フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(補遺)ドラゴンたちの「悟り」 | トップページ | ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者 »

2012年10月26日 (金)

水曜どうでしょうさんの腕時計(大泉さん編)

『水曜どうでしょう』さんというHTB北海道テレビの番組が、私はたいそう好きなのですが、時計ファンでもあるものですから出演者の皆さんが腕にはめている腕時計がどんなもんなのかというのは気になっちゃうわけです。

 彼らが使っていた時計と同じ物がオークションに出てたりすると、これも一種の「どうでしょうグッズ」だと思ってうっかり買ってしまうわけですね。
 鈴井さんや大泉さんが使っていたのと同等のものが手に入るわけですから、HTBさんのショップからロゴ入りグッズを買うよりは「本物」に近いし実用性はあるしで、遊びとして面白いと思っているわけです。
 そういった顛末のレポートはこちら↓

水曜どうでしょうのミスターが着けていた腕時計
『水曜どうでしょう』のミスター鈴井さんのG-SHOCK
どうでしょうさんの腕時計とG-SHOCK遊環自作

20121026_092733
▲左は「東京ウォーカー」から「アラスカ」あたりまで鈴井さんが使っていたG-SHOCK。右は「サイコロ2」から「カントリーサイン1」ごろまで使われていたALBA。

20121026_092957
▲どうでしょうとは全然関係ないですが、ついでにこれも掲示してみる。「秒速5センチメートル」の第一話でタカキが身につけていたG-SHOCK。こういうものもちゃんと持っているわけです。

 鈴井さんの時計はメジャーどころが多くて、判別しやすいし、手に入れやすい。ロレックスなんかは同型のものを入手するのは、値段を除けばえらい簡単です(欲しいなあ)。

 それに比べて、大泉さんの時計は、そもそも素性や型番がわかりづらい。わかっても、希少であったりして手に入れにくいのです。
 手に入れにくいのですが、それでもいくつか入手しましたので、この場を借りて自慢したいと思います。

     *

 まずはこちら。

K3200012

 アルバ・スプーンという昔のデジタル時計が欲しくてネットオークションで探していたところ、不思議な四角い腕時計が検索に混ざり込んできました。
 それがこれです。
 アルバ・スプーンWEBというデジタル腕時計。

 どっかで見覚えがあるような、ないような……。
 と首をかしげていたら、ぴんと来ました。水曜どうでしょうの「アメリカ横断」を見ているとき、
「大泉さん、まーた変わった時計をしてテレビに出てるなぁ……」
 と思ったその時計が、これでした。

 大泉さんは、「アメリカ横断」「原付東日本」「南米コスタリカ」で、これを身につけています。

Spoonweb09
Spoonweb10

 6時位置のツマミと、4つ並んだ黒ボタンが特徴的です。
 ストップウォッチやタイマーのような、一般的なデジタル時計の機能のほか、メールアドレスやURLを書き込んでおいて、任意に表示させることができる機能がついています。
 だから、名前が「WEB」なのですね。
 発売されたのは98年。まだインターネットが「とても新しいもの」であって、企業の「ホームページ」を見るくらいの用途しかイメージされてなかった時代です。
 メールアドレスやURLを書き込んでおけるというのは、たったそれだけの機能なのだけれど、それだけ充分「サイバー」で格好良かった……98年というのはそういう時代感覚だったわけです。

 ちなみに、i-modeサービスが始まって、携帯電話でEMAILがサポートされるようになるのが99年。
 その前年の98年というのは、メールアドレスを持つということが、今ほどあたりまえではなかった時代です。たとえば私などはこのころ、「加納さんはメールアドレスを持っているから、仕事を振りやすい」なんて言われていました。

 この機能が、実用的であったかどうかを問うなら、……かなり微妙でしょうね。出先のPC端末で、特定のWEBページを参照したいとか、そんなときにぎりぎり役に立った可能性があるくらい。
 もしくは、まだ携帯電話を持っていなければ、身につける電話帳としては使えたかもしれません。この時代、まだポケベルに存在感がありますから、携帯を持っておらず、ポケベルで連絡を取ることが多ければ、なんとか実用的といえたかもしれません。
(あれ、でもポケベルの端末って電話帳機能があったような気もしますね)

 大泉洋さんがこの時計を身につけだすのは「アメリカ横断」のとき。「アメリカ横断」は99年のロケですので、完全に同時代的に購入して身につけていたわけですね。

 実物を手に取ると、これは、かなりでかいのです。
 よく考えれば、180センチくらいある大泉さんが腕に巻いて、それでも大ぶりに見えるわけだから、相当でかいわけです。
 何というか、ポーズを取ったら変身できそうな時計です。

 液晶画面は暗くて、ELバックライトを点灯させないと、時刻表示を読み取ることはほぼ不可能。
 カブで東日本を縦断した「原付東日本」の企画のときには、大泉さんは自分で時刻を知ることがほぼ不可能だったことでしょう。
 そんな些細なリアリティがつかめたりしました。

     *

 もうひとつはこちら。

P1040274

P1040275

 これはジャン・ポール・ゴルチエのブレスレットタイプの時計です。フタをパカッと開けると文字盤が出てくるしくみになっています。大泉さんは「対決列島」のときにこの時計をしています。第十夜に、フタを開けて時間を確認しているシーンがあります。

Gol10
Gol11
▲私が持っているのは茶色いベルトですが、大泉さんのは黒ベルト。さすがに、完全に同じ物は入手できませんでした。

 聞くところによるとゴルチエさんはゲイだそうで、そして「ゲイの恋人にこういうものを身につけさせたい」というところでファッションデザインをしているそうです。
 だからなのか何なのか定かではありませんが、この時計は明らかに「犬の首輪」の形をしていますね。
「このブレスレットをしている者は、私の犬だ」
 という、えらい直接的なメッセージを発しています。

 大泉洋さんという人は、「ヨーロッパ21カ国完全制覇」という企画で、

「待ってて下さいミスター、あなたの犬はぁー、ただいま6号線に乗りましたぁー」

 という素晴らしい名言を発した人ですから、なんというか、めちゃめちゃふさわしいわけです。

     *

 さて、ここから先は、私が個人的にとても「正体を知りたい」と思っている時計。指名手配だと思っていただけると良いでしょう。
 もしご覧になって、心当たりがあれば、教えていただけると、とても喜びます。

3
2jpg
▲「原付ベトナム」のときの大泉さんの時計。青文字盤、白いサブダイヤル3つのクロノグラフです。ブレスに特徴があります。このころ大泉さんはもうビッグタレントですから、おそらくブランドものではないかと想像します。ブライトリングあたりじゃないかと思ったのですが、特定できていません。

9
▲「原付ベトナム」のときの鈴井さんのG-SHOCK。「深夜バスだけの旅」もこれだと思います。「G-LIDE」シリーズのどれかなのですが、いまひとつ特定しきれていません。

15
▲「ユーコン」のときの鈴井さんのデジタル時計。G-SHOCK三眼のようにも見えます。だとしたら鈴井さんのG-SHOCKは3本目ですね。

19
▲大泉さん。「東京ウォーカー」「アラスカ」の目玉型時計。ディーゼルとかそのあたりの製品かもしれません。名もないファッションウォッチかも。

21
27
▲大泉さんの腕時計といえばこれ、という代表的な時計。どうでしょう全期にわたって登場するグリーンの腕時計。これの正体がまったく不明なのです。オリエントあたりじゃないかと推測したのですが、該当する時計は見あたりません。ブレスが独特で、弓環がないのが特徴です。ラグは足形で突き出ています。

33
▲中期以降に登場するブルーの文字盤の腕時計。これも弓環タイプではなさそう。

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(補遺)ドラゴンたちの「悟り」 | トップページ | ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者 »

コメント

こんにちは。
「原付ベトナム」の時に大泉さんが着用していたのは、ポールスミスのクロノグラフではないでしょうか?
(ヤフオクで、「ポールスミス デジアナ」で検索してみて下さい。色違いの分が見つかります。)

●通りすがりさん

確認しました。ベゼルのぽってりした感じ、確かにこれです。ありがとうございます!

ベルトの独特な形状から、「ポールスミス」までは特定できていたのですが、グーグルの画像検索などでもヒットせず、手詰まりになっておりました。

まさかデジアナだったとは……。意外でした。
情報、ほんとうにありがとうございました。

はじめまして。

大泉さんの腕時計と言えば
どうでしょうさん最初期にて付けていた祖父・恒三さんから貰った物も
忘れないであげてください(笑)

こんにちは、いつも見させていただいてます。
ユーコンでミスターが着けていたG-SHOCKがどうしてもわかりません。
あれは何のモデルなんでしょうか?
わたしはミスターのファンでどうしても知りたく…(((・・;)

はじめまして。
ユーコンでミスターが着けてたGショックですがGL-110V-3JFだと思いますよ。

ちなみにゴルチエもポールスミスもライセンスでシチズンが作ってた時計です。
ゴルチエの時計デザインですが、犬の首輪ではなく当時のコレクションにレザー物やスタッズなどが多く、それを時計デザインに取り入れた影響かと思います。
もともとは金属ブレスレットタイプで蓋のデザインが違うバリエーションで発売されており、その新バージョンとしてレザーシリーズが出ました。
(ゴルチエがゲイというのは間違いありませんがw)

あと、変わったケースデザインのやつですが・・・見た記憶はあるのに思い出せませんw
思い出したらお知らせします(=゚ω゚)ノ

ありがとうございますshine
ちなみに、ベトナムの時のもわかりませんか?

まちゃみさま
ベトナムの時のは見やすい画像探して見てみないとわからないですね〜
時間ある時に調べてみますw

まちゃみさま
いまザックリ探してみましたが、やはりもう少しちゃんと映った画像ないと判別出来ないですね〜
なんかイイ画像ないかな〜( ̄ー ̄)

ベトナムの時計は
ポールスミス C390-Q02489
です。

アラスカの時計は、DUFFSです。

アラスカの時計ですが、DUFFSの他にVISIONからも同タイプの物が出ているようです。

こんにちは!
すごく詳しく調べられてますね(^_^)!
急にこんなことを言って大変恐縮なのですが、ゴルチエのクロスの腕時計を譲っていただくことはできないでしょうか。ずっと探しているのですがなかなかみつからなくて、、、本当に失礼で申し訳ありません。

ベトナムのときに着用している腕時計は[ポールスミス ワールドタイム]という時計ですね。大泉氏とまったく同じものをつい先日GETしました!(自慢です笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/55976961

この記事へのトラックバック一覧です: 水曜どうでしょうさんの腕時計(大泉さん編):

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(補遺)ドラゴンたちの「悟り」 | トップページ | ドラクエ7の謎解き(1)ホンダラハートの継承者 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。