フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 水曜どうでしょうさんの腕時計(大泉さん編) | トップページ | ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす »

2013年3月13日 (水)

ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者

 3DS版のドラクエ7が発売されて、ちょうどホットトピックになっているようですから、ドラクエ7の話でも。

 ドラクエ7って、全シリーズの中でもかなりキリスト教臭がつよく、特にグノーシス派の影響が強いということが一般に言われています。
 でも、そういったことは、それほど重要じゃないと思いますから、ワキに置いておきましょう。そんなことよりわたしには語りたいことがあります。ホンダラ氏の話です。

     ☆

 ※注:「ドラクエ7」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 普通の人にはついていけないトコロまで走っちゃう可能性があります。小説版、外伝等は参照しません。

 数回にわたって連続ものとしてお届けします。

     ☆

●ホンダラは世界を救う

 ドラクエ7には、「ホンダラが世界を救う物語」という側面があると思うのです。

 ホンダラというのは、ドラクエ7の最序盤から登場するおっさんキャラクターです。主人公の叔父にあたる人なのですが、これがもう、本当にしょうもないヤツです。

 定職もなくプラプラしていて、昼間まで寝ていて、起きれば明るいうちから酒を飲み、おねーちゃんを口説き、そしてときどきガラクタを拾ってきては、お宝のように言いくるめて人様に売りつけては、儲けた儲けたといってうれしがる男なのです。ほんとうに、ラクして儲けることしか考えていません。

 一方、主人公の父親であるボルカノという男は、国一番の漁師で、誰からも尊敬されています。
 仕事の腕がいいだけでなく、勇敢で、しっかりしていて、豪快で、気っ風がよく、誰からも頼られる大人の男なのです。遠洋漁業の船長なのですが、おそらく部下たちに対しても公平で、全員から好かれています。ドラクエ7の主人公は子供(少年)であって、いずれこの子がボルカノを継ぐんだと国中の人から見なされています。

 ドラクエ7の最序盤あたりは、このボルカノとホンダラの間をいったりきたりするような感じで、話がすすみます。
 豪放で大人な父ボルカノと、いーかげんな遊び人の叔父ホンダラのあいだで、おつかいなんかをしながらウロウロしているのが、主人公なのです。

 世間によくある物語では、ボルカノは幸せに暮らし、ホンダラは落ちぶれました、皆さんも真面目に生きましょう……なんていう、つまんないところに落とし込まれがちです。

 ところが、ドラクエはそうじゃないわけです。

 世界を救うための宝物を、どこからか手に入れてくるのは、いつも必ずホンダラなのです。

●ホンダラが見つけてきたもの

 ホンダラは、タダで拾えるガラクタあさりをしていて、ある日、触るとほんのり温かいふしぎな石をひろいます。口先三寸で「すごい力を秘めた石だ!」かなんか言って誰かに売りつけて儲けようか、さもなくば、酒場のきれいなおねーちゃんにプレゼントして気を引こうか……といった魂胆でそれを持ち帰りました。
 その石は、神話の時代の英雄が封じ込められたタイムカプセルでした。

 ホンダラは、何か高値で売れるようなものを探して、神殿遺跡の探検をしていました。その遺跡は、きらきらと美しく輝く入り江につながっており、ホンダラはその入り江の海水を持ち帰りました。「すごい力を秘めた聖なる水だ」かなんか言って他人に売りつけようと思ったのです。
 その入り江の水は、本当にすごい力を秘めていて、邪悪な炎を消し去る霊力を持っていました。

 主人公を含めて、国中の全員が、「ホンダラが高値で売りつけようとしてくるものはガラクタ」と思っているのです。
 しかし、実は、それはガラクタなどではなかった。ほんとうに価値のあるものであって、「世界を救うためには必ず必要な物」とすら言えるものでした。
 そのことを誰も見抜けなかっただけだったのです。ほんとうに価値のあるものを見つけてきたのはろくでなしの遊び人のホンダラでした。ほかの全員は、その価値に気づけなかったのです。

 ホンダラ本人も、ほとんどそれらの価値に気づいていないところが、実にいいのですね。
 世界を救うために宝物を拾ってきた「わけじゃない」ところが、実にいい。

●世界を救うためではなく

 ドラクエ7の物語は、小さな島の小さな国から始まります。
 エスタード島という小さな島に、グランエスタード国という王国があって、争いごともなく、貧困もなく、外敵もなく、平和そのものの国です。
 なぜそんなに平和かというと、この世界には、この島しか陸地がないからなのでした。
 外から誰かがやってくることはないし、内からどこかへ出かけて行くこともない。食料も必需品もすべて島ひとつの中で充足できる。だからまったくの平和なのです。

 ところが、この平和に、ちょっとだけ満足できない人たちがいました。この物語の主人公とその仲間達です。
 彼らは、「まだ見つかっていないだけで、どこかに別の陸地があって、別の国々があるんじゃないか?」と考えました。

 その考えは正しかったのでした。のちのち分かっていくことですが、この世界は、わるい魔王によって陸地を異次元に封印されてしまった世界なのでした。ほんとうはいろんな大陸や島々があったのですが、魔王が消し去ってしまったがために、海だけになってしまっていたのです。

 主人公たちは、あちこちで拾い集めた「ふしぎな石版」の魔力をつかって、封印された土地にワープし、その土地土地で魔王の手下たちを退治することで、失われた陸地をどんどんこの世界に取りもどしていきます。ドラクエ7の物語は、その繰返しで構成されています。

 これを、
「魔王に封印支配された大陸を奪還し、世界をあるべき元の姿に戻す」
 という言い方をしてしまえば、いわゆるヒーロー物語的な類型になってしまいます。
 でも、この物語の主人公たちは、どうもそういうノリではないようです。

 世界を救うんだ! という暑苦しい動機ではなくて、
「小さなエスタード島は、知ってる場所ばかりでもうあきた。知らない場所を探検してみたい」
 という、まことに子供っぽい衝動につきうごかされて、主人公たちは冒険をくりひろげていきます。
 彼らが冒険をする理由は、魔王に封印された各地の人々が困っているからではなくて、「自分たちの島の周りに他の陸地がいっぱいあったら嬉しいから」なのです。

 世界を救いたいから世界中を旅するのではなくて、とにかく知らない場所を冒険したいのでいろんな土地にワープしてまわっていたら、いつのまにか世界が救われていた。

 ドラクエ7って、そういうトーンで、ほぼ全編が進んでいきます。

 そしてそれは、

「別に世界を救うためではなくて、自分がいい思いをするためにガラクタを集めていたら、いつのまにか世界を救う宝物を手に入れていた」

 という、ホンダラのストーリーと、まったく質がいっしょなのです。

●遊び人たちは世界を動かす

 ホンダラという人物は、珍妙な頭巾をかぶった男として登場します。何というか、先が尖っていて、先端にポンポンのついた、スキー帽とサンタクロースの帽子を足して二で割ったような、ピエロみたいな帽子です。

 これとほぼ同じ帽子をかぶったキャラクターが、ホンダラの他に、あと一人だけ存在します。
 それはほかならぬ主人公です。
 主人公も、ホンダラみたいな珍妙な頭巾をかぶった少年として登場するのです。

 この帽子はグランエスタードの民族衣装……などではありません。なぜなら、そんなものをかぶっているのはこの2人だけだからです。

 主人公は、偉大な漁師ボルカノの跡取り息子だが、ホンダラのアイコンを備えて登場し、ホンダラのアイコンをプラプラさせながら活躍する。
 これは明らかに「主人公はホンダラの同類である」(そしてホンダラは主人公の同類である)というサインです。

 主人公は大漁師ボルカノの一人息子であって、ボルカノ譲りの才気や度胸を備えているけれども、同時にホンダラのような「遊び人のハート」も、別の面として持っている。

 どうやら、
「世界を救うような大きなことをなしとげるのは、遊び人のハートを持った人々だ」
 という基調が、ドラクエ7にはあるみたいなのです。

     *

 前述の通り、エスタード島の人々にとって、「世界とはこの島ひとつである。どれだけ海の向こうに行っても、他の陸地などない」ということが常識でした。

「海の果てに、別の陸地があり、別の人々が住んでいるかもしれない」というアイデアも、いちおう島の中に、あるにはある。しかし、何世代も前から遠洋漁業をしているのに、そんな陸地など発見されたためしがない。
 だから、やっぱり別の陸地など存在しないのだ。この島ひとつで満足して平和に生きていくのが人生というものだ。
 そういうふうに悟って、大人たちは暮らしています。

 しかし、そういう諦念じみた安定をよしとしない者たちがいます。それが主人公たちです。
「どこにも見あたらないっていうけど、見つけてないだけかもしれない。どこにも存在しないっていうけど、それって、ウソかもしれない」

 そう思って探検した結果、
「存在しなかった島や大陸を、自ら生み出してしまう
 という、素晴らしい奇跡をなしとげました。

 しっかりした大人たちは、そんなことを試しはしないのです。なぜなら、「地に脚の付いた」生活を重視するからです。
 足元のさだまらない、フラフラした、遊び人のハートだけが、新たな大地を見つけ出すような偉業をなしとげることができるのです。

     *

 世界中の陸地のほとんどを取りもどしたとき、主人公たちは、過去からやって来た海賊船に出会います。
 船の中にいた海賊のひとりが、こんな印象的なことを述べます。

*「かつては エスタード島といえば
 伝説の楽園だとか なんとか

 うわさが あってさ。
*「オレの知り合いでも その島を
 求めて 旅立ったきり
 戻らなかったヤツが いたっけ。
*「漁のウデは いいんだけど
 ギャンブル好きなのが
 玉にキズ だったんだよな。

(注:これは、遙か過去世界から見たエスタード島の伝説です)

 どうやら、元の世界にとって、エスタード島は、ガンダーラみたいな「どこかにあるユートピア」だったようです。
 そこは、緑豊かで、陸の恵みにも海の恵みにもみちあふれ、気候がよく、平和で、おだやかで美しく、まるで楽園のような世界なのだが、まだ誰もそこにたどり着いたことはない

 エスタード島にとっては、他の陸地全てが「存在するのかどうかも疑わしい幻の土地」だったのですが、他の陸地の人々にとってみれば、エスタード島こそが、「どこにあるとも知れない幻の楽園島」だったのですね。

 そして、それを求めて旅だった男は、素晴らしい腕前の漁師だったが、同時にギャンブル好きの遊び人だったというのです。

 この海賊のセリフは、
「どうやらエスタード島の人々は、外の陸地から流れ着いた人々の末裔らしい」
「この《遊び人の漁師》は、どうもボルカノとホンダラのご先祖様らしい」

 ということをほのめかす内容になっています。

 でも、そういったことよりもっと大事なのは、

「幻の楽園島を発見した偉大な海洋探検家は、遊び人のハートを持った男だった」

 という点だと思うのです。

 ボルカノみたいに腕が良くなければ、どことも知れぬ島に小船でたどり着くなんてできなかっただろう。
 ホンダラみたいにお調子者でなかったら、「どことも知れぬ島を見つけていい思いをしよう」だなんて思わなかっただろう。

 ボルカノのようでもあり、同時にホンダラのようでもある男だからこそ、幻の楽園エスタード島を発見できたのです。

 そして、この物語の主人公は、漁師ボルカノに育てられ、遊び人ホンダラの生き方を目の当たりにして育った少年なのです。そういう少年が、幻の陸地を発見していく物語なのです。

(続く)

■続き→「ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす」

« 水曜どうでしょうさんの腕時計(大泉さん編) | トップページ | ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす »

コメント

多分帽子は民族衣装だと思います。しかも王族に近い者。
グランエスタード城の姫もかぶっていますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/56945434

この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者:

« 水曜どうでしょうさんの腕時計(大泉さん編) | トップページ | ドラクエ7の謎解き(2)遊び人は世界を揺るがす »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。