フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年7月

2008年7月12日 (土)

テンキーレス買ってきた

 前回話題にしたマジェスタッチ・テンキーレス。秋葉原にて買ってきました。発売日を心待ちにしてキーボードを買うのは初めてです。奇妙なフィーリングだ。
 こちら↓

P1030056

 上の黒いのが新しく買ってきたもの。下の白いやつはふだん使いにしているリアルフォースというキーボード。
 白いのが入っているキーボードトレーは、これもついでに秋葉原で購入してきた、クランプ式の後付けのもの。3980円だったかで、大変安かった。値段のわりに便利です。

 FILCOの茶軸キーボードは、しばらく触っていなかったのだが、久しぶりに打ってみると、うむ、いいな。
 カシュッと沈んで、コツンと当たる。
 沈み込む「カシュッ」の乾いた感じが、ちょっとペンで字を書くときの感触に似ている。
 そして「コツン」のときに、指先を通じて頭のてっぺんのところを、こつんと刺激されたような感じがする。

 けっこう久しぶりに、「タイピング・ハイ」状態になってしまった。タイピング・ハイというのは、キーボードをカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャカチャ高速に打ち続けているのが気持ちよくなってしまって止まらなくなってしまい、もうここから手を離したくないの!みたいな状態になることです。アブノーマルです。

 というわけでうっとりしてしまったので、我が家のメインキーボードとして採用決定しました。さっそく予備の2枚目を買おう……と思ったら、すでにあちこちの店で売り切れになっているらしい。しまった、迷ったりしないで確保しとけばよかった。

2008年7月 6日 (日)

マジェスタッチのテンキーレス

ダイヤテック、Cherry製キー採用キーボード「Majestouch」のテンキーレスモデル6製品(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0806/26/news044.html

 ついに出た! というか、まさか出てくれるとは思わんかった! こういうのが出てくれないかなあーと長年待っていたそのものズバリがコレです。買うよ買う買う。とりあえずカナあり茶軸を二枚買う。

 えーと、いったい何の話かという説明を今からします。一言でいいますと、パソコンのキーボードの新製品のハナシ。

 なんか一年に一回くらい同じ話を書いている気もしますが、重複を気にせずまた語ります。パソコンのキーボードは、テンキーレスでなければならない。これはぼくの中では鉄則になっているのです。
 テンキーレスとは何か。
 おおよそ、デスクトップパソコンのキーボードには、右側に、0から9までの数字が四角く並んだ一角がある。いわゆるテンキーですね。数字を入力するのに使います。
 しかし、このテンキー、邪魔になることも多いのです。もしテンキーがなかったら、マウスをもっと体の近くに持ってくることができる。すると作業がしやすい。数字を打つときは、五段ある通常キーの最上段に数字が並んでいるので、それを使えば問題ない。そこで、通常配列のキーボードからテンキーだけをとっぱらって、そのぶん横幅を短くしたキーボードというのが売り出されている。これを俗に、テンキーレスキーボードといいます。10keyless、ということですね。

 しかし、テンキーレスのキーボードを作っているメーカーというのが、これがとても少ない。
 これはあたりまえの話で、わざわざボタンが少ないやつがほしい、なんて思う人は世の中にそう沢山いないのです。テンキーだって、普通はあったほうが便利。需要が少なければ供給も少ない道理で、そんな製品はめったに企画されないし、発売されない。

 いや、テンキーがないキーボードって、そのへんでよく見かけるけどー、とお思いの方がいらっしゃるかもしれないが、その方がたぶん想像しておられるのは、ノートパソコンのような配列のキーボードだと思います。エンターキーの真下に矢印のキーがあるやつでしょう。ぼくは圧縮配列と呼んでいます。一般的にはコンパクトキーボードと呼ばれることが多いようです。これはこれで良いのですが、カーソルを動かすときなど、やはりちょっと窮屈。
 できれば、フルサイズのキーボードからテンキーだけをとっぱらったタイプ、キーボードの右下に、矢印キーが山の字にぽつんと並べてあるような感じのものがほしい。というのが、テンキーレスキーボードファンの願いなのです。
 しかしながら、前述したとおり、これが少ない。かなり長い期間、正規配列のテンキーレスを買おうとすると、現実的に手にはいるのは東プレという会社が出している1万五千円くらいするハイエンドモデルしかないという状況が続きました。

 そこに今回のニュース。ダイヤテック社から、テンキーレスキーボードがラインナップされるという発表でした。実に驚きましたね。
 ダイヤテック(FILCO)は、パソコン周辺機器を作っている会社で、キーボードの品質には定評があります。ドイツ製のスイッチ機構を採用しており、たいへん、押し心地が良い。
 しかしこの会社、何かのこだわりなのか、テンキーレスキーボードをいっこうに発売してくれなかった会社なのでした。ここが作るキーボードは、いつも、フルサイズか、圧縮配列。
 キーボードファンからは、
「FILCOがテンキーレスを出してくれたらなァ……」
 というのは、潜在的にかなり望まれていました。
 かくいうぼくも、過去にFILCOのFKB91JPという圧縮配列モデルのキーボードを愛用しており(使いすぎてついに壊れた)
「ああ、このキーボードの配列が、もし正規配列のテンキーレスだったら、10枚買って20年使うのになあ」
 と思っていました。
 今回発売される製品は、そのFKB91JPと同じスイッチを採用しているので、まさに百パーセント望み通りのものがついに発売されたわけです。それで冒頭のはしゃぎっぷりになります。うわあ、万歳!

 でも、いざそうなったら若干腰が引けて、とりあえず買うのは2枚にしておくカノウでした。しかもまずは1枚だけ買って買い足しは後日という。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年10月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。