フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

麻婆豆腐探偵現わる

 だいたい、辛いものは好き。麻婆豆腐は中華街に食べにいってしまうくらい好き。でも自分では、インスタントのマーボーしかつくったことなかった。はじめてやってみたけど、えらい簡単だった。これはローテーションに加えよう。やすいときに挽肉を買って冷凍しておいて、あとはネギと豆腐だけ買ってくればいいんだから話が早い。

P1030853

 ニンニクとショウガ、みじん切り。ネギ、みじん切り。豆腐、さいのめ切り。
 ひき肉、解凍。赤だし味噌、味噌汁に入れるくらいの分量。都内に住んでいると、ときどき赤だしの味噌汁をやけに飲みたくなる(普通出てこないから)。

P1030854

 ニンニクショウガ炒める。肉入れて炒める。豆板醤と味噌入れて炒める。酒と水でのばす。豆腐とネギ入れる。5~6分煮込む。ごま油で香り付け。最後に山椒をたっぷり入れる。完成。なんと簡単。

P1030855

 これを作っている途中、
「フィリップ・マーボー」
 という駄洒落が思いついて、さて世の中の何人が同じネタを口走っているだろうかと検索してみたらひとつもヒットしなかった。なんということだ。中華探偵フィリップマーボー。辛くなければ生きていけない。

2009年11月29日 (日)

Windows7を入れた話

 デスクトップPCが壊れたので、新しいPCを買った。ちなみに壊れたのがDELLで、新しく買ったのもDELLだ。DELLが好きなわけではないが、やすいのでしかたなくこれになってしまう。
 ちょうど、壊れたのがWindows7の発売直前だったから、VISTAマシンの投げ売りを買えたのはよかった。7へのアップグレードディスクがあとで送られてくる仕様のやつ。このタイミングでPCが壊れなかったら、あとあとでかなり割高なPCを買うはめになっていたかもしれない。

 そのアップグレードディスクがきのう届いたので、Windows7を上書きインストールしてみた。環境を2回作るのが面倒でいやだったので、VISTAのPCを1ヶ月間ほど、ほとんど使わずにいたのです。
 これでやっと使える。

 と思ったのだが、その環境構築にまる二日かかった……。

 ソフトのインストールなんかはすぐなんだけども、古いPCからデータを吸い出して、コピーする、その作業がとても手間だった。数時間、ずっとコピーしっぱなしだ。そのコピーも、漠然とばんばん複写すればいいというわけではもちろんないわけで、場所をつくったりいちおうの分類をしたりするわけで、それがなかなか、しんどい。

 メールのインポートひとつとっても、やりかた調べる→やってみる→所定の場所にあるべきパーツがない→探す→探す→探す→あきらめる→やっぱ探す→あきらめる→ふと思いついて探る→あった、みたいな行程を経るので、精神にくる。
 これはあれですね、思い出したいことがあって、すぐ喉元まで出かかっているのに、どうしても思い出せなくて「あーうーあーうー、えーっと、あれだってばあれ!」みたいになってしまう、アレに感覚としてすごく近い。PCって外部化された自分の脳だから、「みたい」どころかほとんどそれそのものかもしれぬ。

 以下、雑感。

●エアロシェイクは良い

 ウインドウをつかんで振ると、ほかのウィンドウが消えてくれたりするシェイク機能はおもしろいし便利。ウィンドウを左右の端にもっていくと、自動的に画面縦半分のサイズになってくれる機能が、特に良い。
 ウィンドウズ、ここにきてやけに感覚的なユーザインターフェイスを導入してきてますね。Macが感覚的だといわれてきてひさしいわけだけれども、最近の比較だと、どうなんだろう。

●Windows Live メールが想像以上に使える

 公正取引うんちゃらの影響だかなんだか知らないが、7にはメールソフトが付属していない。
 この機会に、いろいろ試そうと思ってThunderbard2を入れようとしたら、「7未対応」だそうなので、しかたなく代わり映えのないWindows Live メールを入れた。
 ……ら、これが大変良かった。
 いくつかポイントがある。
 まず、ワイドモニタ仕様のレイアウトになっている。左、中央、右、という分かれかたになっている(従来は左、上、下でしたね)。これが使いやすい。
 起動は遅いのだが、それ以降はむちゃくちゃ速い。とくに検索が速い。PCの性能にもよるのかもしれないが、この早さはちょっと異次元ぽいと思った。待ち時間ゼロという勢い。
 自分は試していないが、Gmailとの連動はThunderbard2より簡単らしいとも聞く(アドレスとパスワードを入れるだけ)。

 余談だけれどもGmailって重すぎると思いませんか。今使っている最新のPCでもわりと重いです。古いPCでは、ほとんど利用不能のレベルの重さだ。インターフェイスも優れているとは思えない。どうしてこのサービスがスタンダード化したのか正直さっぱりわからない。メールデータのネットストレージだと割り切って使っています。

●バックアップ環境を整える

 外付けHDDを設置して重要データのバックアップに努める話。数年前にも同じテーマでいろいろ試行錯誤したんだけれども、せっかく買った外付けHDDが数回にわたって盛大にクラッシュしてあきらめた経緯がある。
 今回のHDDは、ヨドバシのバーゲンで9000円くらいで売っていたアイオーの1T。安売りだけにモノが心配だが、値段には変えられぬ。
 システムのバックアップはWin7標準のバックアップ機能でスケジュール化する。同じ機能でデータもバックアップできるのだけど、そのかわり1個のバックアップファイルとしてまとまってしまうらしいので(データは個別に取り出したいから)、フリーソフトのBunBackupというのを導入した。有名なソフトらしい。
 時間をきめて、フォルダを別の場所にまるごと複写したり、ミラーリングしたりしてくれる。差分だけコピーしてくれるところが良い。

●iPodダメかもしれない

 新しいPCにitunesを入れて、前のPCとまったく同じ音楽環境をととのえて、iPodをつないだら、なぜかファイルコピーが途中で止まる罠。HDDに障害が起こっているのかもしれぬ。正直このiPodもうダメかもしれない。やばい。

ベーコン蒸し焼き肉じゃが

 写真データを整理していたら出てきた、ちょっと前の料理たちシリーズ。
 これは確か、ベーコンの可能性をさぐっていたときに作ったやつ。
 土井善晴流の肉じゃがをアレンジしたもの。

 まずじゃがいもをよく炒める。だいたい、表面に透明感がでるまで。
 このとき、ベーコンの一部(少量)を一緒に炒めることで、肉の風味をじゃがいもにかるくしみこませておく。

P1030780

 じゃがいもの上に、ベーコンをモサっとかぶせる。ベーコンのうまみと油が、じゃがいもに流れこむような感じに。

P1030781

 酒をまわしかけて、砂糖をワサッとのせる。たぶんじゃがいも100グラムに対して砂糖大さじ1くらいだと思う。酒はそれよりちょっと多めくらい?

P1030782

 ぴっちりとしたフタをして中弱火で10~15分。
 具材の水分で蒸されてこんな感じになる↓

P1030785

 醤油をまわしかける。こういう甘辛系の煮物料理は、だいたい醤油:砂糖=1:1と相場がきまっております。

 さらにフタをして10~15分するとこんな感じに↓

P1030786

 シンプルに。タマネギくらい入れても良かったな。

P1030787

2009年11月27日 (金)

たこ焼きを焼く(バー上海人形スタイル)

 写真データを整理していたら出てきた、ちょっと前の料理たちシリーズ。
 たこ焼き。

 激安たこ焼きプレートがダイソーに売っていたので、買ってきて洗って焼いて油をまわして、使用可能状態にしてみた。

P1030836

 たこ焼きの具は、オーソドックスに、タコにネギに紅ショウガに揚げ玉。生地はバー上海人形マスターに教えて貰った配分。これはもちろん秘密であります。誰にも教えられない。

 生地を流し込み、具をうめこむ。こんな感じになる。

P1030837

 最初の1回はさすがに失敗したけれど、2回目からはほぼ問題なく、たこ焼きと呼べるものができた。これも、たこ焼き作りの過程をお店でジーッと観察していたおかげだ。

P1030838

 あのクルッと一回転させるワザがおまえにできるのか、と疑問に思う人がいるかもしれないけれど、あれはプロが短時間に処理するためのワザであって、しろうとはできなくてもよいのです。要はひっくり返せればよいので、竹串をさしこんで、くっついたところを剥がして、ゆっくり慎重に持ち上げて返せばよい。お好み焼きを返すよりはよっぽど簡単。
 ポイントは、油を多めにつかって、よーくプレートになじませておくことと、プレートがじゅうぶんに熱くなってから生地を流し込むこと。

 ガス台に設置するタイプのたこ焼きプレートは、火のあたりかたが全穴同じではないので、ときどき位置を入れ替えてやって、火の通りを均一にしてあげるのがこつ。

 これは、さすがに、尋常じゃなくうまい。生地を大量に作って、なんと、3日間ほど、たこ焼きだけを食べる生活をしました。それでもあきなかった。

2009年11月26日 (木)

イチから調べてうどん打ち

 写真データを整理していたら出てきた、ちょっと前の料理たちシリーズ。
 うどん。
 たわむれに打ってみた。

 うどんの打ち方なんて知らないので、とりあえずネットで検索して、いろいろなレシピをさぐってみた。するとおおむね、

 粉:水:塩=100:50:5

 であることがわかったので、そのように配分して、混ぜてみた。

P1030824

 すごくモソモソするんだけれども、これはこういうもので、良いらしい。
 手でばんばん打ち付け、ビニールに入れて、踏む(写真省略)。

 その後、1~3時間ほどねかせる。
 この「ねかせ」って、発酵させているものだと今まですっかり思いこんでいたけれど、調べてみるとそういうことではなくて、「粉の粒子のなかに、水が均等にしみこむまで時間をおく」ということであるらしい。
 なので、「電子レンジに十数秒かける」という裏技で、ねかせ行程を省略できたりもするらしい。
 で、電子レンジにかけてみた。

P1030825

 びっくりするくらいつるっつるになった。

 台の上に打ち粉をして、麺棒でのばす。

P1030826

 アコーデオン状にビロビロたたむ。

P1030827

 端から切り、切ったそばからほぐして、切り口に粉をまぶす。そうしないとすぐくっついちゃう。

P1030829

 キッチンのステンレス台の上で直接麺を打つのに抵抗があったので、とりあえず新聞紙をしいてその上で打ったり切ったりしていたら、うどんがほんのり灰色になってしまったワナ。

P1030834

 うどんつゆは、醤油:みりん:水=1:1:4の液体をつくって、にぼしをひとつかみ煮立てたら完成。

 感想。コシが強すぎて固かったけど、まあまあ、おいしい。固いのはたぶん強力粉を使ったせいで、だいたいどこのレシピも中力粉を使っている。たぶん、薄力粉でもぜんぜん作れると思う。そのくらいのほうがやわらかくて食べやすいのができるような気がする。

 余談。

P1030833

 ちょっと生地を残しておいて、団子をつくってのばして、ギョーザの皮。ギョーザの皮は自分でつくるとやっぱりおいしい。こっちは、当たり。

●さらに追記。

 その後、テレビで讃岐の「中野うどん学校」のうどんレシピが紹介されていたのでメモ。

 冬レシピ●中力粉250gに対し、水115cc・塩7g。
 春秋レシピ●中力粉250gに対し、水110cc・塩10g。
 夏レシピ●中力粉250gに対し、水105cc・塩13g。

2009年11月25日 (水)

さんまの辛煮・牛皿

 土井先生のおかずのクッキングから二題。

 
●さんまの辛煮
 さんまを酢と醤油でからく煮付けたもの。冷蔵庫で1週間くらいもつので、常菜むき。骨までやわらかく食べられる。

 さんま4尾を、わたも抜かずに筒切りにし、たーっぷりのショウガ(まるまる1個くらい?)を千切りにしたのと一緒に鍋に入れ、酢と水を一対一にしたものをかぶるより多めの量、注ぎ入れる。落としぶたをして弱火で小一時間煮詰める。
 煮汁がなくなったら、こんどは、酒:水=4:1くらいの配分で、これもかぶるより多く注ぎ入れ、同じように弱火で小一時間煮詰める。

 さましてから食べる。酒のつまみにしたらこれは堪らぬ。

P1030845

●牛皿
 ようは牛丼なんだけれども、米を食べるとてきめんに太る太る星人なので、お皿に盛って、牛皿。

P1030846

 二番だしをとって、具を切って煮て、ふっとうしたら砂糖と醤油で味をつけて、10分くらい煮込むだけ。ちょう簡単。

P1030847

 秋なのでさりげなく舞茸入り。

P1030849

« 2009年4月 | トップページ | 2009年12月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。