フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

「太陽」を見てきた

 昭和天皇を描いたロシア映画(もうこの時点ですごいインパクトですよね)、ソクーロフ監督の「太陽」を見てきました。DVDが発売されないような気がしたので、これは公開中に見ておかねば後悔しそうだと思ったのです。面白かった。ハッピーな映画ではないし、最後には不吉な事実が明らかになって終わるのですが、それでもどういうわけかユーモラスで、なんだか癒し感があります。同じ監督の「モレク神」と「牡牛座」も見たくなったな。
(以下、ほとんど内容を明らかにしますのでこれから見る方はご注意下さい)

 2時間のあいだ、もう「その手があったか!」「それもあったか!」の連発でした。
 そのひとつが、口をもぐもぐさせるという昭和天皇の有名な癖で、この映画はそれを非常にクローズアップする。尺のほとんどで、ヒロヒトさんはムニャムニャわけのわからないことを言う人のように描かれる。が、何度かそれが豹変する場面がある。急に、すごい早口で、しかも相当しっかりした印象的な口調で喋りだすシーンがあって、それが、天皇にシンクロして非常にムニャムニャした気分だった観客の目をぱっと覚まさせる効果になっている。
 そこではっと気がつくわけです。天皇が口をもぐもぐさせているときというのは、ほぼ常に、「生き神さまのお言葉に注意深く耳を傾けている人々」がいるときなのです。つまり、神の言葉を聞こうとしている人々に対して、神として話さねばならないが、人間なんだから神の言葉など口から出てくるわけもなく、むなしく口ばかりが動く……そういう表現として解釈されているのですね。かたちにできないものを常に求められ、途方に暮れ、立ち止まる、彼の置かれたそういう状況があの癖ひとつにこめてあるようなのです。本質的には彼は切れ味鋭い、印象的な男なのだが、周囲からよってたかって押し付けられる「生き神」という呪縛が彼の実体をモヤモヤと覆い隠してしまうので、なんだかワケのわからない男という印象に見えてしまうのだ、そういう人物解釈なのです。

 逆にいうと、切れ味鋭いときの彼というのは、「神」という呪縛から離れて素に戻った一瞬なのですね。マッカーサーから皇居にチョコレートが送られてくる。それは、初会見のときに、「天皇はまるで子供のようだ」と感じたマッカーサーの遠まわしな揶揄なのですが、急な贈り物を怪しみ騒ぐ侍従たちを制して、勢いよくパンパン!と手をたたき、「はいチョコレートおしまい!」と小学校の先生のように告げる。この「はいチョコレートおしまい!」が、それまでの天皇の印象とはもうまったくかけはなれていて、「これキャラ違う!」とすら思う。
 天皇はこのときたぶん「あ、子供扱いされたな」と気づいたのでしょう。
 大臣たちと閣僚たちは自分を神扱いする。マッカーサーは子供扱いをする。そのふたつに挟まれたとき、どちらでもない、その狭間にある、「人間」というポジションが浮き上がってくるという仕掛けなのです。その「人間」が浮き上がってきた瞬間、彼は素の自分を表出することができるのですね。うわあ。

 ある日、天皇は学者を呼び、かつて明治天皇が皇居の上空でオーロラを見たという話をする。
 学者は即座に、そんなことは科学的、物理的にありえませんと否定する。では何だったのか。明治天皇は立派な歌人だから、優れた霊感でもって感じとったものではないだろうかと学者は言う。東京上空のオーロラは科学的にありえないが霊感はありだというこの分裂は、近代的軍隊を擁する一方で神授王権も信じるという日本の分裂そのものです。
 昭和天皇は科学者だから、オーロラが東京で見えないことくらいは当然知っている。彼は、「このオーロラの話を聞くと子供の頃から不安になる」と言う。彼は明治天皇が見たものがオーロラであってほしかったのだ。つまり、科学的に説明できる物理的現象であってほしかった。霊感などであってほしくなかった。不安になるのは、自分が神ではないことをわかっているからだ。明治天皇が夜空にひらめく光を見たのは、神がかった霊感のためではなく、人の身であれば誰にでも起こりうる自然現象であってほしかったのです。

 この映画では、昭和天皇が科学的素養を持った人であったということが、とても良い方向に作用して、うまく使われている。

 昭和天皇は海洋生物学者だ。彼の机にはダーウィンの胸像が飾られている。古代魚は進化して陸に上がり、やがて人類になった。
 昭和天皇はマッカーサーに、広島の原爆はけだものの行為だ、と責める。マッカーサーは、では真珠湾はけだものの行いではないのかと問う。自分はけだものではないと思う。けだものでないのなら何か。けだものに対置されるものとは?

 そのようにして、あらゆる事物が、ひとつのキーワード「人間」へと向けて流れ込んでゆく。

 どこにゆくにも侍従がついてまわり、服のボタンの留め外しからドアの開け閉めまで侍従が行う境遇だった天皇が、マッカーサーの応接室のドアを自分の手で開けねばならなくなる。それをこの映画は、零落ではなく、「自分の手でドアを開ける自由を手に入れたのだ」と捉える。
 人間宣言の場面は描かれず、それを録音し終えたばかりの彼が、晴れ晴れとした気持ちで妻に「わたしは自由だ」と告げる。そして疎開していた子供たちに会いに行くというところで、この映画は終わる。神であることを自ら否定して、彼の手に残ったものは何か。それは愛する妻と子で、すなわち人間の営みのごくあたりまえの姿であった……というところに、この映画はたどりつく(最後に飛び込んできて解決されないある展開については、伏せておきます)。ここで変な連想をしますけれど、「ガンダムSEED DESTINY」の最終回に、なんか、よく似てるなあーと思ったカノウでした。影響とかそういうんじゃなくて、権力、支配者、神、そういった題材をつきつめていくと、必然的にそこに落ち着くのでしょう。

 職業柄、この映画をノベライズするとしたらどう書くか、ということを考えてみたのですが、まず「日本語で書いたら駄目」という結論に落ち着きました。そもそも地の文で、「天皇は~」と書いても「裕仁が……」と書いても違和感でいっぱいです。むろん「わたしは……」でも、うまくいかない。擬古文はどうか、とも思いましたが、擬古文の雰囲気の中では、神様がうまく人間になれない気がします。最初からロシア語や英語で書いてしまえばそのひっかかりは単純にクリアできます。ということはぼくの出番はないですね。いや、最初からぜんぜんないのですが。

2006年11月23日 (木)

すべてが白紙に戻る

 ……などというタイトルが掲げてあったらちょっとびっくりしますよね。何があったかといえば、トロイの木馬的なものにやられて一日がかりでOSをクリーンインストール&再構築する羽目にあいなりました。もう、がっくり。原稿をほぼ全部退避できたのは不幸中の幸いだったのですが、システムのバックアップをとっていたDVD-Rが全部リードエラーを出し、バックアップの意味がぜんぜんないという状態だったのはいったいなんなのだ……。畜生、-Rなんてメディアは今後一切信用しません。

 再インストールついでにXPをSP2にしました。これまで、入れたらシステムがおかしくなりそうな気がしてなんとなく避けていたのですが、全部まっさらにするってんならこわいものなしです。
 さらに、数年前にバックアップ体制をきちんとしようと思い立ったときにけっこう高い値で買ったはいいが、接続したとたんに画面が真っ青になって止まり、使ってる人の顔も真っ青になって止まるという素敵な不具合を示していた外付けHDDもつなぎなおしてみました。こんどはまともに繋がりました。やはりシステム側がいろいろごちゃごちゃ汚くなっていたのがいけなかったようですね。それはわかっていても、OSを入れなおすという大事業にはなかなか踏み切れないものでした。結果的にはよかったのかもしれない。もう、システムの立ち上がりが早いこと早いこと。

 フリーウェアの、フォルダ間の同期を取るソフトも導入しました。これで自動的にミラーをとりまくります。ちょっと使っただけですが、もう、めちゃめちゃ便利。どうしてこれをもっと早く使わなかったのだろう。ノートにも導入して、SDカードとの間に同期を取るようにしたらさらに良さそうですね。うわあ、文明ってすばらしい。

 ブックマークがまとめて消えてしまったことが、思いのほか気持ちが良いです。今までいかに必要のない巡回をしていたかということですよね。気分が軽くなりました。この調子でどんどん巡回を減らし、ますます世の中のことに疎い人になってゆきたい。映像情報系のライターもやっているくせに、週に1時間もTVを見ない加納です。

2006年11月19日 (日)

買い物、猫、犬、その他の近況

 新海監督との「小説版ほしのこえ」サイン会についてはこちら
 「裏・ほしのこえ」(小説版ほしのこえの別バージョンについて)はこちらをクリックして下さい。

     *

●コーヒーがうまい

 ファミレスのドリンクバーのコーヒーをがぶ飲みし続ける生活をかなりの長期にわたって続けてきたが、このあいだたまたま近所の古い喫茶店に入ってコーヒーを飲んだらむちゃくちゃ旨くてびっくりした。戦前から営業しているのではないかという佇まいの古い店で、あとで調べたら、かなり有名だった。コーヒーってこんなにうまい飲み物だっけ、と認識を新たにしたところ急にコーヒーメーカーがほしくなり電器屋で買うことにした。二千円。安い……。

 モカとかコロンビアとか、そういう豆のブランド違いにはほとんど興味がない、というかぶっちゃけると違いがよくわからないので、おとなしくブレンドを飲んでいます。ドトールのブレンドが思いほかおいしい。

●除湿機も買った

 これからどんどん乾燥してきてそろそろ加湿器を出そうかというこの時期に何を買っているのだという感じもするが、除湿機を買いました。風呂場に置いている。うちのバスルームは換気扇がないのです。窓があるのだが、前の入居者が女性で、安全のために開かないよう嵌め殺しにしてしまったらしい。
 近所のリサイクルショップで三千五百円で購入。すごく安い。ゼオライト式なのでほのかに室内が暖まるあたり、図らずも良い具合だ。
 個人的に、リサイクルショップというものが好きです。「こんなもの、新品のときにはいったいどんな店で売られていたんだ?」というようなものを見つけて買い叩くのが楽しい。

●哲学堂公園の愛想猫続報

 哲学堂公園に、パタパタしっぽを振って人のあとをついてくる、まるで犬みたいな性格の猫がいるのですが、そいつにまた会いました。2回行って、2回とも遭遇。どうやら完全に住み着いているようです。
 ベンチで煙草を吸っていたら、足に顔をすりつけたあと、勝手に膝の上にのぼってきました。食べ物を期待しているのだろうかと最初は思ったが、ぜんぜんそのそぶりがない(食べ物の分け前を期待している猫は、ポケットに手を入れるといったしぐさにめちゃめちゃ反応する)。
 というか、呼ばなくても勝手に膝までのぼってくるなんて信じられねえ。おまえはそれでも野良猫か、と少し言いたい。
 でも、それでもやっぱり猫が好きなので、これ幸いとシッポを握ったり肉球をつまんだり耳をぺろっと裏返してみたり仰向けに寝かしてみたりしてさんざっぱらいじり倒しました。ぜんぜん抵抗しないの。なんだこいつ。

●仰向けに寝る犬

061015_1207001

 ペットショップのウインドウ越しに見かけた、仰向けに熟睡するミニチュアダックス。

2006年11月18日 (土)

ミルメーク、その他の近況

 新海監督との「小説版ほしのこえ」サイン会についてはこちら
 「裏・ほしのこえ」(小説版ほしのこえの別バージョンについて)はこちらをクリックして下さい。

     *

 ここ一ヶ月の近況を何度かに分けて思いつくままにご報告します。

●インタビューを受けました

 生まれて初めて、インタビュー取材というのを受けました。インタビュー「する」ほうは、ライターですから数限りなくやったことがありますが、されるのはまったく初めてでした。インタビュアーはもう十年来の知り合いのライターさん。最初は「手の内を知り合っているからやりにくい」と言っていましたが、なに、こっちは「どうしたらライターにとってやりやすいか」がわかっているわけで、そのようにぺらぺら喋りました。ポイントを一言でいうと、脱線をおそれずに、思いついたことをとにかく思いつくまま口にすること(あえて暴走したほうが、整理係は「ツボ」を理解しやすい)。それと、ちょっと偉そうに自慢げに語ることがコツです。
 ただ……問題というか、ささやかなハテナマークをあえて口にするとすれば、この初めてのインタビュー取材が、小説家としてではなく、「週刊CHINTAI」の「賃貸暮らしのベテラン体験談」という企画のサンプルとして……つまりマンションやらアパートやらを引越しばかりしている人に話を聞いてみましたという記事の人としてのものだったということでしょうか……。ううむ。本の宣伝も書いていただけたので不満は全然ないんですけれど。

 ちなみにこの本はとっくに発売されて、週刊なのでもう別の本が配本されていて基本的に手に入りません。顔写真が掲載されていて恥ずかしいので秘密にしていました。代わりといっては何ですが、いまトップページに掲示されているイラストはこの企画で挿画家さんに描いていただけたぼくの絵です。ブサ可愛い感じでたいへん気に入っています。

●ちょっとした連載を

 始めました。
「コードギアス 反逆のルルーシュ」というTVアニメーションが深夜に放映されているのですが、それのちょっとしたサイドストーリーを、角川書店の月刊ニュータイプに連載しています。巻末に掲載されていて、「僕らの日々」というタイトルです。
 いちおう、編集者は「これは小説だ」と銘打っているのですが、ぼくの感覚ではそれはどうも怪しい感じです。ショートコント、というのが近いような気もしますが、それもどうも、コント作家に申し訳ない気もします。いちおう全6回の予定ですが、人気具合によって伸びたり縮んだりするでしょう。

「コードギアス」の監督は谷口悟朗さんといって、ぼくが個人的にめちゃめちゃ尊敬している作家の一人です。

●コンビニで見つけたもの

061005_0109001
 ミルメークの紙パック?
 もう瞬時に、あらゆる学校給食の記憶が高速早送りで意識領域に展開されました。学校給食なんて好きでもなんでもないが、人生のある時期の生活の一部分として強固におのれの中に刻印されていますね。それを再確認しました。
 でも、東京に来てから知ったのですが、ミルメークって全国区ではないんですね。関東地区生え抜きの友達はみんな、知識としてしかミルメークを知りませんでした。そういえばぼくは、味噌カツが全国区ではないことを知ったのもかなり長じてからです。全般的に中部地方出身者というのはそういうところがあるようです。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。