フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 »

2012年4月21日 (土)

【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」

 前回と前々回をまずお読み下さい。
「ローラ姫とは、精霊ルビスが人間の姿をとって地上に降りた姿である」という前回までの読み方を、そのまま踏襲して話を進めます。

【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2

 内容が大きく動くので、今回から記事タイトルを変えました。

 前回までは、「これこれこうだから、こういう結論になる」というトーンでしたが、今回からはもうちょっとやわらかく、想像ベースで話をすすめていきます。
 ようするに、「私は、こんなふうにスキマを埋めて、こんなふうにドラクエのお話を“読んで”いますよ」という内容になります。

(つまり、ドラクエに関する個人的なドリームをのべるエントリです。個人的なドリームですからあまりきびしく言わないで下さい。小説「精霊ルビス伝説」は参照しません)

 今回、いつも以上にドリーム入ってきます。妄想に近いです。引かないで下さい。

     *

 ドラクエ3によれば、精霊ルビスは「この大地を作った者」だそうです。

(兵士)
「この国は精霊ルビスさまが作ったとききます。

(ルビス)
「ああ、まるで夢のよう! よくぞ封印をといてくれました。
 私は精霊ルビス。このアレフガルドの大地を作ったものです。

 つまり、大地の精霊ルビスとは、単に大地に宿った人格といったような生やさしいものではない。
 この大地、この世界の創造主そのものだと見なすことができます。

 私が「こんなふうかな?」と想像するのは、だいたい以下のようなイメージでしょうか。

 ルビスは、宇宙空間とか、四次元とか、そういう無に近いような異相の空間に存在する生き物なんじゃないかな。
 そういうところに住まうルビスは、ぽっ、とその場所に、世界をひとつ、生み出す。
 三次元の空間をつくりだし、そこに海を広げ、大地を浮かべ、その大地を、みずからの美意識のおもむくままに、デザインする。
 そこに人と動物を配置する。

 そういうことをやっている、メタレベルの空間にいる存在ではないかな。(そして、そういう素敵な世界を作ると、ときどき「おおー、いい場所があるじゃねえかあー」と、ヤカラのような奴らが押しかけてきて占領するようになる。それが魔王とモンスターだったりして)

 で、ルビスは、ときどき自分のレベルを下げて、人間になって、ヒトの暮らしを楽しんだりする。勇敢な若者と恋をすることもある。そしてたまにはモンスターにさらわれてしまって困り果てたりする。

 まあそんなようなイメージだとすると、おもしろいかなって思います。

 さて。「大地を生みだして、デザインすることができる存在」というのが、私の想像のけっこう重要なポイント。

 この話を前提にして(ルビス=ローラで、ルビスは大地をデザインできるという話を前提にして)、想像の翼を広げると、けっこうおもしろい「世界の真相」が作れそうです。

     *

 精霊ルビスが作ったというアレフガルドの大地(ドラクエ1と3後半の舞台)。ドラクエ3をやってみると印象的なのですが、アレフガルド周辺の海を船で移動してみると、ある地点で海が途切れて滝みたいに落っこちています。
 つまり、ドラクエ3の時点で、海は大陸周辺にしかありません。アレフガルド世界は球体ではなく、四角いお皿が虚空に浮いているという、そういう形になっています。まるで、はるか昔、地球が丸いと知る前に、人々が想像した世界の姿のようです。

 これを、「本当はその先に、やがてローレシアになる大陸などが広がっているのだが、魔王の魔力のせいで移動できなくされているのだ」と解釈することも可能ではあります。

 が、せっかくここには「大地を創造することができる神格」がいるんです。だから、こういう方向に想像してみませんか。
 こんな感じです。

「精霊ルビスは、まだそこまでしか世界を作っていなかった。だから、まだ世界はそこまでしかない。ドラクエ3の時点で、その先には何もない」

 つまり、この世界は、アレフガルドの大地しかない。他の土地というものは、まだ存在していない。

 ところが、ドラクエ1をへて、ドラクエ2の時代になると、アレフガルドの大地の東側に、広大な大陸が、いつのまにやら沢山できています。
 いま進めている想像に従えば、これは、

「精霊ルビスは、アレフガルドの外側に、もっと広い大地を作ろうと思いたち、大陸を作った。つまり世界を広げた」

 ということになりますね。

 とりあえず、この話をオッケーとします。
 そうすると、ちょっとした疑問がわいてきます。

「精霊ルビスは、いつ、何の理由で、世界を広げようと思い立ったのか」

     *

 どうして世界を広げたのか、と問うならば、その理由は「もっと広い世界が必要になったから」ということになります。

 じゃあ、どうして「もっと広い世界が必要になったのか」。

 その答えらしきものが、ドラクエ1に描かれています。
 ドラクエ1の主人公が、こんなことを言ったからじゃないでしょうか。

「いいえ。私の治める国があるなら、それは私自身で探したいのです」

 ドラクエ1の主人公は、ラルス王に「わしの代わりに王になってくれ」と要請されるのですが、こんなふうに断ってしまうのです。
 王様にはなりたいが、別の土地で、自分自身で一から建国したい。
 だから、旅に出て、見知らぬ土地を探してみたい。

 この志高い青年には、アレフガルドは狭すぎるようなのです。

 ところが。
(今回のお話の前提条件にもとづけば)アレフガルド以外に、この世界には、大地はないのです。
 アレフガルドの外には、何もない。ただ、世界のフチから海の水がどうどうと流れおちているだけ。
 この青年は、自ら治めるべき土地を、自分で探したいと願っているが、そんな土地はこの世のどこにも存在しないのです。
 大変だ。

「私の治める国があるなら、それは私自身で探したい」

 その無理な願いを、なんとかしてかなえてあげたいと思った人がいました。ローラ姫です。
 今回ここでしている話では、ローラ姫は、大地を創造できる女神、ルビスその人です。アレフガルドのほかに大地はないんだけどなぁーということを知っている人です。

 でもローラ=ルビスは、ドラクエ1の勇者くんに好意を持ったので、新しい、そしてもっともっと広い大地を、彼ひとりのために作ってあげよう、と思う。
 だから、ローラ姫(ルビスの化身)はこう言うわけです。

「そのあなたの旅に、ローラもお供しとうございます。このローラもつれてって下さいますわね?」

 ローラ姫(ルビス)は、新しい土地を探すための彼の旅に、ついていくのです。

 勇者は自分が治めるべき新たな土地を探しに行く。しかし新しい土地というものは存在しない。だから、「大地を創造する女神」が彼の旅についていく。

 彼とローラがアレフガルドを離れて遠く旅立つと、その彼がたどり着いた先々で、そのつど「大地ができる」

 彼が船で進めば、無だった場所に、新たな海の広がりが発生する。そしてさらに進めば、そこにはさっきまでは存在しなかった大陸が、ふと、生まれる。

 あらかじめ大地を作って、「ハイ、これだけ作りましたからこっちに来てもいいですよー」ではなく、勇者くんの足が赴いた場所に、そのつど、順繰り順繰りにルビスが大地を作っていった。そんなふうに想像したいところなんです。

 なんでかというと、ドラクエ1の勇者くんが、アレフガルドの王様にならなかった理由は、「もっと広い世界が欲しい」と彼が思ったからなのです。
 彼の志を受けとめるには、アレフガルドはせますぎる。だから広大な世界が存在してほしいと思っている。ルビスはその願いにこたえているわけです。

 どれだけの広さの世界があれば、彼の志を受けとめることができるか、わからないでしょう?

 だから、あらかじめ適度に世界を広げて、「こんなくらいでいいかな?」では、いけないのです。なにしろ、じゅうぶん広いとルビスが思っていたアレフガルドを見て「これでは足りない」と思うような、とんでもなく器の大きな男なのですからね。(そのくらいだからこそ、創造の女神ルビスが「この人間にどこまでもついていこう」と思って添い遂げてしまうわけです)

 彼がじゅうぶん満足して、「ああ、なんて世界は広いんだ」と思うくらい広い世界が作られねばならない。そのためには、彼が旅すれば旅しただけ、えんえん、ひたすら、世界が広がり続けなければならない。
 だからルビスは勇者くんについていく。ついていって、彼が移動したら、移動しただけ、どんどんその場で大地を作り続ける

 ドラクエ2の世界は、そんなふうにして、「アレフガルドの周辺に、精霊ルビスが、あとから作り足した」ものなんじゃないか。
 そんなふうに想像すると、私はすごく面白い。何か、そう、すごく神話的だ。

     *

 勇者が求め、精霊ルビスがその求めに応じて大地を作る。
 そのように考えた場合。
 これはほとんど、「神話の国産み」と同じ類型です。

 日本神話では、男の神様と女の神様がセックスして日本列島が生まれたことになっています。同じような創造神話はたぶん世界各地にあるでしょう。男と女がいて、大地ができる。勇者とルビスが結ばれ、やがてそこには大陸ができる。
 このイメージは良い感じで、私は自分で気に入っているのです。

 ……筆がのってしまったので、この話、まだまだ続きますぞう。この話を進めていくと、「ルビスというのは、ある人物のある側面なんだ」という分析ができます。そしてそれを元に「ルビスの願い」を想像することができます。
 その話は、次回。

 続き→【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 »

コメント

ルビスがドラクエ1の後に作ったとしても、それはローラ姫ではなくともとりあえず1の勇者のために作ってあげたということもありえますよね

というか、私は2の最後の言葉は1の勇者の霊的な何かが言った言葉だと思っていました
1もやってくれていたプレイヤーへのサービス的な感じです
いかが思われますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54522281

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」:

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。