フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月10日 (日)

京極夏彦さんの本を読んでいて

 ソクーロフ監督の「太陽」を見たあと、しばらく天皇制についてだとか、「現人神」とはどういうことであるのかとかをぐるぐる考えていたのだが、そんなおり、京極夏彦さんの京極堂シリーズを再読していて、ハタと気づくことがあった。
 関口くん(という主人公級の登場人物)の人物造形は、昭和天皇がモデルになっているのではないか?

 関口くんはもと粘菌の研究者だったことになっているが、昭和天皇も一時期粘菌の研究に没頭していた。関口くんは失語症的傾向があり、それはたびたび言葉につまるようにしながら話していた昭和天皇の姿と呼応する。
 京極堂シリーズにおいて関口巽は、非日常に吸い寄せられ、たやすく「あちら側」に渡ってしまう人間として描かれる。そういう立ち位置が、「生き神」つまり人間の世界と神の領域のはざまに立って橋渡しをすることを期待されていた戦前までの昭和天皇と類似する。このシリーズは戦後まもなくが舞台で、戦中世代たちの話だ。

 まあ、そのあたりの細かい一致はどうでも理屈がつけられるのでたいした意味はないのかもしれないのだけど、関口という人物の位置に昭和天皇を代入すると、中禅寺、榎木津とのトライアングルがきれいな形で説明できるようになる。
 天皇というのはかつて「現人神」、つまり、「人でありながら神」だというものと見なされていた。
 シリーズ主人公の一人・中禅寺は神社の神主であり、同時に、人にとりついた妄念や偏見(人間の判断力をあたかも神のごとく支配しているもの)を払い落とす憑き物落とし屋だ。
 同じく主人公級の榎木津は「僕は神だ!」などと自称する男だ。
 つまり、関口=昭和天皇=現人神というモデルを採用すると、三人のメインキャラクターが、「神」というひとつのキーワードでつながっていく。京極堂シリーズにおいて、関口、中禅寺、榎木津という三主人公は、すなわち「神」という概念に対する三種類のアプローチなのだ、と言うことができるようになる。

 と、そんなことを考えてみたのだが、すでにこういうことを論じてる人はいるのかな。いっぱいいそうだな……。というか、ちょっと論じ方が恣意的ですね。うむ。

2006年12月 9日 (土)

上海人形について・その他の日常

●おにぎりにハマる

 空前のおにぎりブームが到来しました。ぼくの中でだけですが。理由はわかりません。おにぎりへの情熱が急激に竜巻のごとく巻き起こりぼくを別の場所へと連れ去ってしまいました。

 うちの近くには、おにぎりを自前で作って売る店が3つほどある。弁当屋と米屋と和菓子屋である。どの店もそれぞれ旨いので困る。弁当屋のおにぎりはさすがに具が旨くて、あまからいタレで味付けしたエビ天なんかが入っているのの絶妙なしょっぱさが良い。米屋が売るおにぎりはびっくりするくらい米のめしそのものが旨い。米のめしそのものが旨いから、どの具が入ったものを選ぼうと絶対においしいというのがすごい。和菓子屋のおにぎりは握りかたがすごくやわらかくて、ほろほろと崩れる食感が素敵だ。毎朝散歩ついでにこの三店のどこかへ行って、おむすびを買って朝飯にしている。目覚めて空腹を感じると、さあ今日はどこのむすびを食おうかと考える。めしのかたまりにかぶりつき、米のつぶを口の中で感じながら奥歯でかみしめる快感はちょっと例えられないものがありますね。同じ米を食うのでも、めし茶碗と箸で食うのとは、あきらかに違う感覚です。

 といった日々を送っていたら、近所のスーパーが、新米の握りたておにぎりを売るようになったのを発見してしまった。こちらには「温かい」という重要なポイントがある。
 あああ、四店になってしまった。一週間でローテーションできないではないか。

●たこ焼きが奇跡のように旨いバーについて

 たびたび引き合いに出すので、古くからmixiのほうの日記を読んでくださっている人はご存知でしょうが、BAR上海人形という店が中野区にあって、ぼくはしょっちゅう出没します。これが何を食っても、何を飲んでも旨いというとんでもなく困った店なのです。おかげで区外に引っ越せないではないですか。

 珍しいモルトがいくつも置いてあるし、カクテルもここのを飲んだら他のは飲めなくなるくらいおいしい。でもどういうわけか一番人気のメニューはたこ焼きバーなのに屋台風の鉄板とたこ焼き板がセッティングされていて、目の前でたこ焼きをじゅうじゅう焼いてくれるのです。ぼくはたこ焼きが焼けていくのを一杯飲みながらじっと見ているのですが、あれはいいものですね。だしの入ったとろりとした生地にゆっくりゆっくり火が通って、周りから小さな小さな泡を立てながら、少しずつ色が変わっていき、いい匂いを漂わせてくるのです。なんだかソワソワしてしまう。焼きたての熱々のたこ焼きにつまようじを立てると、表面の固いところを突き刺すぷつっという感触があって、そのあと内部のやわらかいところを楊枝がするっと通っていく。かじるとボール状の外殻一枚分がかりっと香ばしく焼けていて、内側の熱いとこと大ぶりのタコがとろっと流れ出し、ホフホフとやけどしながら口の中で転がす。しかるのちよく冷えた生ビールをぐいと流し込んで一丁片付けるのです。ソースはこってりと濃くて、その上にあしらわれたかつぶしが熱でひらひらと踊っている。こうして書き付けていると、それだけで今すぐたこ焼き食べに駆けつけたくなる。もう一度言いますが、バーなのに! もう!

 この店は中野区の本店のほか、福神町に幻の支店があります。藤原カムイさんの「福神町綺譚」というマンガは異次元に浮かぶ福神町という架空の町を舞台にしているのですが、そこに上海人形という店がエイリアス的、二重存在的に登場するのですね(福神町の上海人形が本物で、中野にあるほうがエイリアスだという説もある)。ただでさえ、たこ焼きがうまい西洋酒家というだけですでにして異次元的なのに……。ぼくはかなり前から、自分の書く本にもこの店を登場させて、ますますパラレルにしてやろうともくろんでいるのですが、なかなかその機会がありません。いつかやってやる……。

 上海マスターのブログで情熱颱風
 http://shanghaidoll.seesaa.net/

 BAR SHANG HAI DOLL
 http://shanghai-doll.com/

 相互リンクをすることになった記念に。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。