フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」 »

2012年4月22日 (日)

【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」

 第4回です。

 ※注:ドラクエ、ロトシリーズを、私がどういうふうに「読んで」いるのか、物語のスキマをどういう形で埋めて、どういう全体像を空想しているのか、ということを、自分勝手に語るエントリです。
 こうにちがいない! ということではなく、こういうふうに捉えれば、読み手の私は心豊かなキモチになれますという、そういうニュアンスです。ドリームじゃん!とか言わないで下さい。最初から全部ドリームです。

 順番にお読み下さい。
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2
【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」

     *

 男が「もっと広い世界が欲しい」と望み、女神が「あなたのために大地を生みましょう」という。
 そんなふうにして、きっとドラクエ2の世界は発生しただろう。そんな個人的なドリームを開陳したのが、前回でした。

 ところで。

     *

 大地の創造、ということに関して、精霊ルビスとまったく同じ立場にたっている人がいます。
 堀井雄二さんです。

 だって、じっさいにドラクエ1や2のフィールドマップをデザインしたのは堀井さんですからね。
(と、私は聞いています)
 物語上では、大地を作ったのはルビスですが、ゲーム的には、大地を作ったのは堀井雄二さんです。

 彼は、ドラクエ1が成功して、ドラクエ2を作ろうということになったとき、
「やっべ、アレフガルドはこのままじゃ狭すぎるぞ。新たな冒険の舞台として、もっと世界を広げなきゃ」
 と思ったにちがいありません。

 もっと広い世界を出さなきゃ、新作にならない。でも、僕はまだ、アレフガルドという100マス×100マスの世界しか作ってないぞ。今からこれをトッカンで広げなきゃ!
 堀井さんがそう思ったとしたら、これはルビスが思ったことと、まったく同一でしょう。

 ですから、ドラクエ1の主人公というのは「堀井雄二さんのゲームプレイヤーとしての側面」。精霊ルビスというのは「堀井雄二さんのゲーム制作者としての側面」であるといったような分析はできます。
 ゲームプレイヤーである堀井さんは、「もっと広い世界でたくさん冒険したいなあ」と思うのです(勇者の側面)。
 そして、ゲーム制作者である堀井さんは、「たくさん冒険させてあげるために、もっと世界を広げなきゃ!」と思うのです(ルビスの側面)。

 その2つの側面が寄り添って、ワンセットになったとき、アレフガルドしかなかったドラクエ1の世界は、急激にぐんと広がり、ドラクエ2の、あの広大なマップが生み出されるというわけです。

     *

 ドラクエの、あの広大なマップをデザインするというのは、なみたいていのことではありません。

 堀井雄二さんは、さんざん苦心をかさねて、大変な思いをして「あの大地を作った」はずです。
 たいへんな苦心と思い入れをこめて、ドラクエのあの大地は生み出されているのです。ですから、作り手としては、せっかく作ったこの世界を、あますところなく、ユーザーにひとつ残らず全部見て欲しい。

 だから、世界を全部見て回って欲しい制作者は、
「世界中のどこかに散らばるなにがしかを、いくつ集めて来い」
 という、ドラゴンボール・ライクなクエストを設定するのです。ドラクエ2では、「5つの紋章を集めてこい」。ドラクエ3では、「6つのオーブ(宝珠)を集めてこい」。

「世界中のどこかにある」としかわからない宝物を全部集めるには、とにかく世界中をぐるぐる回って、いろんな人に話しかけて、いろんな場所を調べなければならないのですから、自然と、
「作り手がつくりあげたこの世界を、あますところなく見て回る」
 ことになるのです。
 この仕組みは、ドラクエ4以降も「世界中から小さなメダルを集める」という形に変化して、ずっと続いていきます。

 さて。
 堀井雄二さんが、「僕の作った世界を、みんなに全部見て欲しい」と思うのなら。
 精霊ルビスも、「私の作った世界を、みんなに全部見て欲しい」と思うのではないでしょうか。

 堀井さんが、「そのために、紋章を5つ集める仕組みにしよう」と思うのなら、精霊ルビスだって、「世界中に紋章をちりばめて、みんなに集めてもらおう」と思いはしなかったでしょうか。

     *

 だから、
「世界中から5つの紋章を集めたら、精霊ルビスに会うことができ、彼女の守護が得られる」
 という仕組みをつくったのは、精霊ルビス本人です。きっと。

 精霊ルビスに会うために必要なのは、太陽の紋章、月の紋章、星の紋章、水の紋章、命の紋章。その5つです。
 太陽が照らし、がめぐり、に引かれてが満ち引きし、が住まう。
 この5つは「世界」というものを構成する部品なのです。
 よくある木火土金水とか地水火風でないのは、この5つが「世界というものに、揃っているべきパーツ」だから。
 それを集めるということは、象徴的な意味で、「(ルビスが作った)世界のなりたちに手を触れる」ということにひとしいのです。きっと。

 繰り返しますが、ドラクエ2には、「世界をめぐって5つの紋章を集めた者に、精霊ルビスが会ってくれる」という仕組みがあります。

 紋章を揃えるということは、ルビスが作った世界をあまねく見て回り、世界のなりたちに触れるということにひとしい。

 あなたの作品を全部見ました。
 あなたが心をこめて作り上げたものを、あますところなく見ました。
 あなたが生みだした世界のなりたちを知りました。

 紋章を集めるということは、自然に、そういうメッセージになる。

 それって、「世界を作った者ルビスへの、愛の表現」にほかならない、そんな気がするのです。

 だから、ルビスは愛に応えて、姿を現す。
 私が作ったものを愛してくれた人に、応えましょう。

 だから、紋章を集めた先には、ルビスがいるんだ。そんなふうなのが、私の読み方です。

     *

 なるほど、この考えを、かりに良しとしましょう。
 先述のとおり、ドラクエ3にも、「6つのオーブ(宝珠)集め」という仕組みがあります。
 物語上で、ドラクエ2の紋章集めシステムを作ったのが精霊ルビスなら、ドラクエ3でオーブ集めの仕組みをつくったのは、誰なのか。

 ということで、この話は次回、ドラクエ3を語るフェイズに移行します。

 続き→【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」 »

コメント

こんな凄い嫁さんを貰った1主凄すぎ
もしかして3主超えてる?

そういえばシステム面やステータスではゾーマのほうが強いんだけど
スペックや設定ではりゅうおうのほうが強いんだよな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54530360

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその4「造物主さまのねがいごと」:

« 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその3「世界を創るということ」 | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】精霊ルビスその5「ルビスの乗り物その名はラーミア」 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。