フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月17日 (土)

トビオと飛雄馬

 定食屋でビッグコミックオリジナルのバックナンバーをまとめ読みした。といっても読むのは「PLUTO」と「電脳炎」だけだけど……。「PLUTO」は、説明不要な気がするけどいちおう注釈しておくと、鉄腕アトムの「地上最大のロボット」を浦沢直樹がリメイクというか翻案したもので、さすがにぐいぐい読まされてしまう。素晴らしい。

 それを読んでいて、「ああっ、俺は今までなんで気づかなかったんだー!」と思うことがあった。
 ウランが、トビオの墓を見つける、というシーンが描かれていた。トビオは天馬博士の息子で、アトムのモデル。アトムは交通事故で死んだトビオの代用品として生み出された、というのが「鉄腕アトム」「PLUTO」共通の設定だ。
 さて、ウランが見つけたその墓石には、「天馬飛雄」と刻まれていた。

 ああ! 「巨人の星」の「星飛雄馬」という名前は、「天」を「星」にズラしただけで、ほぼ「天馬飛雄」のアナグラムじゃないか!

 アトムのモデルといえば「トビオ」と、ずっとカタカナ表記で認識していたので、今の今までそんな符合にはまったく気が付かなかったのですね。

「飛雄馬」という、どこかぎこちない不自然な名前が、天馬トビオに由来していると仮定すると、少しゴシップ的な、おもしろい連想もはたらいてくる。
 というのは、「巨人の星」の当時、少年マガジンはいろいろな事情があって手塚治虫とケンカしている形になっていたそうだ。手塚一派といえば当事のマンガ界では政権与党みたいなもので、これと対立するはめになったマガジンは、手塚系とはまったく毛色の異なる「劇画派」の作家をかきあつめた。「手塚派とは違う!」ということを前面に打ち出したマガジンの劇画路線は当たり、劇画ブームを巻き起こしていく。「巨人の星」といえば、そのころのマガジン・劇画路線の看板作品だ。
(このへんの事情は、さすがに世代が違うので、ものの本などで知った伝聞情報です。何か間違いがあったら直して下さい)

 つまり劇画派とは、あえて乱暴に一言でいってしまうと、「手塚とは違うものを描くのだ!」という立場のことであるわけだ。
 手塚が描かないナマの人間を描く。
 そこで、天馬トビオとなる。アトムではなく、天馬トビオが選ばれる。俺たちが描くのは、つるつるしたロボットではなく、汗をかく人間だ。描かれるべきなのは十万馬力の人形ではなく、轢かれたら死ぬ生き物のほうだ。アトムを生み出すために手塚が設定だけして描かなかったトビオのほうに、われわれは、描く意味と価値を見出すのだ!
 ……というように、「アンチ手塚」宣言としてトビオの名の継承があるのだ、なんていう想像ができるのです。

 おお、きれいにつながった! と思って、非常に気分が良かったんですが、どうも落ち着いて考えると、ほんとーにただの偶然かもしれません。誰か「巨人の星」関係者がこのへんの話、してないかな? 完全に既出の指摘だったらちょっと恥ずかしい。

2007年2月 9日 (金)

「秒速5センチメートル」、その他の日常

 皆さん、お久しぶりです。ぼくは元気です……というほどでもないですが、ぼちぼちやっております。基本的に、日常的に元気ではないので、こう、半分寝たような状態でぼうっと生きています。まとめて近況報告をします。

●新しい仕事をする

 ありがたいことに、まったく新しい方面から、新しい仕事のお声がけをいただき、非常に四苦八苦しながらかれこれ半月ばかりそれに夢中になっています。
 なにしろ新人ですので、うまく書ければよし、駄目なら全ボツです(あたりまえですが)。めちゃめちゃ緊張感があります。初めてライター仕事をもらったときの気持ちがブワーっとよみがえってきました。あのときも、「これが駄目なら食い詰めて死ぬしか」と思いつめていたな。
 そういえば、今年でライター業十周年です。そういうタイミングで、新しい方向性が舞い込んでくるのも、めぐりあわせというものです。

●「秒速5センチメートル」

 新海監督の最新作です。2月1日の関係者試写会に招待していただけて、見てきました。
 見てきたあと、山崎まさよしさんの主題歌「One more time, One more chance」が頭の中で延々リピートしていて止まりません。実はぼくは、この「秒速~」のトレイラーを見るまで、この曲のことを知らなかったのです。トレイラーを見たあと、どんな曲なのだろうと思って、CDを借りてきて聞いたところ、
「これはやばい」
 と思って、映画を見るまで二度と聞かないことに決めたのでした。これはおそろしい曲ですね。新海さんがどうしてもこの曲だと指定した理由がとてもよくわかりました。

「彼女と彼女の猫」から「雲のむこう、約束の場所」までで、新海さんがこれまで描いてこられたことのエッセンスを、ぎりぎりまで凝縮した、集大成のような映画です。たぶん新海さんは、自分が語ってきた物語の「その先にあるもの」がすでにある程度見えているのでしょう。次の作品では、おそらく「その先」に踏み込んでいかれるのだと思います。その前に区切りとして、自分の世界観にひとつのピリオドを打っておこうと思った、そういう性質の作品だろうと理解しました。

 映画として作られているものなので、こういう言い方が適切なのかどうかわかりませんが、この「秒速~」を含めた新海作品は、劇場よりはDVDで見たい作品だ、と感じます。つまり、可能な限り個人的な環境で見るのが良い。できるだけ、密室が好ましい。2人で見るよりは1人で見たほうがわかる。そういうタイプの映画です。
 でも、もちろん、劇場に足を運べる人は劇場で見て下さい。あの美しい映像を大画面で見る体験はやはり至福です。

●岩盤浴にはまる

 つねづね、ヒーリングビジネスにはひっかかるまい、「癒し」などに気をとられることなく戦闘的姿勢を保ち続けたいものだと思っていたのですがふと気が迷って岩盤浴をためしてみたらこれがなんとも具合が良くて通うようになってしまいました。不覚。
 岩盤浴というのは、サウナほどには暑くないが熱帯の国よりは確実に暑いというくらいの部屋の中で、熱くした石の床の上にバスタオルを敷いてごろりと横になり全身を熱する……要するに自ら望んで人間石焼き芋になるようなものだと思って下さい。
 これがまた、めちゃめちゃ汗が出る。それでいて、べたべたしない。体内の毒気が出ていくのが感じられてたいへん気持ちが良いのです。しみじみとあたたまる。実感としては、遠赤外線の熱がしみこんで体内でエネルギー化されるような思いです。これは皆さんに本当にお勧め。温泉の倍くらい癒し感があります。

 それにしても、「デトックス」(解毒)って、日本語でもなんでもないのに、いかにも「毒が出て行く」っていう語感がして不思議だと思いませんか?

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。