フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 »

2012年4月20日 (金)

【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2

 ひとつ前のエントリからご覧下さい。
 前回→ http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-2161.html

     *

「ドラクエ2のラストで聞こえてくる天の声は、精霊ルビスのものか、ローラ姫のものか」
 という疑問に対して、
「精霊ルビスとローラ姫は同一人物である」
(ローラ姫は、精霊ルビスがかりそめに人間の姿をとって、人界に降り立った姿である)
 というアイデアを思いついたところまでが前回でした。

 そのことを詳しく説明します。

(注:久美沙織先生の「精霊ルビス伝説」は未読です。これと矛盾する部分があるかもしれません。が、それは気にせず、ゲーム本編のみにもとづいて話を進めます。)
(ドラクエに関する個人的なドリームをのべるエントリです)

     *

「ドラクエ2の最後に祝福のメッセージを語りかけてくるのは、ルビスなのか、ローラ姫なのか」
 という疑問の立て方が、そもそもずれているんじゃないかと思うのです。

「流れからいえば、明らかに精霊ルビスのセリフなのに、ローラ姫しか言わないはずのことを言う」
「それはドラクエの制作者が、意図的にやったことである」

 という前提の立て方をしてみるのです。

 ドラクエのシナリオライター(≒堀井雄二さん)が、混乱をまねくだろうとわかっていて、それでもわざと、ルビスにローラ姫っぽいことを言わせている。もしくはローラ姫にルビスっぽいことを言わせている。

 わざとだとしたら、それはなぜか。

 それは。
「このシナリオを書いた人は、ユーザーに、精霊ルビスとローラ姫を同一視してもらいたがっている」

 そう考えるのが、いちばん適切そうだ。

     *

 前回にちょっと説明したとおり、「世界に散らばる5つの紋章を集めて大地の精霊ルビスに会う」というのが、ドラクエ2のシナリオの中核です。物語の主人公は、そういう動機付けで動いていきます。

 が、その主人公のうしろにいる私たち「プレイヤー」には、それとは微妙に異なる別の動機付けがあります。
 私たちプレイヤーは、かなりの確率で「ドラクエ1」をクリアしています。そしてドラクエ2は、「1」の主人公とヒロインが建国した新たな世界での物語なのです。
 ですから、私たちはこういう動機を持っています。

「前作の主人公とローラ姫が、その後どういう経緯をたどったのかを知りたい」

 じっさいに、ドラクエ2は、「前作主人公とローラ姫の足跡をたどる」というサブストーリーを持っています。
 はじまりの国、ローレシア国は、「ローラの国」といった意味だそうです。
 ローレシアから別の大陸へ移動するための地下トンネルは、「ローラの門」と呼ばれています。
 ローラの門を越えて、さらに海を渡った場所にあるのは、ローラ姫の故郷、アレフガルドです。

 そのように順繰りに冒険していくと、「前作ドラクエ1と、今作ドラクエ2との、時間的および地理的つながり」が、自然に理解されるようにできているのです。ああ、あの2人はこうして新たな大陸にわたって、きっとこんなふうに旅して、そして国をつくっていったんだな、と。

 ですから、こういう言い方が出来ます。「ドラクエ2は、物語の表面には“精霊ルビスの探索”があり、物語の背面には“ローラ姫の足跡をたどる”がある」と。

 これを単純化して、いささか恣意的に言い換えると、こうなります。

「ローラ姫の足跡をたどっていったら、精霊ルビスがいた」

 これはドラクエ制作者(≒堀井雄二さん)が意図的にやっていることのはずです。これが意図的だとするなら、どうしてルビスがローラ姫みたいなことを言うのか、が自然にほどけてきます。
 繰り返しになりますが、つまり、この物語の作り手は、ローラ姫と精霊ルビスを同一視してもらいたかった。ほとんど同じようなものとして見なしてもらいたかったはずなんだ。だから、ルビスとしか思えない語り手が、ローラ姫しか言わないようなことを言う。

 では、どうしてこの2人を同一視してもらいたいのか。

 それは。

「主人公たちのルーツである偉大な母ローラ姫が、大地に宿り、神格となって、今でもずっと、子孫たちが精一杯生きている姿を見守っているのです」

 という大きな真相が意図されているから。

 これが、ドラクエ2のいちばん大きな謎かけであって、ラストの天からのメッセージは、その謎解きなのです。
 ドラクエは謎解きのゲームなのです。
 ラゴスはどこだ、とか、金の鍵は誰が持っているんだ、といった、わかりやすい小さな謎が、いっぱいちりばめられている。でも、大きな謎は、謎じたいが隠されていて、答えもさりげなく、ひかえめに明かされる。

 精霊ルビスの正体は、ドラクエ2の中で、きちんと明かされている。それに気づくことが、「ドラクエ2を解く」ということなんだと、私はちょっと思いました。(でもこれ、読み過ぎかもしれないですけどね)

     *

 ルビスとローラが同一であることは、ドラクエ1とドラクエ3を照らし合わせてみると、よりくっきりしてきます。

 重大なネタバレを一気にしてしまいますが、ドラクエ3は初代勇者ロトの物語です。つまり、ドラクエ3の主人公の子孫がドラクエ1の主人公で、そのドラクエ1の主人公の子孫がドラクエ2で活躍する主人公。

 で、よく知られていることですが、ドラクエ3の終盤の物語と、ドラクエ1の物語は、ほとんど同じなのです。

 ドラクエ3でも1でも、「世界中のどこかから、太陽の石と雨雲の杖を探しだして、魔王の城へ渡るための虹の橋をかける」というクエストが展開されます。
 これはもちろん、意図的なリフレインです。両方をプレイした人は、全員が必ず気づいていることでしょう。

 ですが、それとは別に、地味なところで、もうひとつ重要なリフレインがあります。
 それは、
「魔王によって囚われの身となった女性を、救い出す」
 という展開です。

 ドラクエ1では、ローラ姫が迷宮に封じ込められており、勇者ロトの末裔は、これを救い出します。
 ドラクエ3では、精霊ルビスが迷宮に封じ込められており、勇者ロトはこれを救い出すのです。

 ドラクエ1では、ローラ姫を救い出すことができた結果、主人公は「ロトのしるし」という重要アイテムを手に入れます。
 ドラクエ3では、精霊ルビスを救い出した結果、主人公は「聖なる守り」という重要アイテムを手に入れます。

 ドラクエ3のエンディングで、「聖なる守り」と「ロトのしるし」は同じものであった、という真相が、明らかにされます。ロトが遺していった「聖なる守り」を、後世の人々は「ロトのしるし」と呼んだのです。

 つまり、「精霊ルビスを助けたときにだけ貰えるアイテムが、ローラ姫を助けることで手に入った」ということ……。

 そういう部分を見ていくと、こうだとしか思えないのです。

「ローラ姫の正体は、大地の精霊ルビスであり、すなわちこの世界を作った者である」

 精霊ルビスは、ときどき人間になって、地上で人間としての暮らしをしてみるという、そういう癖があるのでしょう。ドラクエ5でも、天界の竜が人間に化けて遊び回っているという展開がありました。

 そんなわけで、ローラ姫の正体は精霊ルビスなのでしょう。
 だから、ドラクエ2の精霊ルビスが主人公に語りかけるとき、たまにポロッと、「ルビスの中のローラ姫である側面」が顔を出し、「そんなひどい…」とか「私のかわいい子孫」とかいったセリフをのべてしまう。
(ドラクエ2の主人公たちは、ロトの子孫であると同時に、ルビスの子孫ということになりますからね)

 ドラクエのシナリオを書いた堀井雄二さんは、別のとあるミステリーゲームで、
「誰とも分からぬ犯人を追い求めていたら、それは身近な人物だった」
 という真相を描いて、ユーザーの度肝を抜いたことがありました。いまだに語りぐさになっています。

 精霊ルビスを追い求めていたら、それはローラ姫だった、というのは、まったく同型のミステリーなのです。

     *

 さて。そこまでは良いとして、この話をさらにムヤミに広げてみる。

 うまく広げれば、「ドラクエ6に出てくるルビスの正体」とか「新作ドラクエに出てきたラーミアの謎」が説明できるはずなのですが、うまくいくかわかりません。次回に続く。

 続き→ 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 »

コメント

記事、興味深く読ませていただきました。でも、私の意見はちょっとだけ違って、ローラ姫は「ルビスの血を引く一族(アレフガルド王家が、ルビスの血族?)」なんじゃないかなー、みたいに考えました。1でロトの血族とルビスの血族が結びついて、2におけるローラ姫とルビスの混同が起きるみたいな?私もルビス伝説は読んでないので、あくまで一アイデアにしかすぎませんが
ちなみにふっかつのたまは復活の呪文を教えてくれるものですし、王家の特質としてのローラの魂が結晶化したものって言うのはどうでしょう?

おまけ・ラーミアに関しては、正式に「レティスの異名の一つにラーミアと言う名前がある」って書いてあるのを、読んだ事があります。次元を超えて存在する神鳥らしいです

 お名前をどうぞ。
 その解釈でも問題は説明できますね。でもドラマになってはいかないので、どうかなっていう感じもします。

 レティスに関しては、その4かその5で取り上げます。

「精霊ルビス伝説」等のドラクエ小説や「アイテム物語」等のアンソロジーは、すべて執筆者それぞれのドラクエドリームであり、公式設定ではないそうです。
(公式なのはゲーム本編のみであると堀井さんが言ったそうです。)
「ダイの大冒険」のギガストラッシュが逆輸入されてギガスラッシュになったみたいに、後から本編に取り込まれる事はありますが、ゲーム本編に登場しない限り公式設定ではないので、「精霊ルビス伝説」の内容と整合性が取れなくても何の問題も無いですよ。

個人的にはラーミアに乗って帰ったのに何でロトの血脈がアレフガルドにいるんやねんという疑問がわいてきますけどねぇ。

まあ初代ロトの血脈の子孫なんじゃあないかという逃げ道はあるんですがね(DQ3の主人公は二代目ですよ?)
ルビス物語の設定を準じるならロトとルビスの間に生まれた子供か
旦那さんがほかの女と作った子供になるんですけどねぇ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54514807

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2:

« 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。