フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 『水曜どうでしょう』のミスター鈴井さんのG-SHOCK | トップページ | 孤独のスパゲティ・ナポリタン »

2011年12月13日 (火)

どうでしょうさんの腕時計とG-SHOCK遊環自作

 水曜どうでしょうさん(HTB北海道テレビ)とG-SHOCKの話の続き。

(どうでしょうのミスター鈴井さんの腕時計についてはこちら)
 http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/g-shock-5999.html
 http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-488b.html

●遊環を自分で作る

 腕時計のベルトの余ったところを留めておくループの部分、あれを遊環というそうですが、G-SHOCKはこの部分がすぐ壊れます。
 なぜなら、昔のG-SHOCKはここだけ安いプラッチックで出来ている。関西ふうに「プラッチック」といいたいような質感です(最近のはどうか知らない。改善したのかな)。これが日光に当たったりするとあっというまに劣化する。中古G-SHOCKで、まともにループが現存している個体、わりあい少ないです。

 CASIOさん的には、多少壊れてくれないと、買い替え需要が発生しなくて困るということかもしれない。むかしは遊環だけ取り寄せることができなくて、ベルトごと全交換だったらしいけど、さすがに今は、壊れても遊環だけを買うことができる。

 が、送料を負担して遊環を買うと、けっこうバカバカしいようなお金がかかってしまう。私は腕時計の遊環が壊れたら、黒いゴムひもをくくるか、結束バンドを巻いて適当に代用しています。

 今回もそうしようとしていたんだけれども、「こうやって遊環を自作すればよい」と勧めているブログを発見し、それが大変良さそうだったので、まるのまま真似してみた。
 http://blogs.yahoo.co.jp/takeshi_278/61694154.html

 やりかたは簡単で、手芸屋さんに行き、「PPベルト」というものを買ってくる。PPとはポリプロピレンのことで、つまり合成素材です。これを適当な長さに切って、切り口をライターであぶって溶かしてほつれ留めにし、時計のバンドに巻いて、手持ちの接着剤でくっつける。That's all。作業時間3分。接着固定時間が1日くらい。

 そのPPベルトとかいう特殊っぽい材料はなんなんだって思いますが、何のことはない、どこにでもある。ようするに、手提げカバンの持ち手のとこに使われている平たい紐です。手芸が趣味で、布のカバンなんかを自分で作る人は、そういうものを買ってきて加工して持ち手にするわけだ(初めて知りました)。
 値段は私が買ったのは、メートル売りで63円。百円ショップにも売っていそう。

K3200012

 こんな感じになる。デザイン的にもぜんぜん問題ない。プラッチックのオリジナルよりもちょっと洒落ているほどじゃないかな。

 今回、ほとんど初めて手芸用品店という場所に行ってみたんだけれども、なかなか面白いところですね。工作の材料に使えそうなものがいっぱいありました。ホームセンターよりも良いものが手に入る可能性もありそう。
 皮ベルトのメートル売りもあったので、皮バンドの遊環も自作可能であることが確認されました。またこんどふらっと遊びに行ってみよう。

●どうでしょうさんたちの腕時計(未整理)

「コスタリカ」でロレックスの話題が出てくるので、ミスター鈴井さんの腕時計はロレックス、というのは有名なんだけれども、「ロレックスの、どれ」を着用されているのかが、ちょっとわからなかった(テレビは画像が粗いので)。
 いちおう、「銀色の三連ブレス」「文字盤は黒」「三時位置に拡大鏡付きのカレンダー」というあたりは特定できていたので、「オイスターパーペチュアルくらいかな?」と推理していました。

 そんなおり、ふと「そうだ、写真集に写ってるんじゃないか」と思って、ぱらぱらめくったら、きれいに写っているスナップ写真があった。それでやっとわかりました。ミスターのロレックスはダイバーウォッチですね。ブラックベゼルのサブマリーナ・デイトです。回転ベゼルが細めのやつ。
 良いなあ。私も欲しい。
 どうでしょうさんは、企画で川くだりをしたり、船を仕立てて海釣りに繰り出したりするわけなので、防水性能を第一に考えるのは、理にかなっているような気がします。

 ミスターさんの腕時計は、ざっとまとめると、以下のように変遷していきます。

・初期に着けている「アルバA.K.A.」の楕円オレンジモデル。(サイコロ2、オーストラリア、カントリーサイン1など)
・黒文字盤、黒ベルト、シルバーベゼルのごつい腕時計、正体不明。(ヨーロッパ1)
・「G-SHOCK DW-6600B」バックライトボタンがオレンジのもの。(東京ウォーカーからアラスカくらいまで)
・「ロレックス サブマリーナ」。(アメリカ横断以降)
・またまた「G-SHOCK」。二重クロスベルトのモデルで、たぶんDW-6900BD-1Tか1VT(訂正:どうやらDW-003BP-1Tのクロスベルトモデルの可能性が高い)(さらに訂正:DW-004V-1VTでほぼ間違いない。海外モデルです)。南国で汗をかくので布ベルトの時計を選んだものでしょう。(ベトナム縦断、深夜バスだけの旅)

 初期の時計がオレンジ色の文字盤で、中期の時計がオレンジアクセントのG-SHOCKなのは、偶然ではないような気がします。どうも鈴井さんは、オレンジ色が好きみたい。
 着ている洋服をみても、黒のジャケットの下に、茶みがかった渋めのオレンジのインナーを合わせる、みたいな着方をすることが、ミスターさんは多いです。ちょっと朱色とかオレンジをアクセントに使うのが好きなのね。そういえば喜界島やユーコンで着ていたアディダスも、黒地に赤系のアクセントでした。

 そしてミスターさんの時計は、私くらいのほとんど素人でも、「あ、これは」とわかるようなメジャーなものが多い。
 また、ミスターさんは、いちど時計を変えたら、ほとんど元には戻さないので(昔の時計を引っ張り出してきてまた着けたりすることがほぼない)、「あ、時計が変わった」とわかりやすい。数えやすい。

 そのいっぽう、大泉さんは、気分によってアレをつけたりコレをつけたり、せわしないし、ぱっと見ただけではどこの何の時計かわからないものが多い。持ってる時計の数も多くて、把握がむずかしいのです。ハッキリと型番までわかっているのは、ジャングルリベンジのDIEZELくらいですよね。

 大泉さんの時計の趣味は、見ているとけっこうおもしろいです。
 基本的には、大泉さんは、ヴィレッジバンガードあたりに売っていそうな、変わった形のファッショナブルな時計が好きっぽい。
 でも、オーソドックスな形の時計もけっこうたくさん持っている。
 ただし、そのオーソドックスな時計は、文字盤が必ず色つきのものを選んでる。形がふつうの時計で、色もふつうっぽい白や黒っていうようなのは、大泉さんはほぼ身に着けない。

 例によって、粗い画像のなかで、目を凝らして見ているので、取り違えがあるかもしれないんだけど、どうでしょう当時の大泉さんは、グリーンの文字盤の時計を2本、ブルーの文字盤の時計を2本持っていますね。たぶん、それぞれ、普通の三針がひとつと、クロノグラフがひとつ。
 完全にオーセンティックなものは選ばず、おとなしいデザインの時計でも少しズレたものにするあたりが、大泉さんっぽい。

 私は基本的に、自分では丸型の時計しか買わない人なのだけれど、大泉さんの時計を見てると、ちょっと変なデザインの時計もいいな、買いたいなと思えてくる。

 私が「このデザインすごくいいな、欲しいな」と思った腕時計は、これ。

Oizumi_alaska01

「アラスカ」近辺の企画で大泉さんが着用している時計なんだけれども、白地に中央が黒くて、レトロフューチャーっぽいデザインで、かっこいい。
 本体から黒ベルトまでの間に、金属部品が大きく張り出しているんだけれども、おもしろいことに、この金属張り出し部分、6時方向側にしかない。
 つまり、下側のベルトには、こういう「半・金属ベルト」っぽいパーツがついているけれども、12時方向の上側のベルトには、こういう部分はなくて、いきなり革ベルトが始まっているのです。非対称なんですね。

 それによって、この腕時計は、金属部分が涙のしずくのような形、ティアドロップ型になっているのです。
 いや、この時計はレトロフューチャーっぽいから、「尾を引く彗星の形」とか、「隕石が落ちてくるような形」とか表現したほうがいいのかもしれない(そういった意図のデザインでしょう)。
 いったい、どこで見つけて買うんだろう、こういう時計。これと同じものがひとつ欲しい。でも正体がわからないので買いようがない。

 そして、こういう洒落たワンアクセントのファッションを身につけていながら、喋っている内容は、「僕の作ったエビチリは、エビチリを超えた何かだったねェ」というダミ声トークだったりするあたりが、なんというか、それ魅力だ。

« 『水曜どうでしょう』のミスター鈴井さんのG-SHOCK | トップページ | 孤独のスパゲティ・ナポリタン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/53473121

この記事へのトラックバック一覧です: どうでしょうさんの腕時計とG-SHOCK遊環自作:

« 『水曜どうでしょう』のミスター鈴井さんのG-SHOCK | トップページ | 孤独のスパゲティ・ナポリタン »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。