フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月21日 (金)

らっきょう日和

 うなぎ屋さんでうなぎが焼けるまでのあいだ、酒を飲んで待っていたのだが、そのとき突き出しとして出てきたラッキョウがたいへんうまかった。自分のところで漬けたのでなければ、よほどしっかりした漬物屋から仕入れていると思われる。

 それで「ラッキョウというのはこんなにもうまいものだったか」と気づいたわけで、こういう気づきはたまにある。自分の場合、最近では「かっぱ巻き」のうまさに開眼している。わさびがきいて、ごまが入ったかっぱ巻きには魔力が宿ります。さすがにきゅうりだけでは味気ないよね。わさび、そしてごま。これが入ると急に別次元の食べ物になる。

 ラッキョウの話にもどると、自分のところでラッキョウを漬けておけば、1年中酒のアテに困らなくなる。うちには梅酒用の広口びんが売るほどあるから、ラッキョウを買ってくるだけですぐできる。
 そういうわけで、まずは2キロ買ってきました。

 芽とヒゲ根を切って、薄皮を剥く。これは時間がかかりそうだから、まな板を仕事場のデスクに持ってきて、テレビを見ながらやる。
『檀流クッキング』では、芽もヒゲ根も取らずに、洗うだけでいきなり塩漬けにすることになっているのだが、それはさすがに豪快すぎるだろうと思うので、下ごしらえはこのタイミングでする。

 が、『檀流クッキング』がそういう方法を教えている理由がすぐにわかった。
 作業がめんどうくさすぎて途中でめげてくるのね。
 2キロぶんの作業をするのに、2時間ほどかかる。

『檀流』では、とにもかくにも塩で漬けてしまって、根っこをとったり、薄皮をむいたりするのは、その後、甘酢につけるときだ。それも、一度に全部甘酢につけてしまうのではなくて、少しずつ取り出して、甘酢漬けにしたり、べっこう漬けにしたり、梅酢漬けにしたり、その時々で変えたまえと教えている。そうやって少しずつ取り出し、少しずつ薄皮剥きをするのなら苦痛ではないだろう。なるほど。

 ただ、それに気づいたからといって、途中で剥くのをやめるわけにはいかないので、頑張って2キロ剥きました。
 剥いたらあとは、塩をまぶしてガラス瓶に詰めて、重しをするだけだ。水が上がったら塩ラッキョウの完成。好みで塩を抜いて、甘酢ラッキョウやべっこう漬けラッキョウにする。

 塩加減は、『檀流クッキング』では4キロに対して600グラム。2キロなら300グラムということになるが、これは絶対失敗しないようにわざと塩をきつくしてある分量。300グラムの塩を投入というのはかなり勇気のいることなので、200グラムで勘弁してもらうことにした。根と芽と皮をとっているぶん目減りしているからちょうど良いかもしれない。

P1040071

 高いところに置いておくと、つかり具合を随時たしかめられるので楽しい。

2010年5月18日 (火)

大きく腕を振って歩け・その3(年代物の話)

 もう一本欲しくなったので、もう一本買ってしまったよ。しかも今度はほとんどアンティークだ。

 自分で時計を買って、自分で身につけてみると、それだけで「自分はどんなデザインの時計が好きなのか」がわかってくる。ようするに、今持っている時計の「ここが好きだけどここは感心しない」が洗い出されてくるのね。

 たとえば……
・ケースは銀色がいい。メッキや鍍金が摩耗して地金が出てくるのを好まない。金なら真鍮などの渋金で、メッキではないもの。
・三針デイト付きであること。ようするに秒針があって、カレンダー付きがよい。その他の機能は必要ない。
・回転ベゼルがついているものは不可。
・クロノグラフには興味がない。
・文字盤はシルバーで放射状の光沢があるものか、黒がよい。
・インデックス(干支)は棒形で植字のもの。数字が入る場合はアラビア数字が部分的に入ること(1から12まで全部入っていてはいけない)。
・夜光のないもの。または、あってもひかえめであるほどよい。
・ベルトはブレスでも、皮でもよい。布やウレタンは不可。

 書き出してみるとどうもおそろしく保守的ですね。そしてどうやら、「父親がしていた時計」のイメージが基準になっているらしい。「文字盤はシルバーで放射状の光沢があるもの」あたりは、まさにそれである。
 そんなことを考えているうちに、その「放射シルバーダイヤル」の腕時計が欲しくなってきたのですね。

 欲しくなってきた理由のひとつに、「比較的ちゃんとした黒皮ベルトの腕時計が必要」という事情もあった。冠婚葬祭など、フォーマルな場所ではブレスじゃなくて革ベルトの時計が正しい。黒の革靴には黒ベルトの時計、茶色の靴には茶ベルトの時計を合わせるんだけど、僕は茶の革靴が嫌いで持ってないから黒だけでよい。ところがふと気づいたのですが、いま自分は黒ベルトの時計をアベニューしか持っていないのです。公の場に学生時計というのもいかがなものか。
 銀ダイヤルの時計に黒ベルトというのは、じつに合いそうだ。何しろグランドセイコー(セイコーの高級ブランド)だって、その組み合わせを定番ラインナップにしている。まあそんなふうに、自分で自分を説得したわけです。

 当初は、セイコースピリットかシチズンアテッサを買うつもりでいたのだが、うっかりオークションに迷い込んだのがいけなかった。ふらっと入札ボタンを押してしまうじゃないか。ネットオークションって、これ恐ろしいシステムですよね。悪魔が潜んでる。

 買ったのはこれ。

P1040066

 SEIKO Sportsmatic5 Deluxe。

 ネットで調べてみたところ、1964~1965年ごろの製品というから、45年前の時計ということになりますね。ちょうど東京オリンピックのころだ。セイコーがクオーツ時計を実用化してスイスウォッチを壊滅させちゃうのが1969年だから、まだクォーツ腕時計がこの世に存在しなかった時代の自動巻腕時計ということになる。

 当時の値段は、だいたい大卒初任給の半分くらいだったと聞きます。これは、当時の感覚としては、かなり驚異的に安いらしい。というのは、そのころ腕時計というのは、給料何ヶ月ぶんもためてようやく買えるもので、実用品というよりは相続される財産だった。誰もが腕時計を持てたわけじゃなくて、腕時計をはめるというのはそれ自体がステータス、セレブの証だったそうです。
 そこに、「ボーナスの一部で買える腕時計」をぼーんと出してきたのが精工舎で、どうやら「若者も年配も区別なく、大人全員が腕時計をするという常識を作ろう」(それによってパイを広げよう)というもくろみを彼らは本気でやったらしい。そしてそれは成功した。凄いね。クォーツショック以前に、意図的なパラダイムシフトを発生させようとして、ちゃんと発生させているわけだ。
 ちょうどそのころの時計です。年代から考えて、『サザエさん』(連載漫画のほうだ)のマスオや波平は、このくらいのグレードの時計を使っていたのではないかな。


 ちなみに、すごく安かったです。そこは良かったね。だいたい、タダで貰って自分でオーバーホール代を払ったくらいの値段でした。ものすごく売れた機種なので、市場にタマ数があり、つまり希少性が低いので買いやすい値段で出るらしい。
 出品時にすでにオーバーホール済みとのこと。ほんとかなと思ったけど、日差を図ってみたら+27秒だったので、整備されているっぽい。立派な精度です。外見もきれいだ。

 ブレスレットは正規品ではなく、きっと600円くらいで売っている安物だけれど、それはしょうがない。バックルの穴を移動させたらぴったりのサイズになったので、しばらくこのまま使う予定。コインエッジが風防の内側に入っているところが気に入っている。


 前にもどこかで書いたけど、僕は「知らない人がどこかで使っていた品物」がちょっと好きだ。ドラマを感ずる。要するに物語が好きなんだね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。