フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月24日 (土)

大きく腕を振って歩け・その2(自動巻の話)

 携帯電話を持っているわけで、時刻の確認はそれで事足りていた。何しろパケット通信をするたびに、自動で時刻が調整されるのだから、その正確さたるや電波時計以上である。

 じつをいうと、腕時計というものの実用性にはかなり懐疑的だ。片方の腕にだけ余計な重量がかかっている、という状況が解せない。もう片方の腕に同重量のウェイトが巻かれるべきではないか? それは各時計ごとに同重量のものがオフィシャルに用意されるべきでは? 夏場に腕周りがぬるぬるするのも大いに疑問だ。やれソーラーだ、スプリングドライブだ、キネティックだエコドライブだと技術をほこるのもいいが、そういう素材的進歩ってなぜないのか。無理なのか。

 そういう斜に構えたような態度をとっていたわけだが、最近たてつづけに「腕時計しないの?」と何人かの人に聞かれて、大人なんだからそろそろ腕時計を日常的にはめる習慣をつけてもいいかなと思うようになった。このへん、わりと無節操です。

 前後して、「腕時計ビギナーはSEIKO5から入れ」みたいなことをネットでたてつづけに目にした。セイコーファイブ。高度成長期にサラリーマンの定番時計だったシリーズらしい。
 自動巻機械式。今は海外向け商品になっている。
 何でも、時計技士があまりいなかったり、クォーツ時計用電池がなかなか流通していないような国では、自動巻の時計はメンテナンスフリー・ウォッチとして需要があるらしい。
 それが逆輸入で日本に入ってきていて、5000円~7000円くらいで買える。

 え? 機械式時計ってそんなに安く買えるの?

 そのあたりでがぜん興味が出てきた。自動巻の時計って、ちょっと持ってみたかったのだ。
 自動巻の時計って大人が持つもの、という幼少時からの謎の刷り込みがあるのである。そのうえ、自動巻時計なんてスイス・ウォッチかグランドセイコーみたいな一種の装飾工芸品なんでしょ? みたいな思いこみがあったので、基本的には縁がないもの、という認識だったのだ。そんな何千円かで買えるものだったのか。

「日常的に身につけていないと、止まる」
 という点も、腕時計を身につける習慣を持とう、というテーマにぴったりである。

P1040056

 通販で買ってみた。セイコーファイブ7000円。何年か前までは5000円で買えたみたいだけど、今はちょっと値上がりしているらしい。

 これ、一万円札でおつりがくる時計にしては、わりと良いぞ。
 同キャリバーでいろいろなデザインがあるが、当たりを引いたらしい。黒ダイヤルのトラッドなもの。オイスターデイトふうというか、エクスプローラー1のケースにシーマスターを入れたみたいというか、グランドセイコーを全体的にあまくしたみたいというか。

P1040057

 シースルーバックになっていて、中の機械が見える。自動巻ってどんな構造になってんの? というのは長年疑問だったんだけど、見たら一発でわかった。半月形のパーツが日常生活のなかでくるくる動いて、それでねじが巻かれるのですね。よーく聞くと、ローターが動くとき、ある地点で「ちりちり」というぜんまいが巻かれる音がする。

 耳を近づけると、「チチチチチチ」という細かい作動音。クオーツ時計のような「チッ…チッ…」という音ではない。映画に出てくる時限爆弾のタイマーみたいな焦燥感のある音です。ということは、「チチチチチ」というSEを使ってる時限爆弾ドラマは機械式の時計を使っているわけだ。正確性や取り回しからいって、爆弾魔がクオーツ時計を使わない理由はないから、「チチチチチ」系の音がするフィクションの時限爆弾はあまりリアルではないということになる。

 ブレスのコマ詰めは新宿マルイ・アネックスの時計屋に持っていったら525円でしてくれた。安い。

 重さがわりあいずっしりくるので、これを分銅がわりにして、大きく手を振って歩くと自然に姿勢が良くなって気持ちが良い。2~3日に1分くらいずれるけれども、「時計を合わせるくせ」がつくので、かえって安心感がある。クオーツ時計は「狂わないもの」とみなしてしまうので、一度何かの理由で大幅に狂ってしまったのに気づかず大変なことになった経験がある。

 それに、腕時計なんて、実はてきとうな時間をさしていたって、あまり困らないのだよね。
 だって、正確な時間を知りたいのなら、携帯を見ればいいんだから。

●twitter http://twitter.com/KANOH_Arata

2010年4月23日 (金)

大きく腕を振って歩け・その1(時計の話)

 オークションでたてつづけに古い時計を2本購入した。セイコー・アベニュー。だいたい20年くらい前に発売された学生向けの腕時計である。落札価格は1000円と3200円。

 なぜそんな古いものを、というと、これは単純にパーツ確保のためである。むかし、祖母に買って貰った時計がこのセイコー・アベニューで、今となっては形見になってしまった。もし壊れた場合、さすがにメーカーに部品はないだろう。そこで、同じキャリバーの時計をいくつか買っておき、いざというときにパーツ取りに使おうという算段である。ネットワーク社会万歳。インターネットがなかったら、古物市なんかをあさって一生に1本か2本ようやくめぐりあうような確率ではなかったか。

 そもそものきっかけは、その自前のセイコー・アベニューのリューズを紛失してしまったことであった。

 オーバーホールもかねて修理に出したら、正規品ではなく代替品のリューズがついて戻ってきた。まあ当然の話ではある。リューズが正規のものではないので、防水性能も失われているとのこと。

 それが少し残念だったので、同じキャリバーの時計を探して、つまり正規のリューズをどこかから探し出してやろうと思ったわけである。

 そんなわけで手に入れた同等品だが、触ってみるとリューズがゆるかった。くるっくる回る。そう、思い出したが、このモデルは若干リューズがやわくて、そのせいで紛失したのだった。
 比べてみると、時計屋がつけてきた代替品リューズは、きつめに本体についていて、ちょっとやそっとでは取れない頼もしさがあった。これひょっとして、そのままにしといたほうが性能的にも確かかもしれない。
 そんなわけで、買ったはいいが部品は取り替えないことにした。

P1040058_2

 左が自前のもの。お宝。中央と右が新たに購入したもの。80年代末から90年ごろにかけてヒットした時計。チェッカーズ、少年隊、男闘呼組、ショーン・レノンなんかがTVCMに出ていました。私のはショーン・レノン・モデル。

●twitter http://twitter.com/KANOH_Arata

2010年4月16日 (金)

バベルの塔と超能力者たち

 バビル二世の話ではありません。バビル二世は大好きだけど。

 ピーテル・ブリューゲルの「バベルの塔」という有名な絵がありますね。ドリルみたいな形をした寸胴ぎみの塔が描かれている。
 この絵を図柄とした1000ピースのジグソーパズルを、2人の超能力者が、15分か20分くらいであっという間に組み上げてしまうという短編を書いた。早碁みたいな勢いで、ピースの図柄を確かめもせず、角も探さず真ん中から作っていってしまうわけだ。たいへんな曲芸ですが、なにしろ超能力者のやることだからしかたがない。

 先日、ダイソーで買い物をしていたところ、パーティーグッズ売り場に、まさにこの絵のジグソーパズルが売られていた。B5サイズで130ピース。もちろん105円。

 ジグソーパズルに触れたのは、たぶん15年ぶりぐらいだ。どういう遊びだったか、感覚を忘れている。ちょっと思い出してみようと思って、たわむれにこれを買い求めた。こういう共時性を、なぜか大事にしてしまう。

P1040048

 いちおう所要時間をはかってみたところ、外枠を完成させるのに20分。中身を埋めるのに1時間。だいたい1時間20分かかったわけだ。130ピースでこれだから、1000ピース20分というのはたしかに超人のなせるわざである。

P1040049

 ブリューゲルのバベルの塔といえば、「ジグソーパズルの画題」というイメージが(自分の中では)強い。パズルの絵柄として非常に好まれているように感じる。どうしてだろうと思っていたが、作ってみてわかった。絵柄がはっきりしていて作りやすいのね。ダイソーにはミレーの落ち穂拾いのジグソーも売っていたが、あれなんかは画面のほとんどが空と畑だから、作ったら相当いらいらするはずだ。
 もうひとつ、ジグソーパズルを地道にこつこつと組んでいくという行為は、レンガを積んで塔を建設するのと相似形だといえますね。ピースを探してはめこんでゆくとき、我々は絵の中で仮想的に塔を建設しているのです。

P1040051

 同じくダイソーで買った額縁に入れました。あわせて210円。それでこれだけ遊べるのだから、じつに安い。

 ジグソーパズルには糊がついてきて、これで隙間を固定して散乱しないようにせよ、ということになっているが、皆さん糊は塗りますか? ぼくは塗りません。ジグソーパズルの魅力は、「元はばらばらだった」「いつでもまたばらばらに戻せる」という、一種倒錯したところにあるのであって、固定してしまったら、「単に変な模様の入った絵」になってしまう。
 断片の集合体であり、好めばまた断片に戻せる。その可能性のもてあそびがジグソーの魅力だと思うわけです。プラモデルにも似たことが言えますね。以前はたくさんプラモデルを作っていたが、「作ってしまったら、あとは単なる模型」であることがつまらなく思えるようになり、やめてしまった。あれどうして不可逆なのだろう。「いつでも、ばらばらに戻せるプラモデル」が発売されたら、買って作ったりばらしたりしたいと思うけれど。

 さて、そんなウェブ小説「アクエリアンエイジ・フラグメンツ」は、カードゲーム「アクエリアンエイジ」公式ホームページにて連載しております。よかったら読んでみて下さい。以下のURLから飛べます。
 http://www.aquarian-age.org/

☆Twitterはじめました。ご感想はこちらでも受け付けています。http://twitter.com/KANOH_Arata

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。