フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(2)夢を叶えたホイミスライム | トップページ | 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(4)マスタードラゴンの両親 »

2012年9月23日 (日)

「ドラクエ6」が本当に目指したもの(3)ゲント族の正体

 ※注:「ドラクエ6」を、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。
 普通の人にはついていけないトコロまで走っちゃう可能性があります。小説版、外伝等は参照しません。

 順番にお読み下さい。
「ドラクエ6」が本当に目指したもの(1)バーバラと竜
「ドラクエ6」が本当に目指したもの(2)夢を叶えたホイミスライム

●ゲント族とは?

 前回は、「人間になりたいホイミスライム」というモチーフが繰り返されているよね、という気付きを手に入れたところまででした。

 それをさりげなくふまえて、今回は「ゲント族」のお話です。このゲント族の謎が、「本来のドラクエ6」を想定するための重要なパーツになります。たぶん。

     *

 ドラクエ6の世界には、ゲント族という少数民族がいます。

 やまあいに住んでいて、あんまり積極的に外との交流はしないみたいです。でも、排他的というほどではなくて、旅人などには友好的なようです。
 ゲント族は不思議な力を持っています。それは治癒の力です。病気を治したり、ケガを治したり、はなはだしくは死んだ人を生き返らしたりする能力があります。それで救済を求めて村にやって来た人々を治療してあげたりしているようです。
 彼らは「ゲントの神」というものを信仰しているそうです。

 ゲントの村にはチャモロという少年がいて、彼は長老のマゴにあたります。このチャモロ少年は主人公の仲間になってくれます。けっこう強力なキャラクターです。ホイミ系の癒しの魔法を、どんどん勝手に習得してくれます。おまけに、専用武器であるゲントの杖は、回復魔法ベホイミをノーリスクで無限に使用できるという最重要アイテムです。

 このゲント族って、いったい何者なの? というところから、話を始めてみたいのです。
 彼らが信仰しているゲントの神というのは、いったい何なのか。

●魔物の因子を持つチャモロ

 チャモロを戦闘要員として使っていると、ある時点でユーザーは「おっ」と思うはずです。
 というのは、彼はなぜか、モンスター専用防具である「さんかくぼうし」「スライムメット」「スライムアーマー」を装備できるのです。
 それに気づいたとき、「あれっ? 着られるの?」という軽い驚きがあったはずです。

 本来なら、モンスターでないと着られないはずの、モンスター用の武具。それを何故か装備できて、使いこなせるのが、ゲント族のチャモロ少年なのです。

 ここから類推できる、比較的穏当かつ妥当と思われる想像は、こうです。
「どうも、ゲント族というやつは、魔物と何か関係があるか、もしくは魔物の血が流れているらしいぞ」
 じっさい、そういう想像をしている人は、ネット上で調べてみると何人かいらっしゃるみたいです。

 わたしは、大づかみな方向性として、その意見に賛成です。ゲント族はモンスターと近しいらしい、と。
 賛成なのですが、もうちょっと踏み込んで、こういうところまで言っちゃってみたい。

     *

 この、ドラクエの天空シリーズには、
「よい心を持った魔物が、人間になる」
 という現象が、フィーチャーされているんです。

 たとえばドラクエ5や6の、「魔物が人間と心を通わせあい、人間の味方をしてくれる」というゲームシステムも、その一環ですし、その甚だしい例が、「人間になることに成功するドラクエ4のホイミン」です。
 ドラクエ5には、「住人のほぼ全員が、人間になれた元・魔物」というすごい町が登場します(ジャハンナという町です)。

 だから、「不思議な力を持ち、モンスター武具を装備できるゲント族」というものに接したとき、想像可能ないちばんドラマチックな真相は、こうじゃないでしょうか。

「ゲント族は、はるか昔に、人間になることに成功した魔物の末裔である」

 だから、閉鎖的な文化を持っていて、普通の人間にはない不思議な力がある。

 だとすると、彼らが信仰している「ゲントの神」というのは、彼らの最初の祖先、ルーツではないか、という想像をすることができます。
 すなわち、「ゲント」という名前を持った魔物がいて、人間になることに成功した。そして繁栄し、一族を形成した。
 ゲント族はゲントのことを、神様としてあがめるようになった。
 そんな感じかもしれません。

 そして、もう一つ、想像を進めてみます。
 思い切って、こういうことを決め打ちしたいんです。

 ゲント族とは、どういう民族だったか。
 それは、癒しの術を使うことができる特別な民族でした。
 ゲント族の宝、ゲントの杖はどういう杖だったか。
 それは、癒しの魔法が封じられている杖でした。

 このシリーズには、魔物が人間になりたがる、という物語がフィーチャーされています。
 そういう魔物として初めて登場したのはドラクエ4の「ホイミスライムのホイミン」でした。
 ドラクエ6にも、人間になりたいホイミスライムのホイミンが登場しました。
 ホイミスライムは癒しの魔法を使うスライムです。

 だから、こうなります。

「ゲント族は、はるか昔に人間になりたいという夢を抱き、そして人間になることに成功したホイミスライムの末裔である」
「ゲントの神の正体は、《人間になる》という偉業に成功した偉大なホイミスライムである」

 よくよく思いだしてみると、チャモロがなぜか装備できるスライムアーマーやスライムメットは、「スライム系モンスターの」専用装備でした。
 そして、チャモロ専用武器「ゲントの杖」ですが、じつはチャモロ以外にも装備できる者がいるんです。
 ゲントの杖は「スライム系モンスターも」装備できるのです。

●ホイミスライムの夢

 だから、こんな物語なんです。

 はるか昔に、やさしい心を持った(そう、「gentle」な)、偉大なホイミスライムがいたのです。名前を「ゲント」といい、彼は「ボクも人間になりたいなー」という願いを抱いたのでしょう。

 その夢を神様が叶えて、ホイミスライムのゲントは人間になることができました。

 人間になったゲントは、人間と結婚して、子孫ができて、やがて村ができます。
 一族は「ゲント族」として繁栄していきました。
 ゲントの子孫たちは、ホイミスライムの魔力をうけついでいました。ホイミスライムは治癒の魔力を持ったスライムですから、ゲントの一族は、癒しの術を使うことができました。
 ゲント族は、治癒のわざを極めた不思議な人々として、ときに畏怖されたり、または尊敬されたりしていったのでした。

 そのようにして、時は過ぎ、世代も移り変わっていくのですが、魔物たちの群れの中にときおり心優しいホイミスライムがいて、
「人間になりたいな」
 と天に願っていることは、時を超えても変わらないのです。

 だから、ドラクエ6では、ホイミンが「空を飛びたいな、人間になりたいな」と願って冒険を繰りひろげ、さらに時代の下ったドラクエ4では、やっぱりホイミンが、「人間のお供をしたら、人間になれるかな?」と思いついて、戦士ライアンの従者となる。

 そういう、「時の流れの中で、それでも変わらないホイミスライムたちの夢」という物語が、伏流水のように横たわっていることを、発見できるのです。

●余談・提示されざる物語

 まえまえから、さりげなくささやいていることですが、ドラクエって、「はっきり提示される謎」と、「提示されない謎」があると思うのです。
 たとえば、「ラゴスの行方はいずこ?」とか「金の鍵を持っているのは誰?」というのは、前者の例です。
 ドラクエは、「町の人々から聞いた情報を組み合わせて、謎解きをする」ゲームですから、町の人々にたんねんに問い合わせていけば、答えは出てきます。

 でも「提示されないけれど、そっと仕込まれている謎」というものが、ドラクエには確実にあります。
 たとえば、「チャモロがスライム装備を身につけられるのは何故?」といった謎。
 こういうタイプの謎には、はっきりした答え合わせはありません。

 でも、この謎を「あ、謎だ」「これは出題じゃないか?」と認識することができれば、「癒しの民であるゲント族」「魔物は人間になれるという展開」「人間になりたがるホイミンたち」「ジャハンナの元・魔物たち」という「町の人から聞いた情報」を組み合わせることで、(当たっているかどうかはともかくとして)ひとつの答えを出すことはできるのです。

 閑話休題。

●「異類婚」というさいごのカギ

 さて。
 以上の謎解きをもとにすると。ゲント族は、ホイミスライムと人間との結びつきによって生まれた民族です。つまり人と魔物との異類婚によって発生した民族、ということになります。

 ここで我々は、「異類婚」という、重要なキーワードを手に入れることができました。

 この「異類婚」というキーワードを持った状態で、ふと、シリーズ全体を振り返って見るのです。
 言うなれば、さいごのカギを持った状態で、今まで訪れたことのあるお城をもう一回見て回って、宝物庫を開けてみよう、というようなものです。

 すると。

「ああ! ドラクエの天空シリーズって、振り返ってみると《異類婚》のオンパレードだったじゃないか!」
「天空シリーズって、ほとんど全部《異類婚》のキーワードで説明できるじゃないか!」

 という重大な気付きがここで手に入るわけです。

 そのことについて、次回語ります。

(続く)

■続き→「ドラクエ6」が本当に目指したもの(4)マスタードラゴンの両親

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(2)夢を叶えたホイミスライム | トップページ | 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(4)マスタードラゴンの両親 »

コメント

こんにちは。
ゲント=間人 です。よろしくお願いします。

どんどん読みふけってしまうすごい考察に出会ってしまった!

読みながら、オンラインになったDQⅩの物語を思い出さずにはいられませんでした。
Ⅹを遊んでいると、不意に過去作と響き合うような物語に出会います。時渡り、生き返りと生まれ変わり、夢と現実を行き来する物語、人間になったホイミスライム、闇の底に眠るエスターク・・・。

Ⅹのシナリオ担当であり初代ディレクターでもあったひとは、Ⅶからドラゴンクエストの担当になったそうです。Ⅰ~Ⅵまでをプレイヤーとして遊び、Ⅶ以降とその後にリメイクされた作にシナリオプランナーとしてたずさわった彼は、堀井さんが想像のゆらめきに任せて語らなかった物語の裏側を聞かされたとき、きっと見慣れた世界が色を変えるような感動に出会ったのだろうと・・・こちらの考察を読んで思いました。

Ⅹの物語は、いま半分を過ぎたところです。
(Ⅵでいうところのムドーを倒し世界が広がり・・・天馬のたづなを手に入れたくらいでしょうか)
ちょうどこの考察が書かれたころに始まった世界は、2年ごしにメインシナリオの伏線をおそろしい勢いで回収して、「前から感じていたけれど、この物語はすごい!」とプレイヤーを唸らせてくれています。

おそらくⅩが完結するまでにあと一年ほどあるでしょう。
できれば完結した暁には(あるいはもう少し早く3rdディスクからでも)、DQⅩにふれて欲しいです。そして、いつかまた新しい考察を・・・楽しみにしています。

そういえば、遊び人をマスターすると、チャモロとホイミスライムだけが使える「ザオリーマ」という魔法もあります。
この話と繋げると、納得できますね。

なるほど確かに出現場所も近いし。
ザオリーマは驚き、知らなかった。

すごい考察ですね!ドラクエ6はSFC時代から10回以上プレイしているのに、全然思いつかなかったです。
このゲント族の考察は、『ノーベル・ドラクエ賞』ものです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/55724937

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(3)ゲント族の正体:

« 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(2)夢を叶えたホイミスライム | トップページ | 「ドラクエ6」が本当に目指したもの(4)マスタードラゴンの両親 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。