フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月10日 (火)

サイン会をしました

 人生二回目のサイン会をしてきました。サイン会か! お前みたいなもんが! そういう内なる声が5分おきくらいに聞こえてきたりしますが聞こえないふりをしていましたとも。おかげさまでたくさんの皆さんにご来場いただきました。ありがとうございました。マイミクの方や、以前日記にコメントをくださったことのある方、またこれを機会にマイミク申請をとおっしゃってくださる方もたくさんいらしてくださいました。あらためてお礼を申し上げます。

 あのね、前にも思ったんですが、人前に出るとテンションゲージがむちゃくちゃに上がっていきますね。まるで下から順番に顔色が変わっていく昔のマンガ表現のようです。はっきりいってぼくは普段は薄暗いおとなしい人だと思うのですが、なんだかあの場では、「めったに会わない珍しいお客さんが家に来たので興奮しちゃって楽しくなりすぎちゃってきゃんきゃん飛び跳ねる小型犬」みたいな状態になっていました。誰かちゃんとしつけろよという……。

 その点、新海さんはバックヤードにいようと人前にいようと道を歩いていようと、常にテンションが一定な人で、カンロクというかなんというか、王者という感じです。そしてぼくの知る限りだいたいいつも、「ほしのこえ」のオリジナル版のああいうしゃべりかたで話しておられますね。サイン会に来られたある方が、
「新海さんはなんとなく物腰がフランス人っぽいので、個人的にピエールと呼んでいる」
 とおっしゃっていて、なんと的確な表現だろうとめちゃめちゃ感心してしまいました。もうピエールにしか見えない。新海さんとはまた少し距離が縮まって仲良くなりました。ピエールと呼んでも怒られなかったけど、調子に乗るとやばい気もするのでもっと礼儀正しくしようと思います。

 サイン会後、参加者アンケートを読みました。「秒速5センチメートルのノベライズも書かせてもらえるといいですね」みたいな、まるでおかんが見守るようなメッセージをくださる方がなんだかたくさんいました。これからもそういうことを言ってもらえるように、オーラのない人でいたいものだなと思いました。いや、皮肉でもなんでもなく、マジでマジで。

2006年10月 4日 (水)

「ほしのこえ」を並べ替えて読んでみる

「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4757729731/mixi02-22)が無事に発売されました。感想メールなどがこちらに届き始めています。感想をいただくことって実はこれまでめったになかったんですが、今回は珍しく、いろいろいただいていて、嬉しいです。ありがとうございます。

 ところで、せっかく本を買ったのだから、2回くらい読んでもいい、再読してやってもいいという方がもしいらっしゃいましたら、どうぞエピソードを原作版の順序に並べ替えて読んでみて下さい(この下で並べ順をお知らせします)。
 小説版は、2人の主人公の物語を2つに分割して、別々の物語として扱っています。
 そうすることで、いろいろなことがわかりやすくなりますし、落ち着いて読めるものに仕上がったと思います。
 ただ、原稿を書きあがったとき、ちょっとイタズラ心がはたらいて、原作のとおりのエピソード順にきっちり並べ直したらどんな感じになるか、頭から読み直してみたんです。

 そしたら、これがすごく良かったんですね……。

 情感がすさまじく増した感じがしました。
 新海監督のことは、もちろんまえまえからすごく尊敬していたわけですが、
「やっぱ新海さんすげぇ。このエピソード順を見つけ出したのはただごとじゃない」
 あらためて、「ほしのこえ」という映像作品の完成度を思い知って、かなり愕然としました。

 いっそ予定を変更して、原作準拠バージョンで出したほうがいいんじゃないかと思ったり、思いなおしたり、また迷ったりして、いろいろ左右したのですが、結局当初のバージョンで出版しました。並べ替えバージョンにも非常に心引かれるので、あとがきに並べ替え方法を載せておくことにしよう……と思ったら紙数の関係であとがきが入らないことになってしまい、仕方ないのでここで公開することにします。

 細かくページを行ったり来たりするので、ちょっと面倒な読み方になります。ゲームブックみたいですね。すみません。番号を振った付箋をあらかじめ貼って、その順に読んでいくというやりかたをおすすめします。

●「ほしのこえ」原作仕様エピソード順番表

ミカコ1 エレベーターと非常階段
ノボル1 同じ場所で
ミカコ2 お終いの日
ノボル2 永遠ではない
ノボル3 年齢
ノボル4 73段ある
ノボル5 慣性

ミカコ3 textbook
ノボル6 終わりの日
ミカコ4 メール
ノボル7 メール(Ⅰ)
ノボル8 平面から空間

ミカコ5 テスト
ノボル9 メール(Ⅱ)
ミカコ6 14日5時間13分
ノボル10 ずれ
ノボル11 想像力が届かない

ミカコ7 制服
ノボル12 時間停止
ミカコ8 1年の飛躍
ノボル13 7月がおわるころ
ミカコ9 どうしてわたしは
ノボル14 無言のはざまで
ミカコ10 13477536000000
ミカコ11 アナウンス

ノボル15 世界の内側で
ミカコ12 わたしたちは
ノボル16 いまとここの幸福
ノボル17 雨が降っている
ノボル18 ほしのこえ
ノボル19 星を越える

ミカコ13 アイスクリーム
ミカコ14 いまでも
ミカコ15 時間
ミカコ16 ねえ
ミカコ17 誰
ミカコ18 託宣
ミカコ19 痛みが必要なのか
ミカコ20 わたしは叫んだ。

ノボル20 時間
ノボル21 ぼくの時間は、君の時間
ノボル22 ここにいる

ミカコ21 なつかしい風景を
ミカコ22 ほしのこえ
ミカコ23 わたしたちは流血している

ノボル23 トレース
ミカコ24 一瞬の永遠
ミカコ25 ここにいる

ノボル24 カタパルト

 わかる人にはこれだけで内容が全部わかってしまいそうだ……。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。