フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 孤独のスパゲティ・ナポリタン | トップページ | 初代ファミコンがアズキ色である理由(ゲームウォッチ仮説) »

2012年3月12日 (月)

ゲームウォッチを買った(記憶からの解放)

 いまさらの話ではあるが、ネットオークションが面白い。出品に対して、出せる金額を提示していく……という、それだけの話ではあるのだが、複雑すぎない範囲で、ある程度の駆け引きがあるところが良い。締切り直前の5分間のうち、何分前に再入札を行なうのが、競争相手へのプレッシャーとして最も有効だろうか、とか。競りをあきらめるにしても、無駄に落札金額をつり上げてしまった場合、それは市場価格を上げてしまったということであって、他の出物を狙うときに値段が上がってしまうデメリットがある、とか。しかし、あまりに落札金額が低いと、「これを出品してお金に換えよう」と思う出品者がいなくなるのだから、ほどほどの値段で落札されるのがふさわしいな、とか。
 手触りとして、ちょっとソーシャルゲームに近いニュアンスがあるような気がする。「最も成功したソーシャルゲームとしてのネットオークション」なんていうアングルは、ちょっと面白い語り口かもしれない。

 ネットオークションとかAmazonマーケットプレイスというのは、私には脅威のシステムであって、普通では手に入らないものがぽろっと手に入るのはまことに嬉しい。Amazonマーケットプレイスは、私にとっては完全に「返却不要の有料図書館」である。
 ひとむかし、ふたむかし前は、読みたい本が絶版であるとき、ほうぼうの図書館にかたっぱしから電話をかけ、蔵書しているかどうか確認して探し出し、その上で市内の公立図書館経由での又貸し申請をしなければならなかった。「キャプテン・フューチャー」シリーズをそうやって必死で読んだのが懐かしい(今は新装版が出たので余裕で買えますね)。
 そうやって必死で探しても結局見つからなかったクロード・クロッツの「パリ吸血鬼」が、ネットでさらっと買えてしまったときには、かなりの感慨がありました。ああ、15年越しに出会えた。

   *

 このところ、所用で何度か実家に戻ることがあった。地元の大通り沿いに、むかしから営業している大きな文房具店がある。その店の前を何度か車で通ったが、そのたびに(いまだに)、
「ああ、あの店でゲームウォッチのオクトパスが買えなくて、ずっとショーケースに貼り付いていたなぁ……」
 という、せつない気持ちになる自分を発見した。

 ゲームウォッチ(正確には「ゲーム&ウォッチ」)は、今では説明が必要なものかもしれない。任天堂が、ファミコンの前に販売していたカード型の携帯ゲーム機だ。電卓のような液晶表示で、ゲームをしないときにはデジタル置き時計になる。これはなんとまあ、当時の男の子は全員例外なく欲しがったといっても過言ではない(と思う)。
 よく語られているビジネス伝説によれば、任天堂の横井軍平さんという人が、新幹線で暇つぶしに電卓を叩いて遊んでいるビジネスマンを見て、「電卓型のゲームがあれば売れるのでは」と着想したそうだ。大人向けに売るはずだったものだが、子供のあいだで大ヒットした。

 この「電卓の延長上にある商品」「もとは大人向けのはずだった」というところが、今になって思うとポイントだったようだ。その地元の大型文房具店は、ゲームウォッチを取りそろえて販売していた。ビジネスマンがオモチャ屋でそれを見つけて買うということはまずないわけだから、任天堂は、文房具店のような流通ルートに乗せたわけなのだろう。

 子供のころ、その店で見たキラキラ輝くゲームウォッチ。それが欲しくて欲しくてたまらなかったそのころの胸の痒みが忘れられない。

 よく覚えているのだが、宝飾店にあるような、カウンター式のガラスケースがあって、その中に高級万年筆と一緒に収められていた。そういう位置づけの商品だったわけだ。価格も比較的高額だし、万年筆のペン先の色によく似た金属プレート張りで仕上げられていて、オモチャっぽくない高級感があった。それを、しゃがんでいつまでもじっと見ていた。液晶の焼き付き防止のためか、こういうゲームはデモ画面でキャラがいつも動いているから、その動きをずっと見ていたわけだ。
「パラシュート」も楽しそうだったが、私が見ていたのは、潜水夫になって巨大タコの触手をかいくぐり、沈没船から財宝を引き上げるという「オクトパス」というゲームだ。
 巨大ダコが足をぬるぬる伸ばしたり縮めたりしているのは、飽きずにずっと見ていられた。

 今になっては、そのときの気持ちを正確に思い出すことはできないが、どうやら私はよほど強い執着で、それを見ていたらしい。大きくなってからも、その文房具店の前を通るたびに、ちらりと脳裏に「オクトパス」のイメージがよぎった。
 それから地元を出て、東京に住むようになり、かなりの年月が経った。そうして今年になって、何度か地元に戻ってみると、いまだに「オクトパス」のことを思い出す自分をみつけて愕然としたわけだ。ちょっと気取った言い方をすると、「俺の気持ちはまだあそこにとどまっていたのか」的な。

 子供のころのせつない思い出として、ずっとその気持ちを持っていても良いが、ここらで自分を解放してやっても良いような気がした。そこでネットオークションになるわけだ。いまからでも探してそれを買ったら、気持ちはすっきりするのではないか。

 これまでにも、オークションでゲームウォッチ買ってみよう、と思いつくことは、ないでもなかった。だが、思い出のものとはいえ、80年代初頭のガジェットである。買ってはみたものの、2~3回遊んで、
「ふーん、こんなものか」
 と思って、自分の中で、それでおしまいになることは想像にかたくない。それがわかりきっていて、わざわざ競りをして、送料を払って、手に入れてもしょうがないだろう。そう思っていた。

 けれども、「ふーんと思って、それでおしまいになる」それで良いじゃないか。それは「いつまでも心にひっかかっている」という状態から、自分を解放するということであるのだ。
 そう思えるようになった。

 30年もまえのゲームだから、どうせ捨て値で売っているだろう、となめてかかって検索したのだが、ゲームウォッチはわりといい値段がついていた。まだ欲しいと思う人がちゃんといるわけだ。吹っかけた値段をつけている出物はまったく動いていないが、そこそこの価格からスタートしたものは、けっこう値が吊り上がって売れていく。
 高値で出ているものをパッと買ってしまってもいいが、それだと「あんな値段で買ってしまった」という別の執着になって残ってしまいそうで、それも嫌だから、自分の中で上限を設定して、その範囲内でうまく買えるかどうかというゲームをすることにした。
 そうして、わりと時間はかかったけれど、買えました。

 品物が到着して、稼働のためのボタン電池を買いに向かう途中、自分でも信じられないことが起こった。自分で自分にびっくりした。
 涙ぐんでいたのだ。

 どうやら、自分で思っている以上に、根深いものがあったらしい。手に入った個体は、液晶がいくぶん薄くなっているものの、ちゃんと遊べる。毎日2~3ゲーム遊んでいるが、まだ飽きてはいない。
 もう少し別のゲームも欲しくなってきた。「ドンキーコング」「ファイア」「パラシュート」あたりは手に入れたい気がするけれど、後ろの2つはけっこう良い値段がついているから、どうかな。

K3200014
 これが件の「オクトパス」。黒一色の制限のなかで、キャラクターがファニーにデザインされていて、素敵だ。ゲームウォッチには「落ちてくるものを、避ける」というパターンのゲームがいっぱいあったけれど、これがいちばん良くできていると思う。「落ちてくるトンカチを避ける」よりも題材に夢があるよね。

K3200012
 電池ブタは欠損につき、段ボールを切ってふさいだ。あの時代に男の子がいた家庭で、広く見られた光景であろうと思う。とにかくフタがなくなりやすいのです。

« 孤独のスパゲティ・ナポリタン | トップページ | 初代ファミコンがアズキ色である理由(ゲームウォッチ仮説) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/54205486

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームウォッチを買った(記憶からの解放):

« 孤独のスパゲティ・ナポリタン | トップページ | 初代ファミコンがアズキ色である理由(ゲームウォッチ仮説) »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。