フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその6「ラーミアはアレフガルドの朝を羽ばたく」 »

2012年4月23日 (月)

【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」

 第5回です。

 ※注:ドラクエ、ロトシリーズを、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて、どういう全体像を空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。ドリームじゃん!とか言わないで下さい。最初から全部ドリームです。

 順番にお読み下さい。
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2
【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」
【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」

     *

 紋章を5つ集めたときに会えるのは精霊ルビスでしたが、オーブを6つ集めて会えるのは、不死鳥ラーミアでした。
 ドラクエ3の主人公は、神の鳥ラーミアの背にのって、どこへでも行けるようになるのです。

 だからオーブ集めのクエストを作ったのはラーミアなんだ、とするのは簡単なことですが、なんとなく違和感があるし、気分的にはもうちょっとひねった結論が欲しい。

     *

 さて。
 ロトのエンブレム、というものがあります。
 ドラクエでは、勇者ロトにゆかりのあるアイテムには、たいていこの紋章が刻まれています。鳥をかたどった単純なマークで、いわゆるナスカの地上絵に似ています。
 ドラクエ3のエンディングでは、このエンブレムが大写しになります。ユーザーは「勇者ロトの栄光を示すマークはこれ!」と強く印象づけられます。

 勇者ロトは、不死鳥に乗って空を飛ぶ「鳥の人」なのですから、鳥のマークはまことに彼にふさわしい。この鳥のマークは、不死鳥ラーミアを表わしているんだろうな、というのは、多くの人が想像するところでしょう。私もそう思います。

 見落としがあるかもしれませんが、ざっと調べたところ、このマークの初出はドラクエ2の箱絵です(たぶん)。
 たとえばこうかもしれない。鳥山明さんが、ロトの血を引く三人の服や頭巾に、ぽろっと鳥のマークを描いてきた。それで、「なるほど、このマークはロトの家紋みたいなものなんだな」と、制作者もユーザーも認知するようになる。それで、制作者は「なるほど、勇者ロトって、鳥とゆかりのある人なんだな」と考え、ドラクエ3に「鳥に乗って空を飛ぶ」という仕組みを入れる。
 もしくは、最初から「ドラクエ3を作るなら、勇者ロトを鳥に乗せよう」というイメージがあった。それで鳥山明さんに2の箱絵を発注するとき、「鳥山さん、ちょっと、鳥マーク描いといてよ」とお願いした。
 まあそんなとこでしょうか。

 ドラクエ3の発表後、エニックス社から、ロト三部作の内容を扱った「ドラゴンクエスト 公式ガイドブック」という三分冊本が出ました。ドラクエに出てくる武器やアイテムの挿絵がカラー掲載された良い本です。
 これらの挿絵において、勇者ロトのゆかりのアイテムには、まぁ~全部、ロトのエンブレムが描かれてます。ここで描かれた挿絵が、エニックスが公式に認定した「アイテムの姿かたち」であるらしくて、今でもドラクエグッズは、この絵をもとに作られます。

 前のエントリでも紹介しましたが、「ロトのしるし」。ロトのしるしの形がイラストで示された初出は、おそらくこの公式ガイドブックです。
 ロトのしるしは、ドラクエ・ロト三部作に共通して出てくる重要アイテムです。1と2では「ロトのしるし」として、3では「聖なる守り」として登場します(名前が違うだけで、同じものです)。
 そしてロトのしるしは、ロトの印なのですから、当然、鳥のエンブレムが刻まれています。そう描かれている。

 ロトのしるしに鳥のエンブレムが刻まれているのは、一見あたりまえのようですが、よく考えてみると、若干ひっかかります。

 なぜなら、もとはといえばロトのしるしは、精霊ルビスがくれた「聖なる守り」というものだからです(「その2」を参照)。
 ということは、聖なる守りには、鳥のエンブレムが刻まれていたことになります。

(「聖なる守りはロトのしるしであった!」ということが明らかになるシーンで、鳥のエンブレムが大写しになる演出がありますので、聖なる守りには鳥が刻まれている、制作者はまず間違いなくそう想定しているはずです)

 勇者ロト(3の主人公)が、自分でロトのしるしというものを作ったのなら、ラーミアのマークがついているのは理解できます。
 でも、ロトのしるしとは、じつは精霊ルビスがくれた贈り物(聖なる守り)なんです。精霊ルビスが作ったものに、どうして不死鳥ラーミアが刻まれているんでしょう?

 これ、つじつまを合わせようと思えば、いくらでも合わせられます。
「精霊ルビスは、主人公が鳥に乗っていたことを超能力で知った。だから彼に贈り物をするとき、そういうデザインをあしらってくれた」とか。
「主人公は、聖なる守りに自分で鳥のエンブレムを刻んだ」とか「後世の人が、聖なる守りに鳥のエンブレムを彫った」でもいい。
「聖なる守りは、歴史の中でいつしか紛失されてしまった。のちにロトのしるしとして伝わっているものはレプリカだ。オリジナルの聖なる守りには鳥のエンブレムはついてなかった」なんてのでも、間に合います。

 けど、それらはちょっとばかし、夢がない気がします。

 だから、こんな解釈をとりたい。

鳥のエンブレムは、本来は精霊ルビスのマークである。聖なる守りには“ルビスのしるし”として鳥のエンブレムがついていた。それを勇者ロトが持っていたので、人々はこれを“ロトのしるし”だと思いこみ、後の世に伝えた」

 仮にそうだとすると……鳥のエンブレムは不死鳥ラーミアを示す(可能性が高い)のですから、こういうことになります。

「精霊ルビスと不死鳥ラーミアは、とても深い間柄である」

     *

 不死鳥ラーミアが空を飛んでいるのは、「上の世界」と呼ばれている場所。アレフガルドの上層レイヤーに存在する、我々の世界地図に酷似したほうの世界です。
 ラーミアは、アレフガルドではない、別の世界に棲む鳥だ。

 アレフガルドを作った精霊ルビスと、それとは別の世界を飛んでいる不死鳥ラーミアに、なぜか深い関係性が見いだせる。
 とすると、こういう推測ができそうだ……。

「上の世界を作ったのも、精霊ルビスである」

 だって、精霊ルビスは、ラーミアが描かれたエンブレムを自分の家紋にしちゃうような人なのですからね。つまりルビスは、自分のことを「鳥とともにある者」だと思ってることになります。だから、ラーミアが住まう上の世界も、じつは「ルビスの作った世界」なんだと考えるのは、自然な発想だと思うのです。

 大地をつくることができる精霊ルビスは、まず上の世界を作った。それが完成して、なかなか上手くできたと満足したので、もうひとつ別のを作ってみようと思い立った。それで上の世界にごく近い場所に、アレフガルドの世界を作りはじめた。

 アレフガルドの創造に没頭しているため、精霊ルビスは上の世界を留守にしていることになります。
 留守にしているけれども、上の世界も、彼女の大事な作品です。この苦心してつくった美しい世界を、あますところなく誰かに見て貰いたい、この美しさを共有してもらいたいと思っている。

 そこで、精霊ルビスは、自分の眷属である不死鳥ラーミアを上の世界にのこしていく。世界を遍歴して6つのオーブを集めた者は、ラーミアに乗れる、というシステムを作っておく。

 不死鳥ラーミアは、アレフガルドへと繋がるギアガの大穴に行くための乗り物です。ギアガの大穴に行くには、ラーミアに乗らないと駄目です。
 だからこういう言い方ができる。
「世界をあますところなく冒険し、世界への愛を示したものは、ラーミアに乗ることができ、精霊ルビスがいる場所への道が開かれる」

 ドラクエ2では、紋章を集めたら精霊ルビスに会うことができた。
 ドラクエ3でも、オーブを集めたら、やはり精霊ルビスのもとへ行ける。
 そういう流れは、どうも、あるっぽい。

     *

 だから、これは手前勝手な想像だけれど、以下のように考えると、わたし的には気持ちが良い。つまり、
「不死鳥ラーミアは精霊ルビスの友達で、ルビスが、ある世界から別の世界へと移動するときに使う乗り物である」

 だから、ここで想定する、ラーミアの役割は、このふたつ。

1.ルビスが次元をこえて世界を移動するとき、ラーミアが彼女を乗せていく。
2.ルビスに会う資格を得た人間がいたら、ラーミアがルビスの元へ連れて行く。

 実際のゲームでは、主人公たちは「大きな穴に飛び降りる」というかたちでアレフガルドに移動するから、「ラーミアに連れてってもらう」というイメージはあまりないけれど、本来的には、主人公をのせて、あっちの世界からこっちのアレフガルドへびゅんと飛んでいってくれるものだったんじゃないかな。
(ところが、ルビスは石になっていたので、ラーミアは「あれ、ルビスいないよ?」と戸惑って、下の世界に連れて行けなかった、とかね)

 私は、ドラクエは6までしかやっていないので、伝聞の情報なのですが、ドラクエの8だとか、外伝の「モンスターズ」だとかに、ラーミアは再登場しているそうです。
 ドラクエ8にラーミアがいるのだから、ドラクエ8の世界はアレフガルドのずっと未来の姿なのかな?だとかいった想定をする必要はない。
 不死鳥ラーミアは、次元を越えて飛べるので、あっちの世界からこっちの世界へと飛び回り、いろんな場所にいる可能性があるのだ、これでよいわけです。
 モンスターズでは、ラーミアの説明として、「次元を越えて飛べる神の鳥」みたいな説明がなされているそうですね(未確認です)。

 まさにそういうことなわけです。ドラクエ3でも、「上の世界」から「アレフガルド世界」へと、次元を越えて世界間を行き来する、ラーミアはそういう鳥なんだろうって思えるのです。

     *

 余談。ドラクエ6にもルビスが登場します。そのことによって、「ロトシリーズと天空シリーズは、実は同じ世界の物語じゃないのか」と思う向きもあるそうですが、そんなふうには考えなくて良いと思います。
 精霊ルビスは、ラーミアに乗って次元を渡っていたら、他の誰かが作ったらしいなかなか素敵な世界を見つけた(それが天空シリーズ世界)。この世界を作った精霊は、何らかの理由で不在であるらしい。管理人不在のせいか、怪物が発生してて、ちょっと世界のゆくえが心配だし、興味もあるので、しばらくそこに滞在して、世界の趨勢を見守っている。
 そんなくらいでいいんじゃないでしょうか。

 天空シリーズの世界を、ルビスが作ったものと考えないのは、ドラクエ6で彼女が登場するとき、「私はこの世界を見守る者です」みたいな自己紹介をするからです。ドラクエ3で登場したときには「この世界を作った者です」と名乗るのですから、天空シリーズ世界をルビスが作ったのなら、同様にそう名乗るはずです。
 ですから、「ムドーの島ってむかし竜王の城があった場所じゃないのか」とか、そっち方向に考えなくても良いように思います。
 ドラクエ6→4→5は、ひとつの同じ世界を扱っているはずなのに、大陸の形がだいぶちがうのはどうしてだろう、たった数百年のうちにこんなに地形が変わるわけない、というユーザー間の疑問があります。
 それはまあ、ゲーム的な事情を言えば、「まったく同じだったらバラエティー感がなくて商品的に困る」というみもふたもないことです。ですが、物語的にいったら、

「ルビスが自分の趣味のおもむくままに、ちょいちょい陸地のかたちをいじってる」

 くらいの感じで良いんじゃないでしょうか。
(ルビス可愛いな)
 実際に地形をいじってるのは、ルビスの代行者であるトコロの堀井雄二さんなんですから、その意味でも、ますます「ルビスがやらかしました」でかまわないことになります。 
 ドラクエ6に、とくに必要でもないルビスが登場するのは、短時間に地形が変わりすぎていることへのエクスキューズかもしれませんね。

     *

 さらに余談。

 ドラクエ3のアレフガルドって、夜しかない世界ですし、「落ちてくる」ことによってそこに到達しますので、「地下にある世界」だと思ってる人が多いようです。暗いのは天井があるからだ、と。
 というか私も初プレイのときはそう思ってました。

 でも今は、「異次元につながるトンネルを落ちてきたら、アレフガルドにいた」んだっていう理解をしています。
 つまり、地下にあるのではなくて、平行世界です。
 異次元をへだててぷかぷか並んで浮かんでいる、ふたつの世界って感じです。
(だから、ラーミアはきっとこの二つの世界を行き来ができる。ルビスをアレフガルドに連れて行ったり、もとの世界に帰ってきたりってことができる)

 暗いのは天井があるからじゃなくて、きっとアレフガルドが未完成で、まだ「朝」が創られていないから。
 だって、アレフガルドの人々に話しかけてみると、「朝がこない」と嘆いているのですから。見上げたところに天井があるのなら、「朝がこない」という嘆きにはならないはずです。来ようがありませんからね。
 ルビスはこの世界に朝を創りたいのだけれど、魔王ゾーマが妨害をしていて、それができない。そういう理解をしています。

 それに、ゾーマがそこからやってきたという噂の「魔王の爪痕」(勇者の洞窟の最深部にある亀裂)は、おそらく別の次元につながる裂け目だろうと推測されますしね。
 ギアガの大穴もきっと、それと同じような次元の穴だよね、という推測は、端正だと思うのです。
 ゾーマを倒すと、魔王の爪痕が閉じ、ギアガの大穴も閉じます。これを「次元の裂け目がひとつ閉じて、ただの大穴もひとつ閉じた」と考えるよりは、「世界にふたつ開いていた次元の裂け目が、両方閉じた」と考える方が、スマートです。
 世界にあいていたほころびが閉じ、世界に未実装であった「朝」が実装されて、アレフガルドはひとつの世界として完成をみます。
 これを「地下にひとつの世界が生まれた」と考えるよりは、「他の世界と並列に存在する、同格の一世界」と見なしたほうが、私にはなんとなく好ましいです。

     *

 さて。そんなふうに、「アレフガルドは地下ではなくて平行独立世界だ」と勝手に決めつけることにしたところで、話をラーミアに戻します。
「ドラクエ3の主人公は、魔王を倒したあと、ひっそりと元の世界へ帰ったのだ」
 という根強い説がありますね。今までの話を、そこにつなげます。

 続き→【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその6「ラーミアはアレフガルドの朝を羽ばたく」

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその6「ラーミアはアレフガルドの朝を羽ばたく」 »

コメント

こんにちは。ドラクエの考察について検索をしてここにたどり着いた者です。
この記事を読んで、しょうもないかもしれませんが「ん?」と思ったことがあるので
質問させていただきます。

この記事では「アレフガルドが未完成で、まだ「朝」が創られていないから。」
と書かれていますが、もしこの文章が正しいのであれば
アレフガルドの人々は「朝」という概念を知らないのではないでしょうか?
「朝」を知らないのに「朝」が来ないと嘆くのはどう考えても変です。

朝を知らないのであればアレフガルドの人々は
「朝が来ない?・・・それより『朝』とはなんだい?」
「空が明るくなる?夢でも見てるんじゃないか?」といった反応が帰ってくるはずです。
(人々の反応については私の勝手な想像ですが)

しかし、ゲーム本編で人々はちゃんと(?)「朝が来ない」と嘆いているので
当然人々は「朝を知っている」はずなのです。
つまり、ルビスはアレフガルドを創造する時に朝を作っていたのではないでしょうか?

つたない文章ですが、ご意見の方をよろしくお願いします。

アレフガルドの民は上の世界からの移民だったでしょ
上の世界に朝はあるから朝を知っててOK

そもそも天空シリーズは、同じ世界なのでしょうか?

クリア後の6では、夢の世界にあるゼニスの城が、夢の世界を離れ飛び去って、それが4と5の天空城になるという内容でしたので、ルビス様がいる6の現実世界(クリア後に夢の世界との行き来は不可能)と、夢の世界から更に飛んで行った天空城が辿り着いた4と5の世界は違う世界とも考えられますが。

6まではルビス様以外の主だった神様は本筋に全く関係のないマリナン様くらいしか出てきませんが、逆に4と5はマスタードラゴンがいるだけでルビス様が全く出てきませんので、ルビス様が干渉していたのは6までという考え方もできると思うのですが。

ルビスはラーミアの背中に乗って世界を作った、という設定?があったような気がします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54539306

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」:

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその6「ラーミアはアレフガルドの朝を羽ばたく」 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。