フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

著者見本が来た・合宿話続き

「シャイニング・ウィンド―アナザーリンク― 鬼封じの剣士」の著者用見本が来ました。ということは、早売り書店ではもう売っているのでしょうか。正式な発売日は30日なので、Amazonなどで注文されているかたのお手元に届くのは1日以降かもしれません(予約注文ありがとうございます)。

115601

 イラストレーターの碧風羽さんには、先に発売した「シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険」でも挿絵を担当していただきましたが、今回も引き続きお願いしました。写真のソウマが非常に格好良いです。別の機会にでも、今度はカラーの絵を戴きたいなあ……。

115653

「シャイニング・ウィンド―アナザーリンク― 鬼封じの剣士」
(6月30日発売/エンターブレイン/ファミ通文庫/税込672円)

「シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険」
(発売中/エンターブレイン/ファミ通文庫/税込672円)

     *

 この本を書くために、初めて「缶詰」になった話の続き(前回)。

 週刊ファミ通を出していることで有名な株式会社エンターブレインは千代田区三番町にあります。千代田区三番町といえばこの分野の書き手として思い出すのは丘の家のミッキー=三番町のミシェールだったりするわけですけれど、このビルの窓から見える景色といえば目の前にお堀、遠くに国会議事堂、そして隣はさる宮家のご邸宅という環境で、うーん浅葉未来はこういう環境で育ったのであるか、としみじみ納得したりしました。都内に十年は住んでいるのにいまだに土地感覚がありません。

 この会社のビルには、仮眠室がしっかり完備されてて、シャワーボックスもあり、社員食堂はやたら安いし軽食の自販機は二十四時間営業です。地下には洗濯機までありました。乾燥機はなかったのでさすがに定期的に帰宅する必要がありますが、もしそれまで完備されていたら、ちょっといろいろ恐いですね。一ヶ月くらい平気で泊り込む人とか出そうな環境です。

 そういう環境ですので、人間をひとり、仕事が終わるまで外に出られなくすることくらいワケないわけです。おそろしいおそろしい

 基本的に、小さな会議室を一室占領してそこでひたすら原稿を書き、脳みそがしびれて言語機能が発揮できなくなったら仮眠室にもぐりこむ、という生活をしていました。生活に必要な設備がビル内にほぼ全部揃っているので、ほとんど外に出る必要がありません。
 ある日、自分を取り囲む無機質な灰色の壁を見ていてハタと気づいたのですが、おそらく遠未来の、スペースコロニーとか、長距離宇宙船というのは、こういう環境ではあるまいかと。
 だとしたら、案外ぼくは宇宙船乗りに向いてるかもしれません。というのも、生活空間としては、わりと快適だったからです。起き出したらすぐ仕事ができるし。
 顔も知らない人たちが、てんでばらばら勝手に仕事をしている、その中で特に人間関係を構築するでもなく、幽霊みたいに社内をふらふらしていてよいという境遇も、なんか案外気持ちが良かったです。都市的ですよね。

 締め切り仕事がきつかったのですが、それ以外の部分では居心地が良いといってもよかったのです。寝る→起きる→飯食う→仕事する→寝るというノイズなしの超シンプルなサイクルが発生し、そのサイクロンに自ら巻き込まれていく感覚が、おもしろい。

 たぶん社員のみなさんもそうなのでしょう、朝方近くになると、十四床ある仮眠ベッドはいつも満員に近くなっていました。つまり相当数の人が日常的に泊り込んでいるわけです。えっと、労働者的には何かの罠だと思うんですが。

(続く)

2007年6月16日 (土)

今回もすごいTonyさんの表紙絵・その他合宿話

 ファミ通文庫の公式Webページに「シャイニング・ウィンド」のあらすじと表紙イラストが掲載されました。
http://www.enterbrain.co.jp/fb/09yotei/09yotei.html
 そちらに掲載されているのはプレーンなイラストのみなので、こっちにはタイトル付きの正式な表紙画像を掲載しておきます。

Swcoverb

「シャイニング・ウィンド―アナザーリンク― 鬼封じの剣士」
(6月30日発売/エンターブレイン/ファミ通文庫/税込672円)

 なんともいえずいやらしくて素敵だと思います(微笑)。新刊紹介のページに載せてもらおうと思って、とある雑誌の編集部に持っていったら、
「うわあ、えろい」
 と、ミもフタもなく直接的な表現でたいそう喜ばれました。今回もすごいです、Tonyさん。

 今回の本は、制作中に、今までにない経験をたくさんして、思い出深いものになりました。ひとつには、プロットがまったく上がらなかった。半年くらい引っ張ったのかな。

 もうひとつには、生まれて初めて「缶詰」ということを経験しました。

 原稿があまりに進まなくて、このままでは本が出ない、どうしようどうしようと焦っていたときに、その雰囲気を察したのか担当編集者Wさんが、
「なんならうちの会社に泊まりこむということもできますよ」
 ということを唐突におっしゃって、
「それだ!」
 一も二もなく飛びついたという次第です。

 すごいですよね、缶詰。
 そんなことはフィクションとか業界伝説だと思っていました。
 いや、実際あるとしても、それは文豪の方々の世界であって、ぼくのような木っ端ライターには無縁の話だと考えていたのです。

「ここを使って下さい」と会社の会議室に通され、「では、よろしくお願いします」といって編集氏が出て行ったあとも、わりと半信半疑というか、まじっすか的なことを思っており、思わず、
「文豪かよ!」
 とさまぁーず風につっこんでみ、そのあと、
「文豪か!」
 とタカアンドトシ風にやりなおしてみたりしました。

 9日間、外界との接触を絶ちました。

(気が向けばこの話、続くかも)

2007年6月 9日 (土)

[新作]シャイニング・ウィンドの小説版

 職業柄、書店向けの日販速報を読む機会が多いのですが、6月の文庫新刊ラインナップに目を通していたら、自分の本の広告を見つけてしまい軽くビックリしました。

150149

「シャイニング・ウィンド―アナザーリンク― 鬼封じの剣士」
(6月30日発売/エンターブレイン/ファミ通文庫/税込672円)

 セガ発のRPG「シャイニング・ウィンド」のプレ・ストーリーです。原作はファンタジー世界が舞台ですが小説は現代の学園もの。でもモンスターは登場し、それを高校生たちが右に斬りふせ左に斬り捨て、ばったばったとなぎ倒します。

 アマゾンの予約受付も始まっています。
「シャイニング・ウィンド―アナザーリンク― 鬼封じの剣士」

 クララクランの活躍を読みたい方はこちら↓

Coverbranc

「シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険」
(発売中/エンターブレイン/ファミ通文庫/税込672円)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。