フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月11日 (月)

こんなものを買った3

 こんなものを買った1
 こんなものを買った2

●外付けバッテリを買った

 ノートパソコンで仕事をしています。
 持っているのはレッツノートのY7という機種で、画面がでかい・でも軽い・バッテリがめちゃめちゃもつ、というのが売り。喫茶店とかファミリーレストランで仕事をするので、バッテリのもちはパソコン選びの最重要項目なのです。A4ノート(でないと縦書きで仕事できない)でモバイル仕様となると、レッツのYシリーズ一択になってしまいますよね。他社の対抗機種とか出そうにないので、たぶん今後もえんえんこのシリーズを買い続けることになりそうです(高いけど)

 Y7はカタログスペックでは7.5時間連続駆動をうたっているが、作業に支障をきたさないくらいのディスプレイの明るさを保ってテキストの打ち込みをしていると、だいたいもち時間は5時間くらい。この機種にはエコモードというのがあって、8割しか充電しないことによってバッテリ寿命を伸ばすという設定ができ、それを使うとだいたい4時間の稼働時間だ。
 悪くない性能だが、ちょっとものたりない。
 というか、空っぽになったバッテリを充電しているあいだ、外では仕事ができないというのが困る。
 予備バッテリを購入しようかとも思ったのだが、充電するには本体が必要なわけで、バッテリをつけたりはずしたりするのが面倒だ。

 そこで思いついたのが汎用の外付けバッテリ。
 ACアダプタ端子に接続すると、電源として認識される外付け充電電池ですね。そういう商品がそういえばあった、とふいに気づきました。それを使って稼働時間をのばしてやろうというのです。
 本体とは別に、平行で充電できるから、「1番電池が充電できたから付け替えて2番電池の充電をしなきゃ」みたいな必要もない。

 とーこーろーが、最初に買ってみたバッテリが、いきなり初期不良品。購入店に持っていって返品とあいなりました。どうも品物的にあやしいので、返金してもらって、購入しないことにした。
 そうなると、どうも防御反応がはたらきだす。
 初期不良なら返品すればいいけど、非対応で動かなかったりしたらやだな、という危惧を感じだしてきました。だいたい2万円前後の買い物なわけで、けっこう「よいしょっ」という度胸がいる。あやふやな状態でおそるおそる買いたくない。

152519

 Slim60というバッテリがあって、うまく動くならこれが良いのではないか(http://www.enax.jp/products/SPS/slim60/)と検討していたのだけど、パソコン対応表にレッツノートY7の表示がない。
 たぶん動くと思うけれど、ちょっとした賭けではある。
 どうしようかなあ、としばらく考え、販売元のENAX社に電話してみよう、と思い立った。ちなみにENAX社はリチウム電池の技術を持った会社ですね。ウェブサイトには載っていないだけで、対応の確認が取れているかもしれないと思ったわけです。

 電話してみました。
 すると、「レッツノートY6までの確認はとれているが、Y7はまだ」とのこと、「たぶん問題ないと思うが、保証はできません」。そりゃそうですよね。
 ふと思い立って、こう聞いてみました。
「今から御社にパソコンを持っていくので、そちらのサンプル品との適合試験をさせてくれませんか?」
 えーとか言われるのを予測していたのだけど、意外にも「あ、いいですよ」とさらっとOKしてもらえて、ちょっと拍子抜けしてしまった。「いつ来られますか?」「今から行きます」
 そんなわけで1時間後には護国寺駅で降り、ENAX本社の会議室にいました。

 プラグをさしてみたところ、余裕で動き、一安心でした。担当してくださった社員のかたも、対応確認の書類を書いておられたので、あー手間をとらせたぶん、ちょっとは貢献できたのかなと、こっちもうれしい気分です。
 ついでに、使用上の注意とかもじかにいろいろ聞けて、かなりトクでした。
 なんでも、ちょっと前までは、熱心なユーザーが機械を持ち込んで対応確認にくるというのは、わりとよくあったんだそうです。最近は、情報がいきわたったり調べがすぐつくせいか、あまりそういうことはなくなってきた、とのこと。
「だから、迷惑ということはぜんぜんなくて、久しぶりだなあ、という感じです」
 お手間をとらせて恐縮です、というようなことをぼくが言ったら、そうおっしゃっていました。

 その足でヨドバシカメラ新宿西口マルチメディア館に行って、同製品を購入しました。ヨドバシ価格で2万2890円、10%還元がつくのでだいたい2万円強くらいですね(スタパトロニクスTV風表現)
 実際に使ってみたところ、このバッテリだけでだいたいぼくのパソコンは4~5時間もつので、連続稼働時間はいっきに9時間になりました。9時間連続で外で仕事ができます。人間のほうが先にバッテリ切れになりますね。これで稼働時間問題は完全に解消されました。

 余談ながら、ENAX社さんの対応がとっても素敵だったので、個人的にENAXファンになりました。今のところ、バッテリ商品を買う予定はないんですが、何か購入予定にひっかかるものがあったら、まずこの会社の製品から考えていこうと思います。

(たぶんまだ続きそう)

2008年2月 8日 (金)

こんなものを買った2

 こんなもの買った1はこちら

●すき間収納ラックを買った

 引越しに対する衝動的欲求を抑えられないというロマニーな性癖を持った加納です。このところ、広めの部屋に引っ越して一室を書庫にしたいという願望に揺り動かされていたのですが、カネとヒマがないというスーパーリアルな理由に負けて断念しました。あと4年はおとなしく同じ場所に住みます。
 ただ、年末年始で大掃除をしていたところ、引越しの代償行為として模様替え願望がパソコンの自動更新機能のごとくキュルキュルと起動し、あれをここに移しこれを廃棄しここにこれを入れたら素敵ではないかという発想がポンポン発生してきてしまいました。

 さっそく、巻尺を片手に部屋の中のサイズをはかりまくり、この空間に入れるのにちょうどいい家具はこのサイズだ、そういうサイズのものを家具屋さんで探し回るぞう! と鼻息荒くいろいろ探索してまわったのですが、ぴったりくるものはまず街中にはなく、「これならいいな」と思うようなものはたいていニッセンかセシールが売ってました。通販の家具、あなどれないですね。

 http://www.nissen.co.jp/s/r/171040606/
 こういう↑引き出し式の本棚がニッセンにあって、これは良い、サイズもぴったりだ、ぜひ買おうと思いつつ忙しさにかまけて放置していたら、近所のリサイクルショップに、まったく同じ商品が完成状態で売っているのを見つけてしまい、これは何の導きだろうと喜びいさんで注文を入れました。正規で買ったら送料込みで16900円のところ、9800円。しかも組み立て済みの手間要らず。品物は展示品として使われていたもので未使用。これは良い買い物だ。

145032

 本をがんがんつっこんでみたところ、手持ちの文庫本のすべてが1基のうちに収納できてしまい、かなり上機嫌です。もしも、同様のものをあと2基ほどどこかに置けるなら、べつに書庫なんていらないんだけれどな……。
 余談ですが、本を収納する過程で、「紅衣の公子コルム」シリーズとかを新旧あわせて3揃い持っていることに気づいてしまい、そりゃ段ボールも積みあがるわと軽く反省しました。本というのは捨てるものです。わかってはいるんだが……。

(まだ続きます)

●追記

 収納欲にめざめてしまい、以下のようなものを注文してしまいました。
 http://www.cecile.co.jp/Page/CmdtyInfo/GenreSearch/Detail.aspx?a=403&f=OT&d=1&e=FN&b=8621167&c=0
 これに新書とかDVDを詰めたおして狭い部屋を広くできたら幸せだろう……と思ったのですが、コレを置く場所を作ってみたところ、
「もしもコレを置く必要がなかったらずいぶん広々と住めるのになあ……」
 と気づいてしまい、軽くガッカリです。全部スキャンデータにしてやろうか(お前も蝋人形にしてやろうか、の口調で)

2008年2月 6日 (水)

こんなものを買った

 みなさん、お久しぶりです。お元気でしょうか。ぼくはそこそこ元気です。あいかわらず、特段の見通しのない人生をうすぼんやりと過ごしております。

 ところで唐突ですが、ぼくは人の買い物の話を聞くのがかなーり好きです。人様が、自分の時間と労力をかけて得た金銭を、いったい何に変換しているのか。そういうのを理解したり、あるいは理解できなくて首をひねったりするのが楽しいわけです。
 このところ、いくつか印象的な買い物をしたので、そんな話をしてみたいと思います。

●スキーブーツを買った

013337

 もはや1ヶ月も前の話になってしまうのですが、年末年始にかけてスキーに行きました。それも4泊5日という長期スケジュール。そんなにみっちり滑ったのは生まれて初めてのことです。

 それに先がけて、自前のスキーブーツを買いました。これまで、レンタルブーツでしか滑ったことがなかったのです。今後も毎年滑りに行くことにはなりそうだから、ひとつ自分の足に合ったものを買っておいたほうがいいだろうと。
 スキーに詳しい2人の友人に見立ててもらって、いくつものブーツに足をつっこんだり引っこ抜いたりして、かなり時間をかけて決めたのが、HEAD社のエントリーモデル。足のサイズが幅広なので、HEAD以外の靴は合いませんでした。逆シンデレラ状態ですね。この足に合うガラスの靴を持って来い!みたいな。

 それで滑ってみたところ、いや、凄い凄い。これがスキーという娯楽なら、これまで滑ってきたのはいったい何だったんだというくらい次元が違う。靴が変わったら、いきなりコブに(少しは)対応できる。5日間連続で滑っても、たいした筋肉痛もなく平然と歩ける。レンタルブーツ時代は、3泊もスキー旅行に行ったら翌日からまともに歩けなかったのです。
 弘法もなんたらとかいうけれど、道具がひとつ変わると世界ががらっと変わるということはあるものですね。同じ調子で、次は板かな……と考えていますが、どうなんだろう。板重いし……。

●ストレッチ用品を買った

083936

 週イチで整体に通っているのです。
 そこで口がすっぱくなるほどいわれるのが、とにかくふくらはぎの筋肉を伸ばすのが重要だということです。ふくらはぎの筋肉が縮むと太ももの筋肉をひっぱり、太ももの筋肉がひっぱられて縮むと骨盤をひっぱるので、骨盤がかたむくことになり、骨盤の上にのっかっている上半身のバランスも崩れ、結局全部バラバラになるらしいです。
 じゃあどうやってふくらはぎを伸ばすか。段差とか、雑誌を積み上げたところにつま先だけで乗っかり、かかとを沈めるようにすると筋肉が伸びる。

 なるほど、と思い、それをやってたんですが、どうも続かない。
 なんで続かないかというと、積み上げた雑誌が崩れるんですね。重いから、ちょっと運んでワキに寄せるとかもできないし。
 これはいかん、と思い、ホームセンターで板っきれか何か買ってきて、そういうストレッチ用のステップを自作してやろうかと計画していたのですが、ある日ふと、そんなもん専用の道具がどっかに売ってるんじゃないのかと思い当たりました。
 いや、たいていのニーズには、専用の道具が売ってるもんですね。東急ハンズに行ったらしっかり売ってました。3150円。自作するより明らかに安いし。

 朝晩、2分くらいずつ、youtubeかニコニコ動画で動物映像とか見ながらこれを踏んづけていると、非常にいい感じです。腰痛もちの人はこういうのを買ってきて踏んでるとかなり違いますよ。

(続く)

« 2007年7月 | トップページ | 2008年3月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。