フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 日本にハロウィンが定着しない理由 | トップページ | 弁天堂はなぜ島・中州に建てられるのか »

2010年12月 7日 (火)

ウルトラマンより強きもの、それは

 BSで再放送されていた「帰ってきたウルトラマン」を1年かけて全部見た。現代の目で見るとさすがに厳しい部分があるわけだけれど、それでも面白かった。「11月の傑作群」は確かに名作だった。そして「エヴァンゲリオン」と「パトレイバー」のルーツであるという目で見ていって、その部分も面白い。「帰ってきたウルトラマン」と「エヴァンゲリオン」を両方見ると、庵野監督がアマチュア自主制作したのがなぜ「Q」でも「マン」でも「セブン」でもなく「帰ってきたウルトラマン」でなければならなかったのか、という点に納得がゆく。

 ところで、「帰ってきたウルトラマン」最終回に登場する怪獣はゼットンだった。ゼットンは初代ウルトラマンの最終回に登場する怪獣だ。そしてなんと、ゼットンは初代ウルトラマンを殺してしまう。ウルトラマンを倒した怪獣を創意工夫によって人間がやっつける。そして、「これからは人類自身が人類を守っていくのだ」という感じで初代ウルトラマンのお話はおわる。
 ゼットンというのはウルトラマンよりも強い最強の怪獣だ。「帰ってきたウルトラマン」でも、最終回はゼットンが現われる。物語はウルトラマンに最大のピンチを用意したわけだ。

 この「ゼットンはウルトラマンより強い最強の怪獣である」というのが、話のポイント。
 ゼットンの外見は、このような感じである。

 http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GFRE_jaJP355JP355&q=%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3&um=1&ie=UTF-8&source=og&sa=N&tab=wi&biw=1259&bih=583

 この怪獣をデザインしたのは成田亨というアーティストです。
 だいたい定説というか、公式な説明では、成田亨先生は、カミキリムシと西洋の甲冑のイメージを融合して、この怪獣を生み出したとされている。
 が、以前からぼくは、このゼットンという怪獣に、何か気に障る、違和感のようなものを感じていました。

 今回、番組を見ていて、その違和感の正体がわかったというか、「気付いた」ことがありました。

 それはこうです。

「ゼットンは女性だ」

 この怪獣はきっと雌なんだな。というか、宇宙からやってきた怪獣にオスメスがあるかどうかはわからないんだけれど、デザインとして、あきらかに「女」であることがイメージされていると思う。

 ふつう、巨大で強力であるというイメージを伝えようとする場合、ボディビルダーのような逆三角形の肉体が選ばれそうなものだ。
 けれどもゼットンは、肩まわりはすっきりと細くて、なで肩で、そのかわり、腰にまるっこくボリュームがついている。逆三角形ではなく正位置の三角形だ。
 なんというか「オカン」みたいというか、ちょいと太りじしの中年女性みたいな体型をしている。

 胸についている左右一対の発光体は、これは、乳房をイメージしたもの。

 そして、顔についている発光体は、「縦に切れている」。これはもう、はっきり言わなくてもおわかりでしょう。キャラクターを表わす最大の要素である顔が、あれなんだ。

 ウィキペディアのゼットンの項によると、「デザイナーの成田亨は最強の怪獣という注文を受けた」という記述がある。
 想像になるが、成田亨はデザインの発注を受ける際、
「この怪獣はウルトラマンを倒してしまうんだ。だからその強さに見合ったデザインが欲しい。最強の怪獣を作って欲しいんだ」
 といった説明を受けたんじゃないだろうか。シナリオを手渡されて読んだかもしれない。

 ウルトラマンを倒す、ウルトラマンより強い最強の怪獣……。

 そこで、成田亨はこんなことを考えたのではないかと想像する。

 ウルトラ「マン」という究極の男性性をしのぐ強さとは、「女性性」である。

 だから、女性をモチーフにした外見をデザインする。しかし、「ゼットンは女なんですよ」ということをおおやけにすると、少年たちが見ているヒーロー番組としてはいささかさしさわりがある。さらにいうと、いったん気付いてしまうとあまりにもあからさまに何かを語ってしまういくつかのパーツが問題になりそうだ。
 そこで、女性をイメージしたということは伏せられる。「カミキリムシ」「西洋甲冑」という、あたりのいい説明だけがなされる。

 ということに気付き、これはいろんな人がすでに指摘しているのではないかと思ったので、ネットで検索してみたのだが、このことを論じている人はいなかった。
 が、これに今まで誰も気づかなかったわけはない。怪獣ファンの皆さんは、おそらく一様に、「このことはウルトラマンを楽しむにあたってノイズになりかねないから、あまり大声で語らないようにしよう」という判断をなさっているような気がする。怪獣映画というのは、ちょっとした無粋によってこわれてしまうのを、みんなでそっと守り続けていくような、そういう手触りのジャンルであるように外からは見えるのである。

 余談。ラジオパーソナリティーの鷲崎健さんが、「子供のころ、ゼットンの怪獣消しゴムを持っていた。胸のところにピンクのペンで点を描いたらめちゃめちゃ興奮した」というエピソードを語っていたのを今思い出した。その感覚は理解できるし、正しい。

« 日本にハロウィンが定着しない理由 | トップページ | 弁天堂はなぜ島・中州に建てられるのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189836/50238484

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンより強きもの、それは:

« 日本にハロウィンが定着しない理由 | トップページ | 弁天堂はなぜ島・中州に建てられるのか »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。