フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 逆回転時計、その他シャレで買ったもの | トップページ | 大人になってからプレイするドラクエ4(中) »

2011年11月14日 (月)

大人になってからプレイするドラクエ4(上)

 ときどき思いだしたように語りたくなるドラクエ話。今回はドラクエ4編です。これまでのシリーズはこちら。

サマルトリアにいかづちの杖(1)
http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-622f.html
サマルトリアにいかづちの杖(2)
http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-e5b4.html
サマルトリアにいかづちの杖(3)
http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-bfd9.html
【ドラクエ3】さばきのつえが愛しい(その1)
http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-9301.html
【ドラクエ3】さばきのつえが愛しい(その2)
http://kanoh.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-6a26.html

     ☆

 ドラクエが好きだが、ちょっとした事情があって、ドラクエ4は発売当時にリアルタイムでプレイしなかった。初ドラクエ4はプレイステーションの移植版でした。第6章としてピサロ編が追加されているやつです。

 そのときは、ああやっぱり面白いなあと思って、それだけだったのだが、今からちょうど1年くらいまえ、ふと思い立って、オリジナルのファミコン版ドラクエ4をプレイしてみた。
 そしたら、むちゃくちゃに感動した。

 どうしてだかわからないのだが、いくつものディテールが、エッジのきいた状態で、ずんと胸にせまってきた。何が起こっているのか、何を想像すべきなのかが、ひとつひとつ、ありありとわかって、ひとつの体験として、質量をそなえて、体の中にどんと居座った感じだ。

 これを、「単純なドットの世界だから、そのぶん想像力が広がる」的な結論に落とし込むのは簡単なことだが、そしてそれはあながち間違いではないのだろうけれど、そこに拙速には飛びつかないことにしたい。
 ひとまず、「FC版のドラクエ4をやったら感動した」ということだけ、受けとめることにします。

 ひとつ印象的なのは、ドラクエ4は戦闘がおもしろいということ。3と比べても、一段階上のおもしろさがあると思う。これは、オムニバス形式で、RPGの序盤と中盤を、いろんな条件で何度も繰り返せることが良い方向に働いているからだと思う。
(ドラクエ4はたくさんの主人公がいて、それぞれの冒険が短編形式で語られたあと、全員が集結して仲間になる物語です)

 私は戦闘がいちばんおもしろいのはドラクエ1だと思っているのだが、4はそれと同じくらいおもしろかった。
 たとえば。
 第1章、戦士ライアン編は一人旅だ。
 この挿話には、キラースコップ1匹、ホイミスライム1匹という組み合わせの敵が出てくる。こいつの倒し方に悩まされるのが、とてもとても楽しかった。

 キラースコップは腕っ節がつよい。だから殴られるとかなり痛い(ダメージが大きい)。
 ホイミスライムは非力で、殴られても痛くない。だから恐くない。

 キラースコップは、剣で2回叩いてやると、やっつけることができる。
 ホイミスライムは、1回叩いてやればやっつけられる。

 だから本当は、まず、キラースコップを優先的に2回叩いてやっつけ、そのあとホイミスライムをぼこっと殴って倒したいところなのだ。

 ところが。ホイミスライムは、ホイミの魔法を使って、キラースコップの傷を治してしまう。
 ということは、キラースコップを1回殴っても、ホイミスライムが傷を治して、それをなかったことにしてしまう。そしてキラースコップは強い力でこっちを殴ってくる。ホイミスライムをやっつけないかぎり、キラースコップの傷は治りつづけるので、いつまでも倒せない、そして一方的に攻撃を受けることになる。

 だから、この組み合わせの敵が出てきたら、まずホイミスライムを先にやっつけなければならない。そのことにプレイヤーが気づくまでが、この戦闘ゲームの第一段階。

 そこに、次なるジレンマが襲ってくる。キラースコップは、ただでさえ攻撃力が高いのだが、1ターンめで必ず「ためる」という行動をとる。
 これは、力をためているわけだ。そして、「ためる」のあとの2ターンめに、すごく強烈な攻撃をしてくる。
 ためたあとの攻撃を食らうと、かなりのダメージを受けるので、これをなんとかして受けずにすませたい。

 キラースコップは1ターンめに「ためる」ので、強力な攻撃がくるのは必ず2ターンめだ。2回殴ればキラースコップを倒せるので、こいつを優先的に殴って、もし2ターンめに「先手」をとることができれば、まったくダメージを受けずに倒すことができる計算になる。そこを狙いたい。

 けれども、先述のようにホイミスライムがいる。だから、ホイミスライムを優先的に殴らなくてはならないので、キラースコップをしとめるのはどうしても3ターンめになる。ということは、絶対に「ため攻撃」を食らってしまう。

 そこを、なんとかならないのか!?

 もし「会心の一撃」(偶然に発生する大ダメージの攻撃)をこっちが出すことができれば、キラースコップを一撃でやっつけられる。けれど、めったに起こらないその偶然に期待すべきなのか?
 ホイミスライムは、たまにホイミの回復呪文を唱えないことがある。もしそうなった場合、キラースコップを順調に殴っていれば、2ターンめに先制攻撃で倒せるかもしれない。けれど、たまにそうなるという偶然を期待すべきか?
 それともやはり、一発いいのを食らってしまうことを覚悟で、ホイミスライムから順番に処理するのがいいんだろうか。

 それが、毎回頭の中でぐるぐるめぐることになる。メリットとデメリット。小さな順当と大きな賭け。これはまぎれもなくゲームだ、と強く実感する。

 そして、ドラクエはRPGだから、自分のキャラクターが成長していく、強くなっていくゲームだ。
 あるとき、ある瞬間、はたと気づいてしまう。あれから強くなった自分は、キラースコップを一撃で倒せるほどになっていることに。

 そうなれば、順序はまったく逆転する。一撃で倒せるのだから、2ターンめに必殺技を使ってくるキラースコップを、1ターンめでしとめない理由はない。「ためている」途中の(殴ってこない)キラースコップをまず処理して、そのあと、非力なホイミスライムをゆうゆうと片付ければよい。あんなに悩まされていた強敵を、あっさりと片付けることができるようになった。
 あんなに迷っていたのに、もう、蹴散らせるようになった。悠々と。なんというラクな敵だろう。

 それに気づいたとき、
「ああ、世界が広がった」
 と感じるのです。そういう感じ方をさせるものがある。どうしてそう感じるのか、わからないんだけれど、「俺はもっと先に行ける」という不思議な感動があるんだ。

 ドラクエ4には、そういった「ゲームな部分」がいっぱいあって、そこが「ああ、また広がった」な実感にむすびついていて、ひとつひとつ、じんわりする。

 例えば。第1章ライアン編の終盤で、「はじゃのつるぎ(破邪の剣)」という、とても珍しい、よく斬れる剣が手に入る。はじゃのつるぎを手に入れて、悪党をたおし、国の平和をとりもどしたところで、第1章はおわって、つぎの主人公の物語がはじまる。

 そうして何人かの主人公の物語があって、第3章トルネコ編というのが始まる。トルネコ編では、うまくすると序盤ではじゃのつるぎが手に入ることがある。
 トルネコは商売人で、道具を鑑定する能力を持っている。はじゃのつるぎを鑑定すると、実はこの剣は、炎の攻撃魔法を封じ込めた魔剣であることがわかる。
 ライアンが手に入れたあの剣は、そういうものだったのか! という驚き。戦士であるライアンにはわからなかった秘密が、商売人のトルネコにはわかる。そうして、のちの第5章には、まさにその破邪の剣をたずさえたライアンが合流してくれる。炎の剣で敵をうちやぶるたのもしい味方として……。

 ライアンが最後に手にした武器と同じものを、鑑定者トルネコも入手する。それはまちがいなく、この流れが意図されているはずです。
 気付き、発見、秘密の解明、世界のひろがり……。

(つづく)

« 逆回転時計、その他シャレで買ったもの | トップページ | 大人になってからプレイするドラクエ4(中) »

コメント

私はDSのをやりました。キラースコップがためた時はぼうぎょで対応しましたね。同じ一章で、メラやヒャドを出してくる敵にも、あいつらは1回出したら次は出せないので、ぼうぎょをしておいてから攻撃しましたね 

しかしDS版は簡単なので、FC版とは違うかもしれません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/53240899

この記事へのトラックバック一覧です: 大人になってからプレイするドラクエ4(上):

« 逆回転時計、その他シャレで買ったもの | トップページ | 大人になってからプレイするドラクエ4(中) »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。