フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

サッポロ一番のつくりかた(鷲崎健式)

 ミュージシャンでラジオパーソナリティーの鷲崎健さんがやっている「超ラジ」というネットラジオを、毎週楽しみに聞いている。なにをかくそうメールが読まれてペラッペラの超ラジステッカーを貰ったこともあるぜ。

 この人は、家で手軽に作れるうまいものをよく知ってる人で、こないだは
「サッポロ一番・塩のうまい食べ方」
 という話をしていて、それがとてもおもしろく、うまそうであった。

 なのでついうっかりテープ起こししました。

●鷲崎流・サッポロ一番・塩

 普通にフライパンで……豚肉、豚でいいですわ、豚コマ。
 で、ヤサイ、適当に好きな野菜ですね、もやしとかキャベツとか。何でもいい。タマネギとかにんじんとか何でもいい。
 炒めます炒めます炒めます。
 炒めて、えーっと、こう水を、じゃあああっと入れちゃいます、と。
 ぐつぐつぐつぐつなったところで、そのサッポロ一番の乾麺を入れます、と。
 でー、どんぶりのほうにスープ(粉末)は入れといて……ちょっとうすくなるとやだから。どんぶりのほうにスープは入れといて、上からこう(炒め煮にしたものをどんぶりに)かけます。
 で、ちょっとあまったやつで(少し煮汁をフライパンに残しておいて)、たまごを、っちょいゆるかたくらいで煮た奴を、上からかけて、食べますね。
 そうすると、野菜とか豚肉の、エキスみたいなものもスープの中に出るので、炒めたものを上にのっけるよりも、野菜の味みたいなものが。
 ただ、野菜のシャキシャキ感がどうしてもほしいというかたは、あれですよ。でもそんなにね、超煮込むわけじゃないからシャキシャキ感も、タマネギとかキャベツのシャキシャキ感は残ってますよね。
 これ、ぼくふつうにこれがいちばんおいしいと思ってるんですけれども。

 もやしとキャベツと豚肉で作ってみたよ。
 なるほど、うまい。
 野菜のだしで溶くサッポロ一番・塩のスープは、意外にしっかりしていて、いいですね。日曜日の昼ご飯のような、ノスタルジックなあじ。

 ぼくはラーメンの野菜はくたっとしているのが好きなので、わりと長時間野菜を煮込んだところ、水分がとんで、ちょっとからめのラーメンになりました。そのへんは研究のしどころだ。
 炒めずに、最初からお湯で煮込むようなかたちにしても良いのかもしれないですね。

 たまに食べるインスタントラーメンっておいしいよなあ、というお話。

2010年8月 1日 (日)

【腕時計】キネティックが止まらない(止まるけど)

 またしょうこりもなくネットオークションで腕時計を買っちまったですよ。こんどはセイコーのキネティックだ。製造番号をみると、どうやら1998年につくられたものらしい。シリーズネームとかの詳細はよくわからない。

P1040072

 キネティックというのは、セイコーが開発した独特な機械で、錘が入っていてグルグル回転するという点では自動巻に近いのだが、錘でゼンマイを巻くのではなく、超小型発電機に動力を通して発電をおこなう。その電気をコンデンサにためて、それでクォーツを振動させて針を動かす。ようするに電池のかわりにちっさい発電所が一個入っていると思えばそれほど間違いではない。
 クォーツ時計を実用化したセイコーらしい機械だ、というか、クォーツ時計がエコノミーになりすぎてセイコー自身の首を絞めまくっている状況を打破する方法論としては、ものすごく直球なアイデアである。ようするに機械式時計と同じくらいメカっぽくて高価にできるクォーツ時計、という要求に対するひとつの解であるわけだ。

 とうぜんのことながら、こんな時計をつくっているのはセイコー社だけである。というか、この機構の開発に注力したがために、セイコーはソーラー電波時計の技術でシチズンにずいぶん遅れをとってしまったという噂だ。ごぞんじのとおり、現代の実用時計の主流は完全にソーラー電波。ああ、ものすごい技術を持った不器用な会社。

 そういう器用不器用なところが好きな人が多いらしくて、キネティックの時計はネットオークションでもわりあい高値で取引されている。
 が、この時計はとても安く手に入った。というのは出品していた古物ショップがキネティック時計を知らなかったらしい。「シリーズ不明のセイコー自動巻」時計として売りに出されていたので、バイヤーの目につかなかったようだ。もし出品タイトルに「セイコー・キネティック」と書かれていたら、たった2500円では買えなかったにちがいない。

 でもこの時計を競り落とそうと思ったのは、キネティックだからではなくて、デザインがロレックス・エクスプローラー1にちょっと似ていたから。ぼくはエクスプローラー1のデザインは全腕時計の中でもう最強だと思う。キムタクさんが惚れ込むのもむべなるかなである。
 そういう人は多いらしくて、セイコー、シチズンあたりはわりとちょいちょい、「エクスプローラー・インスパイア系」といった感じのデザインの時計を出してくる。

 今回買ったのは、そんな「エクスプローラー系」の中でも、アラビア数字の感じが特に近くて、できが良い。写真を見ただけで、「あ、これ欲しい」と思ってしまった。というかこれがあったらもう本物はいらないや。

 この3~4ヶ月で、ネット経由で腕時計をあわせて10本も買ってしまったのだが(うち2本はジャンク品)、それでも総額にすると2万5千円くらい。2万5千円の腕時計を1本買うよりも、遊びとしてずいぶん面白いと思うんだけど、どうでしょう?

(でも、それはそうとして、今度こそメンテフリーで狂わないシチズンのソーラー電波時計を新品で買おうと思っていたりして……↓)

K3200021

« 2010年7月 | トップページ | 2010年10月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。