フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

碧風羽さんの挿絵はいつもすてき(小説シャイニング・ハーツ発売)

 小説『シャイニング・ハーツ』、あした(4月30日)発売です。

 Amazon http://amzn.to/gkBemS
 bk1 http://bit.ly/gHwJFz
 楽天ブックス http://bit.ly/kGQJXY
 紀伊國屋書店 http://bit.ly/j22MqB
 セブンネットショッピング http://bit.ly/kBLywS
 ジュンク堂 http://bit.ly/lX51Up

 私は書いた人なので、本屋さんに配られるより早く、見本がもらえます。刷りたての本がパッキングされて来るので、刷りたてのインクの独特のにおいがかすかにして、ちょっとハイになります。

P1040089

 帯はいそいで外さないと、パン以外のものしか目に入らない構図になります。

 デジカメで適当に撮った写真なのでわからないかもしれませんが、印刷がすっごい良いのです。めちゃめちゃ綺麗です。フォトフレームにでも入れて飾っておこうかな……。

 まったく余談ですが、加納は帯は必ず外して読みます。帯が巻いてある場所って、手で本を持つところで、そこがずるずる滑るのはしんどいのです。たいてい本を買うとき、本屋さんのカウンターで、「帯を外して捨ててください」とお願いしています。
(でも帯があること前提のカバーデザインも最近増えてきて、判断がむずかしくなってきた……。『ほしのこえ』や『雲のむこう』は、帯つきのまま持っていていただく想定の本です)

 今回も挿絵は、碧風羽さんにお願いしています。
 大好きだ……。

P1040090

 碧風羽さんの絵は、「いいにおいがしそうな絵」なのです。なんかそういう、感覚にうったえるものがあるのですね。

2011年4月16日 (土)

(新作)もうひとつの「秒速5センチメートル」

 新海誠監督の新作『星を追う子ども』が5月7日に劇場公開されますが、それに合わせるかたちで……微妙に発売日が合ってないという話もありますが、5月20日に『秒速5センチメートル』のノベライズ版を刊行します。

 概要・あらすじはこちらをご覧下さい→
 http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/hobby/10295101.html
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4047273074/kanohlogue-22

『秒速5センチメートル』については、先行して、新海誠監督ご本人による小説版が存在しています。今回の加納版ノベライズは、若干の、細部的な異同はあるものの、基本的に新海版と同じ世界を扱うつもりで書いたものです(新海監督は別の考えかも。でも少なくとも、筆者はその考えです)。
 つまり、『ほしのこえ』では2種類のノベライズと漫画版があって、それぞれ別の展開を見せていました。パラレルワールドのような関係だったわけです。
 今回は、新海監督版ノベライズに準拠しつつ、「別の側面」を描こう、というのが基本姿勢です。具体的には、原作および新海監督版ノベライズでは、第1話がタカキ視点、第2話がカナエ視点で描かれていました。加納版では、第1話をアカリ視点、第2話をタカキ視点で描いています。
 つまり、各エピソードの「もう一人の主人公」を書くことによって、向かい合わせになる形にしたわけです。第3話は一人称的な三人称です。

 そういう気持ちをこめて、タイトルは、
『秒速5センチメートル one more side』
 です。

 本来的には「アナザー」といった語句がつくのでしょうが、主題歌『One more time,One more chance』から、フレーズをお借りしました。おさまりの良い、きれいなサブタイトルだと自分では思っています。

『秒速5センチメートル』の舞台はほとんど実在の場所ですので、取材をしました。そのとき撮った写真もそのうち掲示します。

2011年4月11日 (月)

(新作)どこをとっても一切いやらしくないTonyさんの表紙絵

 おなじみエンターブレイン、ファミ通文庫から、ゲームノベライズの本を出します。
 セガのRPG『シャイニング・ハーツ』の小説化です。

 4月30日発売
『シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島』
 著者/加納新太 イラスト/Tony・碧風羽 672円(税込)

 ファミ通文庫のWebページもごらん下さい→
 http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/09yotei/09yotei.html
 http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/01menu/01menu.html

 ちなみに……私はセガのゲームに本格的に触れたのはセガサターン以降なのですが、当時ほんとにもう無茶苦茶お世話になったので(すごい勢いでゲームをやってたという意味)、セガと仕事をできているというのは、感慨深いのです。R-360ってまだどこかで遊べないのかな……。

 物語は、男の子が小さな島に流れ着くところから始まります。そこは楽園のような島で、美しい王子様とお姫様が治めていて、気のいい海賊たちがいて、怪盗や魔法使いや妖精がいて、そんな場所で男の子はパン屋の配達係の仕事につきます。そうして彼の周りにちょっとした騒ぎや事件が起こって……という、そんなお話です。

 こういう絵本みたいなお話って、大好きだ。

 さて、本の表紙を、ゲームのオリジナルイラストレーターのTonyさんが描いてくださっています。
 このシリーズは、表紙をいつもTonyさんが描いてくださるのですが、これがもう、いつも素晴らしいのです。

 今回はこうです。

Cover_08

 http://www.enterbrain.co.jp/fb/pc/09yotei/09images/cover_08.html

 いやあ、なんという、どこからどう見ても健康的な、明らかにパンがおいしそうな絵だ。

 ツイッター上で先行で紹介された際にも、「美味しそう……」の声がいっぱい上がっておりました。もちろんパンがですよ。
 大変やわらかそうでもちもちな感じなのです。パンがですよ。
 思わずいい匂いがしてきそうなのです。パンがです。

 私は色校といって、この表紙のカラーの試し刷りを持っていますが、きれいに印刷されたものを見ると、また、ますます良いのです。こう、紙のつやつやした光沢の感じがですね……(光沢?)。

 ということで、良かったらお買い求め下さい。帯なんかは、買ったらすぐに取ってしまうと良いですよ。

     *

 追記。
 以下、原作『シャイニング・ハーツ』のユーザーの方への追加情報。

 この本には、ウィンダリア島内にいる女の子のキャラクターは基本的に全員出てきます。(男性は、出てこない人がちょっといます) パートナーは3人いますし、セシリアやチェインやマリアやシーンもいます。

 特記事項としては、女海賊ミスティさんが、主人公のパートナーになるような展開があります。というか、ミスティのパートナーに主人公がなります。
 スカーレット号で海を探検するお話は、書いててたいへん楽しかったのです。そのあたり、注目してもらえると嬉しいです。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。