フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« アルバ・スプーン(記憶からの解放・その2) | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 »

2012年4月19日 (木)

【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1

 うすうす気づいてはいたのですが、最近の私のテーマはノスタルジーであるようです。昔好きだったもの、そして今も心の隅にずっと残っているもの。そういうものを取り上げて、あれは何だったのだろうと考え直すのが、たいそう面白いのです。

 そうしたいくつかの考えのうち、話題としておもしろそうなものを、いくつかこうしてブログに掲示しておりますが、なかでもわりあい人気があるようなのが、ドラクエの話題。

 そんなわけでまたしても昔のドラクエの話題です。今回は初期のロト三部作全般を取り上げます。小さなネタを追いかけていくと精霊ルビスのちょっとした正体がわかる、といったお話にもっていくつもりです。お立ち会い。

(とっくに常識化している内容だったら、すみません。でも同様の考え方が検索で見あたらなかったので、ちょっと書いてみます)
(ドラクエに関する個人的なドリームをのべるエントリです)

     *

 ネットでドラクエの話題を検索して、そこで語られてる話を読んでいると、たびたび「あれは何だったの?」という感じでいまだに疑問として各方面で上がっているのが、
「ドラクエ2で、最後に主人公たちに語りかけてくるのは、いったい誰?」
「ローラなの? それともルビスなの?」
 という話題です。
 ドラクエ関係のファンサイトで、いまだに話題にのぼって、議論になっています。

 どういう問題なのかを、ざっと説明しましょう。

 ドラクエ2は、邪教の大神官ハーゴンを退治する、という物語です。ハーゴンを倒すには、大地の精霊ルビスを味方につけなければならない。
 大地の精霊ルビスを呼び出すには、5つの紋章を集めなければならない。だからそれらの紋章を世界中から探しだそう、というのが、ドラクエ2のメインシナリオです。

 首尾良く紋章を集め、プレイヤーは精霊ルビスに会うことができます。ルビスはこんなことを言います。

「私を呼ぶのはだれ? 私は大地の精霊ルビスです。
 あら? おまえたちはロトの子孫たちですね? 私にはわかります。
 では私は勇者ロトとの約束を果たすことにしましょう。
 私の守りをおまえたちに与えます。」

(FCドラクエ2より。原文は全てひらがな。漢字まじりに直し、分かち書きを削除。以下同じ)

 そうして手に入れた「ルビスの守り」は、ハーゴンの幻惑を解除するのに使われます。ハーゴンはまやかしの達人で、ルビスはこれを打ち破ってくれるのです。

「****よ、騙されてはなりませぬ。これはすべてまぼろしです」

(「****」にはプレイヤーが登録した主人公名が入る)

 そんな天の声が聞こえ、幸せな街並みに見えていた景色が、実は悪魔の城だった……というように、幻影が解除されるのです。ですから、「これはすべてまぼろしです」と言った人は、精霊ルビスその人です。ここまでは、誰にも異論はないはずです。

     *

 苦闘の末、主人公は(そしてプレイヤーは)、大神官ハーゴンと、その邪悪な神シドーをやっつけることに成功します。めでたしめでたし。

 その、めでたしめでたしの瞬間に、どこからともなく祝福の声が聞こえてきます。
 このメッセージが、ちょっとした、問題のタネなのです。

「破壊の神シドーは死にました。これでふたたび平和がおとずれるでしょう。
 私はいつもあなたたちを見守っています。
 おお神よ! 私のかわいい子孫たちに光あれ!
 さあ、おゆきなさい」

 ストーリーの流れからいって、この天の声はルビスからのメッセージだ、と思いたいところですよね。「精霊ルビスが助力を約束してくれる」→「精霊ルビスが敵の妨害をはね除け、道筋をつくってくれる」→「精霊ルビスが使命の成功を祝福してくれる」という自然な流れになるのですから。

 ところが、ここで天の声は、「あれっ」と思うようなことを言うので、それが問題になっているわけです。それは、
「私のかわいい子孫たちに」
 というセリフ。

 え? 主人公たちは、精霊ルビスの子孫なのか?
 そんなそぶりは、これまでにないのです。

 だから、それが違和感になり、いまだに「あれはなんだったの?」という話題になる。

 くりかえしますが、主人公たちが精霊ルビスの末裔である、なんていう伏線は、これまでのお話にないのです。
 そうではなくて、ドラクエ2は、
「主人公たちは勇者ロトの末裔とローラ姫の子孫である」
 という強力なバックグラウンドに基づいて、スタートしています。

 前作「ドラクエ1」で主人公を務めた、「勇者ロトの血を引く者」は、邪悪な竜王を倒したあと、王様になってくれと要請されるのですが、それをあっさりと断ります。

「いいえ。私の治める国があるなら、それは私自身で探したいのです」

「勇者ロトの血を引く者」は、ヒロイン・ローラ姫を連れて新たな土地へ赴きました。やがて彼は3つの城を持つ大王国を築き上げます。
 そうして何世代かがうつりかわり、ハーゴンが世界をおびやかそうとしたとき、この王国の王子と王女たち、つまり「ロトの血を引く勇者とローラ姫の末裔たち」が、ふたたび冒険に出て、悪の野望をうちくだいた、それがドラクエ2なわけです。

 ですから、主人公たちに対して
「私のかわいい子孫たち」
 というセリフを言いそうな女性とは、物語全体をみたとき、「ローラ姫」でなければならないはずなんです。普通に考えれば。

 ドラクエ2には、「ふっかつのたま(復活の玉)」というアイテムがあります。これを使うと、どこからともなく不思議な声がして、セーブ用パスワード(復活の呪文)を教えてくれるという便利なものです。そしてこの声は、「いまの(パスワード)を書き取ってくれましたか?」と確認するのですが、これに「いいえ」と答えると、

「そんな、ひどい……」

 という、なんだか可愛らしい反応を示します。
 この「そんな、ひどい……」は、前作ドラクエ1での、ローラ姫の口癖なのです。

 ですから、ドラクエ2には、ローラ姫は天の声のようなものとして存在していて、主人公たちを見守っているらしい。だから、ハーゴンとシドーを倒したあとに聞こえてくるメッセージが、ローラ姫の声である可能性も、じゅうぶんにある。

 その一方で、精霊ルビスが、主人公たちを「私のかわいい子孫たち」と呼ぶのだって、そうおかしい話ではありません。なぜなら、大地の精霊ルビスは、いわゆる地母神のようなものと考えられるからです。いのちを育む大地の神格なのですから、地上に暮らす生きとし生けるものは、すべて彼女の子どもたちだと考えることができます。

 さて。
 ここまでが「どういう問題なのか」の説明でした。つまり、大神官と邪神をやっつけたあと、その偉業を祝福してくれる「天の声」。
 その「天の声」の主は、いったい、ルビスなのか。ローラ姫なのか。

     *

 大人になってから(いまの仕事を始めてから)ドラクエ2をやりなおしたとき、私には、その答えがわかったと思いました。
「どっちなのか」と考えることが、間違いなのだと思います。
 こういう考え方が正しいと、私は思います。つまり……。

「精霊ルビスとローラ姫は同一人物である」
(ローラ姫は、精霊ルビスがかりそめに人間の姿をとって、人界に降り立った姿である)

 どうしてそう言えるのかっていう話を、次回以降にします。


※引用はおもに「ドラゴンクエスト・セリフ集へようこそ!」 http://nasu-b.nsf.jp/DQ/word.html からの孫引き。いずれ原文にあたって校正をかけます。

 続き→「【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2」

« アルバ・スプーン(記憶からの解放・その2) | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 »

コメント

あ、連載エントリですね。続きが楽しみです!

5回以上にはなりそうです。お立ち会い。でも3回目くらいからは完全に個人的ドリームの世界なので、あまり期待するとがっかりされるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54507097

この記事へのトラックバック一覧です: 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その1:

« アルバ・スプーン(記憶からの解放・その2) | トップページ | 【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎 その2 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。