーリーが、見いだせると思うのです。

 だとしたら。
 だとしたら「この島以外の全ての陸地」のことを、彼の子孫たちが忘れてしまうのはおかしい。
 むしろ、
「ルーツを忘れまい」
 その一心で、「私たちは別の土地から来たのよ」「今は消えてしまったけど、別の大陸がどこかにあるのよ」ということを、熱心に伝えゆこうとする。そのほうが自然な感情であるはずです。

 ところが、現実はそうなってない。エスタード島民のほとんど全員が、「他の陸地なんかない」と思いこんでいる。

 なぜ忘れたのだろう。

 ……というのが、私が気になっている、ドラクエ7の「謎」です。

●「別の世界」

 その謎は、こう解けばいいのではないでしょうか。

 何度も言いますが、現在のエスタード島では「別の陸地などない」というのが常識になっていますね。
 その常識が島を支配していますが、それでも「まだ見ぬ他の土地ってあるかも」という発想じたいは、いちおう、この島にもあるわけです。
 本当はそっちのほうが正しいんじゃないか、という可能性を探っている人々も、ごく少数だけども、存在はする。

 だからこう考えるのです。

 グランエスタード国は、

「他の土地なんて一度も見たことがない」という多数民族と、
「私たちは他の土地から移ってきたんだ」という少数民族が、

 混ざり合ってできた国である。

 少数民族のほうは、ボルカノとホンダラのご先祖です。あの例の、腕の良いギャンブル好きの漁師です。

「エスタード島民のルーツはこの漁師だけ」と考えるから、話がおかしくなるのです。
 そうではなくて、これ以外にもう一系統、
「最初っから、他の陸地なんて見たこともない」
 という謎の民族がいて、そっちが多数派だったと考えるのです。
 その二系統がミックスされてひとつになったのが、エスタード島の人々なのではないかと想定するのです。

 この多数民族のほうは、世界の全ての大地が魔王によって封印された、その後になってから、ぽろっとエスタード島にやって来たことになります。

 そのこと自体は当然といえますね。そんなたくさんの人々が住んでる島があったら、魔王が目を付けないはずありません。人が住んでいたら、魔王は必ずその土地を封印して(消して)しまうのです。

 ですから、エスタード島民のルーツになった多数民族は、魔王の封印事業が完了し、「ふー、あとは無人島だけだから問題ないぞ」とか安心した魔王がグースカ眠りについたあとで、「どこからか」ふらっと現れて移住してきたのです。

 どこから?

 それは、この世界ではない「別の次元」から
 ……だと私は思っているのです。

●のんきな碑文が語ること

 エスタード島の地下には、ひっそりと石碑が立っていて、こんな文章が刻まれています。

“われわれが この美しき無人島を
 発見した 記念に
 この 文字を 記す。
“この島は 楽園だ。
 水も 森も 生き物も
 食べ物も つきることはない。
“願わくば 世界のすべての地にも
 この平和が おとずれんことを。

 私は、この文字を刻んだのは、異世界からの移住者だと思うのです。

 だって、ギャンブル好きの有能な漁師は、「エスタード島に来よう」と思ってエスタード島に来たのですから、
「この美しい島がエスタード島にちがいない!」
 という文章を、彼らなら残しそうなものなんです。そっちのほうが自然じゃないでしょうか。

 また、彼らが「陸地の消滅」を知ったのなら、
「我々はこれから、ここで生きていくしかないんだ」
 という、ちょっとしたペーソスがあってもよさそうな気がするんです。

 でも、この石碑の碑文は、えらい無邪気なものです。

 魔王の封印事業で、有人の陸地が完全消滅しちゃったなんていう悲劇を知りもしないで、
「ああ、いい土地だいい土地だ、ここを移住地とぉー、するー!」
 なんていう、ハッピーな文面を、わざわざ念入りに、石に刻んだりしている。

 もし、この世に人間がいたら、人間は土地ごと封印されて必ず消えてしまうのですから、エスタード島民は、人間がいちど絶滅したあとになってから、この世界にふと現れた人々ということになる。

 だから、エスタード島人は、この世のどこでもない場所からやって来た人間でなければならない。

 そこはどこか?

 別の次元にある、別の世界からだ。

 そういうところから来た人々であれば、魔王の仕業がどうのなんて知るよしもないのですから、ああいうのんきな碑文を刻みそうなのです。

 ドラクエシリーズには、「別の次元にある別世界」という発想は、実はけっこうあります。
 それに、証拠のようなものも少しあります。

●ラーミアの羽根はここにも舞う

 3DS版でハッキリと示されたのですが、
 エスタード島の遺跡には、鳥をかたどった紋章が刻み込まれています。

(写真参照)
20130305_093032

 これは、ドラクエ7内に登場する「神さま」の紋章では「ありません」
 神さまや、神の兵士たちが使っている紋章は、中央に宝玉、そこから放射状にスジが伸びたような意匠です。光が四方八方に広がっていく、といったさまをデザイン化したマークです(がんばれば、鳥に見えなくもないですが)。

 鳥の紋章が存在するのは、このゲームでは、エスタード島内だけです。

 ドラクエで、鳥のマークがあったら、まずとりあえず連想しなければならないものがあります。
 それは、不死鳥ラーミア

 例えば、ラーミアに乗って空を駆ける「鳥の人」であった勇者ロトは、鳥のエンブレムを「ロトのしるし」として残したのでしたね。

 ラーミアは、外伝「モンスターズ」で、
「次元を超えて羽ばたく神の鳥」
 であるという説明がなされました。
 ドラクエ8の世界に出現したラーミアは、「私はかつて別の世界でラーミアと呼ばれていた存在だ」と述べたのです。

 だから、不死鳥ラーミアは、ある世界から別の世界へと、次元を超えて移動できる鳥なのです。
 この次元移動能力を使って、ラーミアは、アレフガルドに閉じこめられた勇者ロトを、故郷アリアハンに連れ帰ったのだ……というふうに私は夢想しています。こちら参照→【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその6「ラーミアはアレフガルドの朝を羽ばたく」

 ラーミアを思わせる「鳥の紋章」が刻まれているのは、エスタード島だけのですから、

「エスタード島民の先祖は、ラーミアの背に乗って、別の世界から移住してきた」

 という推定が導かれてくるのです。

●少数民族の口伝が残る

 彼らが移住してきたときには、もちろんすでに、他の大陸は消えていて、この世のどこにもありませんでした。無人島どころか、「無人世界」だと思ったのです。

 無人島を見て、「この世のすべてがこの島のようであって欲しい」と石碑に書き付けたのですから、彼らはこの世のすべてが無人だと考えたのです。

 他の人間はおらず、魔物も魔王もいないのですから、平和そのものでした。たぶん平和を求めて移住してきたのですから、平和っぽくなかったら、ここには移住してこなかったのです。

 そういう経緯で住み着いたのですから、「この世界には他の陸地がある(かつてあった)」なんてことは知りもしない。思いもしない
 だから、「世界はこの島ひとつだけ」という常識が支配的になる

 けれども、この島には、異世界人だけでなく、ボルカノのご先祖という「他の陸地から流れ着いた人々」という少数民族も、流れ着いてきて、住み着きます。

 そういう人々の間には、
「この世界には他の大地もあるのよ」という口伝が残っていく。

 その口伝がなんとなくうっすらと広まり、「もしかしたら他の島というものもあるのか……?」というアイデアが、少しばかり残った状態になる。

 そう考えると、エスタード島の奇妙な「常識」のありかたが、納得できると思うのです。

●「あの世界」から来たのか?

 もし、お好みであればの話ですが、エスタード島の人々はラーミアに乗って「アレフガルドから」やって来た、と考えることも、そう無理ではありません。

「おうじゃのけん」と同じ攻撃力数値を持った「王者のつるぎ」やら、何かを思わせるブルーメタリックな「王家のよろい」やら、王妃の形見の「太陽の石の指輪」やら、それっぽいものがグランエスタード王家にはいっぱい残されていますしね。外伝「キャラバンハート」で、キーファ王子はアレフガルドのある世界に行きますし。

 でも、私は、あんまり何でもかんでもつなげるのは好きではないので、そこはあまり考えないことにしています。その手前あたりで想像力を止めておくのが、品が良いように思うのです。


●あのいまわしき村

 ところで。
「大多数の人間が持っている常識と、少数の人が持っている常識が、奇妙にズレている」
 という現象って、ドラクエ7を遊んだ人には、何か聞き覚えがある気がしませんか?

 そう。
 そんな問題を抱えた、危険な村がありました。

 悪名高き、レプレサックです。

(この話、続く)

■続き→「ドラクエ7の謎解き(4)崖っぷちじいさんに何が起こったか」

« ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす | トップページ | ドラクエ7の謎解き(4)崖っぷちじいさんに何が起こったか »

コメント

こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いてます。

このドラクエ7のグランエスタード島の住民の先祖は、他の世界から来た多数派と、別の大陸から来た少数派という考え方に成る程!と感じました。

そういえば、グランエスタード島の遺跡に、Ⅰの勇者とゴーレムが戦う壁画があったのを思い出しました。

これは、まさに、アレフガルドの世界から来た人々が、後世にロトの勇者のことを語り継ごうとしたものかなと思いました。

また、ドラクエの話をされることを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/56958595

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ7の謎解き(3)この世の彼方の海と島:

« ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす | トップページ | ドラクエ7の謎解き(4)崖っぷちじいさんに何が起こったか »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。