フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月26日 (火)

アール・デコ、その他の日常

●「ほしのこえ」の実物が

 手元に届きました。
 箔押しというんでしょうか、キラッキラしています。プリズムじゃないのでヘッドではないが天使ではあるというところでしょうか(というのはビックリマンチョコの悪魔VS天使シールの話)。

190732

 手に取ったら、さっそく指紋でいっぱいになりました……。たぶん、何か必要ができたとき、鑑識係はここからサンプルを採取するような気がします。

 ふと思い出した余談。ちょっと前、たわむれにビックリマンチョコをひとつ買って開けてみたところプリズムシールが出てきたので非常にうれしかったのですが、調べてみると、最近のシリーズは全部のシールがプリズム仕様なんだそうですね。レアシールを引き当てたと思い込んでいたのでがっかり。それじゃあキラキラを持ってるヨロコビも半減だなあと思った次第。むむむ。

●庭園美術館にゆく

 マイミクさんの日記を読んで、東京都庭園美術館(http://www.teien-art-useum.ne.jp/)が館内公開をしていることを知る。
 ここは元は朝香宮さんという皇族の方のおやしきだったのだそうです。この方は当時最新のデザイン様式だったアール・デコに傾倒していて、自分の邸宅を建てようというとき、アンリ・ラパンに内装デザインをさせて、もう趣味全開でなにもかもアール・デコ様式でまとめさせた(なにもかもというのはちょっと言いすぎかもしれない)。非常に貴重な建物で、それ自体が美術品とみなされているようです。

 ぼくははっきりいってアール・デコが何なのかもよく知らなかったのですが、二、三日まえ、とあるラーメン屋でギャラリーフェイクを読んで、そのなかにたまたまこの庭園美術館のことを扱った話があり、なんとなく見に行ったほうがいいような気がしていたところ今回の展覧会の情報が図ったようにとびこんできて、
「これは見に行けと何かがささやいている気がする」
 と非科学的なことを思い、しかしわりとそういう非科学的なささやきに弱いので、ふらっと出かけてしまいました。

 わりと「たわむれに行ってみた」という感じで出かけていったのですが、いや、すごく良かった。ゴージャスと上品というのはかように並び立つものかという……。今後、大邸宅というものを描写するとき、必ずこの建物を思い出すことになるだろうと思います。頭の中で間取り図を描きながら、なるほどなるほどと何度もうなずいていました。こうなっているのか……。なにしろ庶民なので、「立派なお屋敷」というものに対する内的リアリティがこれまでぜんぜんなかったのです。だいたい、大邸宅が出てくる小説などを読んでも、ホテル建築を個人的にしたもの、みたいな貧困なイメージで漠然ととらえていました。あとは「弟切草」に出てきた洋館のイメージとか。

 なにかこう……そのうち一発当てたら、ああいう家に住んでみたいなという感じがする建物でした。そういう親密さのようなものがある家なのです。いったいどのくらいの規模の「一発」を当てたら住めるのか見当もつかないですけど。

 ちょっとしたオタク的発見。

20060926134551_4

 入り口のスイングドアに、こういう↑女神のガラスレリーフがあしらわれていて、それがまたとても美しいのですが、これを見た瞬間、
「ああ、これってひょっとしてアレの元ネタなのでは」
 と思ったのでした。
 アレというのは
 http://www.falcom.co.jp/download/w_paper/image/ys_01s.jpg
 これ↑。
 ほんとに影響があるのかどうかはわからないですけど、似てませんか。どうだろう。

2006年9月18日 (月)

[新作出ます]ほしのこえ

 また出します。こんどもまた、映像作品のノベライズです。今回も新海誠監督の原作を預からせていただきました。「ほしのこえ」です。

B

「ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる」
 原作/新海誠 著/加納新太
 9月29日発売/エンターブレイン/1365円(税込)
 http://www.enterbrain.co.jp/jp/p_catalog/book/2006/4-7577-2973-1.html
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4757729731

 いまから約50年後の宇宙時代。宇宙と地球にひきさかれてしまった高校生の恋人同士が、携帯メールでかろうじて連絡を取りあうのですが、宇宙船が遠ざかれば遠ざかるほど、メールが届くまでの時間が長くなっていく。彼らはいまの気持ちを伝えたいのに、そのメールが相手に届くのは何日後、何週間後、やがて何ヵ月後になり……というようなお話です。

 原作では、主人公のミカコちゃんとノボルくんの心情がテンポよく交互に映し出されていくのですが、この小説版ではそれをぶちっと分離して、同じ物語を別の視点から語るふたつの短編として再構成しました。ミカコ視点から語られる「あいのことば」編、ノボル視点から語られる「ほしをこえる」編があわさって「ほしのこえ」という物語になる、みたいな趣向になっております。

「秒速5センチメートル」を楽しみにしている皆さんには、公開までの残り数ヶ月のつなぎとしてちょうどいいんじゃないかなと思います。
 アニマックスの新海監督特集で、「雲のむこう、約束の場所」を知った方には、そちらのノベライズも出ておりますので、よろしかったら、どうぞ。
 http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4757725884

テスト

この投稿はテストです。

トップページ | 2006年10月 »

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。