フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月 2日 (水)

こんなものを買った5

K3200002_4

 続き。

 仕事に使っているレッツノートについてるパンタグラフ式キーボードが、押し心地がグニャグニャしていていまいち良くないな、というのがそもそもの物欲の種。
 小さくて持ち運びがしやすい外付けのキーボードをひとつ新調してもいいかな、と思い、秋葉原のパーツショップをひやかしていて発見したのが、この「キャパシティブコンパクトキーボード」。

 高級キーボードとして有名な「Realforce」の薄型みたいなものらしいです。ぼくは何をかくそう、Realforceの大ファンでありまして、モバイルパソコン用にもRealforceを持ち歩こうかと真剣に考えたこともありました(パソコン本体より重いぞう)。だからもう、これ買っとけばまず間違いないだろうと。

 ただ、これ接続端子がPS/2しかなくて、そこには警戒心が働いた。ノートにつなぐのだから、USBでなければならないが、Realforceシリーズって、PS/2=USB変換ケーブルでうまく動かない場合が多いらしい。
 どうしたものか。ネットで動作確認がとれている変換ケーブルを調べて、それを売ってる店を探し出し、通販で買いました。情報が古いこともあって、ほとんどのものが売り切れか絶版になっていた。地方のPCショップにぎりぎり残っていたやつを探し当てて買いましたというか俺が買い占めました。今後新たに必要になったときは、Realforceに対応している別の変換ケーブルを探し当てるしかない。

 何をそこまでカネと労力をかけて……とお思いの方も多いと思うんですがこれがあなた、鍵盤の押し心地ってのは、文筆業みたいなことをしていると、案外重要なのです。
 世の中には、良い鍵盤というものがあって、それを押していると、フワーっとするというか、脳から変な物質が出るというか、官能的としかいいようのないものがある。
 基本的に頭の中だけが作業フィールドであるところの文筆家にとって、肉体的な「手応え」って、指先の触感だけしかないのです。これがリッチかどうか、冴えてるかどうかは、真剣に能率にかかわります。
 大げさなことを言うと、気持ちのいいキーボードを使っていると、ボタン押したさに、指がかってに文章を書いていく。

 キャパシティブコンパクトキーボードも、かなりそのテの理想に近いキーボードで、ちょっとコニックリングの雑音がうるさいんだけど、パチパチした感触が心地よくて素敵です。というか、もう、ノートパソコン付属のパンタキーには触る気がしない。

 このキーボードの良いところは、配列を圧縮した小型キーボードなのに、Fnキーがないところ。ノートパソコンをお使いの方はキーボードのいちばん左下にあると思いますから見てみて下さい。これと何かのキーを同時押しすることで、機能が使えたりするわけですね。スクロールロックとかね。僕はしかし、Fnキーのことを、かなり憎しみの目で見つめていたりするのです。その場所はCtrlキーだろうと。このキーボードはちゃんと正しい場所にCtrlキーがある。それが嬉しい。

 んが。
 そこがまた、欠点でもあるのです。
 というのは、Fnキーがないってことは、そのぶんの機能を果たすボタンをひとつひとつ独立して作っておかねばならない。Fnキーがあれば、ひとつのボタンで2つの機能を共有できたのが、できない。するとどうなるか。
 小さいスペースに小さいボタンで無理矢理押し込むことになるわけです。
 たとえばこんな。

K3200004

 うわー。
 この位置にあるデリートキー、めっちゃ押しにくい……。
 デリートだけは、配列を崩してでも、バックスペースの近くにあってほしいようなー。
 あと、F1からF12は、こんなことになっております。

K3200003

 ははは。
 これまで右手で押していたF7以降が、左手エリアに行ってしまうという大変革が発生しております。カタカナ変換をするときのF7が特に危険。右手の人差し指をわざわざ左側に運んで、よいしょっとかいって押していたりする。

 もちろん、見て買ったので、そういう配列だということはわかっていました。
 わかっていて、たぶん二、三日でつるっと慣れるだろうと考えていたのです。考えていたのですが。

 やばい。駄目かもしれない。

 これから3ヶ月くらいかけて、慣れたり使い分けたりできるかどうか試してみようと思っていますが、かなりマズイ予感を覚えております。打ち心地は最高なんだけどねー。
 というか、この配列に無理矢理慣れるくらいなら、Fnキーの存在を受け入れたほうが早い可能性もある。

 そうなると、HHK Professional 2という、これまた超有名なキーボードが気になってくる。
 なんと横に5列しかない。機能関係はぜんぶFnでまかなうというあれ。
 http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/hhkbpro2/images/overview_standard_l.jpg
 ちなみに、2万2千円とかするわけで……。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。