フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2008年2月 »

2007年7月

2007年7月11日 (水)

増刷のお知らせ・合宿最終回

 まず告知から。「シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士」と、「シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険」が増刷されます。
 Amazonでもわりと長いこと欠品だったのですが、今後配本されるはずですので、チェックしてみて下さい。お近くの書店で注文してくださっても、ちゃんと届くはずです。

 ちなみに、増刷のとき、著者は誤植やミスの訂正を行うことができます。かなり久しぶりに、この2冊を読み直しました。「双竜の騎士」のほうが、古いぶん、直したいところが多かった。内容はまったく変わっていませんが、細かい表現にかなり修正を入れました。「姫君~」のほうは、誤植以外に直すところはありませんでした。

「双竜」に関しては、覚えているつもりでも案外内容を忘れていて、「なんだ、これ面白いじゃん」と自画自賛していました(安上がりだ)。「こんな対比を思いついて使っていたか」とかね。最近の自分が使わないような、ピリピリしたワザがそこここに使われていて、読んでいて、思いのほか緊張感があるのです。「この手はもう1、2回使える」とかいってネタを拾いなおしたりして、思いのほかトクな作業でした。

     *

 エンターブレインに缶詰になって原稿を書いた話の続きです。(前回)(前々回)

 缶詰は、基本的に楽しいのですが、やはり仕事は仕事であって、しかもデッドラインがあって短期間に集中しなければならないとなると、やっぱりきついこともあるわけです。
 その苦痛のほうの話をします。

 書き物の仕事は、宿命的に、座りっぱなしの仕事です。
 それを、ちょっとの仮眠のとき以外、ずーっと、約十日間も続けると、どうなるか。

 えー、をですね、完全に、イワしました。
 缶詰から一ヶ月以上たった今でも、腰痛をかかえたままです。

 缶詰をはじめるとき、編集者氏が「何か必要なものはありますか」ときくので、「アーロンチェア持ってきて下さい」と言ったら「あっはっは」と乾いた笑いが返ってきて、そのときはこっちも冗談として言ったのですが、数日後冗談ではすまなくなりました。真面目に、どっかで購入してきて持ち込もうかと考えましたよ。

 基本的に、ずーっと椅子に座っているわけで、体重のほとんどを支える腰部だとか、腕の重みを一身に背負う肩と首だとかは、どうしても負担がかかってくるわけです。だいたい四五日たったあたりから、寝るのは睡眠のためではなく、腰を伸ばすのが目的になってきました。
 今まで同業者の、腰痛の苦痛の話を聞いても、完全に他人事だったのですが、今では百パーセント理解できます。ああ、これであるか。これはいけない。こいつは完全に、職業生命にかかわります。人間、こんなに長時間椅子に座っているという生活はおかしいのです。江戸川乱歩の「人間椅子」の主人公は、あれはどうやって関節痛の苦しみから逃れえたのだろうかなどと深遠な文学的課題を発見してしまったではないですか。腰をイワさないためにも、缶詰などという事態を起こしてはいけません。皆さんも気をつけて下さい。

     *

 別の話。

 会社に泊まりこんで何日かめ、占有している会議室を別の用事で使う予定が入っていたため、別の会議室に移動することになりました。その移る場所が、なんと週刊ファミ通編集部内。週刊ファミ通の占有する会議室に一日間借りすることになったのです。
 それを聞かされたとき、ヤバイ! 恐い! と本気で思い、なんとか回避する方法はないのかといろいろ思案をめぐらしました。なんとか逃げられないのか?
 おそるおそるフロアを覗いてみると、編集部は静かで落ち着いており、どこにでもある雑誌編集部と変わらない雰囲気で、ぶっちゃけ「え! こんなに普通なの!?」とカルチャーショックを受けました。怒号も飛ばないし椅子寝りの列もなく、昼夜の区別を忘れてゾンビのように働く編集者の人とかもいなかった(夜はほぼ無人だった)。突然奇声を発して上半身裸になりバーチャの技をリアルにかけあう人もいないし。あまつさえ電話をかけるときに「お世話になっております」なんて言っている……。普通の編集部だ! ものすごくほっとしましたが少しがっかり。
 ある時期のファミ通って、ほんっとにぶっとんでいて、そのぶっとんだイメージがいつまでも頭に残っていたわけですね。
 ぼくは雑誌の編集ライターもやってますが、週刊ファミ通って、非常に学ぶところが多い雑誌だと思っていて、「ファミ通だったらどんなページになるか」というのをわりによく考えて取り入れてます。読者への寄り添いかた、巻き込みかたがうまいのです。

« 2007年6月 | トップページ | 2008年2月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。