フォト

加納新太

  • ライター・作家です。

Twitter

カノウの本・既刊

  • : 君の名は。 Another Side:Earthbound

    君の名は。 Another Side:Earthbound
    新海誠監督の映画『君の名は。』の小説版です。新海監督執筆の『小説 君の名は。』が、映画と同じストーリーラインを追うのに対し、こちらでは、短編集形式で登場人物を掘り下げをしています。「これを読むと映画の内容がすんなり理解できる」と角川の玄人衆から高評価を受けました。リアル書店では見つけにくい本のようなので、取り寄せ等の対処をお勧めします。

  • : いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。
    月刊ヤングエース(角川書店)連載中の漫画『いなり、こんこん、恋いろは。』(よしだもろへ)の小説化です。この作品に惚れ込みました。表紙はよしだ先生に描いていただけました。幸せです。

  • : アクエリアンエイジ 始まりの地球

    アクエリアンエイジ 始まりの地球
    カードゲーム「アクエリアンエイジ」のマンガ版です。短編形式で6編収録されています。月刊コンプティークで連載しました。全編の脚本を書いています。

  • : シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲

    シャイニング・ブレイド 剣士たちの間奏曲
    RPG「シャイニング・ブレイド」の小説版です。サイドストーリーを集めた短編集です。主人公レイジとヒロイン・ローゼリンデが初めて出会うエピソードも収録されています。

  • : アクエリアンエイジ フラグメンツ

    アクエリアンエイジ フラグメンツ
    トレーディングカードゲーム「アクエリアンエイジ」の小説版です。公式Webサイトでの連載に加筆修正したものです。

  • : 小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH

    小説 劇場版ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH
    週刊少年サンデーで連載中、畑健二郎作「ハヤテのごとく!」が劇場アニメになりました。その小説版です。私はこの漫画が大好きで、書けて幸せでした。

  • : 秒速5センチメートル one more side

    秒速5センチメートル one more side
    映画『秒速5センチメートル』のノベライズです。新海監督版の内容を逆サイドから描いた物語になっています。第1話がアカリ視点、第2話がタカキ視点です。第3話は交互に入れ替わって展開します。

  • : シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島

    シャイニング・ハーツ やさしいパンの薫る島
    RPG「シャイニング・ハーツ」の小説版です。原作の物語のサイドストーリー的な位置づけです。3人のヒロインは全員登場し、ゲームでは出番の少なかった海賊ミストラルも活躍します。牧歌的でやさしく、すべてが満ちたりた世界を書こうと思いました。満足しています。

  • : fortissimo//Ein wichtiges recollection

    fortissimo//Ein wichtiges recollection
    シナリオを担当しました。PCゲーム「fortissimo」のコミック版です。本編のサイドストーリーです。原作:La'cryma、漫画:こもだ。

  • : 世界めいわく劇場スペシャル

    世界めいわく劇場スペシャル
    全編ギャグのドラマCDです。シナリオを書きました。こういうのも書けます、というかこっちが得意技です。守銭奴の人魚姫、腐女子のマッチ売り少女、百合ハーレム状態の白雪姫、全ての言動が破滅的なシンデレラ、などが世界の名作童話をむちゃくちゃに解体します。役者さんにはほとんど無茶振りともいえる「一人最大9役」を演じていただいています。

  • : シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士

    シャイニング・ウィンド -アナザーリンク- 鬼封じの剣士
    RPG「シャイニング・ウィンド」の小説版です。ゲーム本編のノベライズではなく、主人公たちの過去の物語を書きました。自分に伝奇小説が書けるか、ジェットコースター型の展開が書けるか、というのが、個人的なチャレンジでした。ありがたいことに、かなり好評を博しています。

  • : シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険

    シャイニング・ティアーズ to ウィンド 姫君たちの冒険
    RPG「シャイニング・ティアーズ」「シャイニング・ウィンド」の短編集です。基本的に、原作の物語がスタートする前を舞台にしています。いわゆるプレ・ストーリーです。エルウィン、マオ、ヴォルグ、ブランネージュ、クララクランが登場します。

  • : ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

    ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
    原作/新海誠。新海監督のデビュー作を小説化したものです。少女視点の「あいのことば」、少年視点の「ほしをこえる」の二部構成となっています。表紙はブルーの箔押しで、美しいデザインです。『雲のむこう、約束の場所』と並べてみると、帯込みで対比的になるようにデザインされています。

  • : シャイニング・ティアーズ 神竜の剣

    シャイニング・ティアーズ 神竜の剣
    RPG『シャイニング・ティアーズ』の小説版、続編です。単独の本としても読めるつくりになっています。作者としては、前作よりも納得のいく出来です。勇ましい物語です。

  • : 雲のむこう、約束の場所

    雲のむこう、約束の場所
    原作/新海誠。劇場アニメーション映画『雲のむこう、約束の場所』を小説化したものです。装丁がとても美しく、それで手に取った方も多いようです。

  • : シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士

    シャイニング・ティアーズ 双竜の騎士
    セガのRPG『シャイニング・ティアーズ』をもとにしたヒロイック・ファンタジィ小説です。ノベライズです。

  • : タウンメモリー

    タウンメモリー
    架空の海辺の街(モデルは藤沢あたり)に暮らす女子高生が主人公の日常小説です。題材的に、少し恥ずかしいなという気分もありますが、気に入っている作品です。

  • : アクエリアンエイジ Girls a War War!

    アクエリアンエイジ Girls a War War!
    マンガです。トレーディングカードゲーム『アクエリアンエイジ』のキャラクターが毎話ドタバタ暴れて大変なことになります。もとはゲームの遊び方をチュートリアルするマンガだったのですが、いつのまにか趣旨が変わっていました。シナリオを担当しました。絵は『少年陰陽師』のあさぎ桜さん。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈2〉

    月姫 アンソロジーノベル〈2〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集、第2巻です。第二話『天へと至る梯子』を執筆しています。琥珀が主人公です。

  • : 月姫 アンソロジーノベル〈1〉

    月姫 アンソロジーノベル〈1〉
    PCゲーム『月姫』を題材にしたアンソロジー短編集です。遠野秋葉が主人公の第一話『かわいい女』を執筆しました。

無料ブログはココログ

2016年8月12日 (金)

この夏もTonyさんのところで同人をやっています(シスター・ブラッド第3話)

 今年の夏はやけに暑いですね。国際展示場方面にバーコードやISBNのない本を買いに行かれる方は、こまめに水分と塩分を補給なさって下さい。

 さて、ここ2年ほどずっと、Tonyさんのところの同人をしています。
(ふと冷静になってみると我ながら凄いな)

「同人になる」という言葉の、なんともいえない明治大正的な響きが、ゆかしくて私は好きです。ちょっと文豪になった気分だ。

 この夏のコミックマーケットで頒布されるTonyさんの同人誌『Tony MAGAZINE 03』に、私の書いた小説が載っています。
 横浜を舞台にした少女オカルトバイオレンスハードボイルド小説(満艦飾だ)『シスター・ブラッド』の第三話です。

 今回はライバルキャラクターが登場します。イギリス人で美少女でお金持ちで頭が良くて世界有数の超能力者でミステリーオタクという女の子です(ほんと満艦飾だなぁ)。
 今回の新キャラは、Tonyさんにも面白いと褒めていただきました。なので、珍しいことに安心して、皆様に差し出せます。

 Tonyさんのスペース、3日目 東シ-05abにて頒布されます。入手のためにはかなり長蛇の列に並ぶことが必要になりそうです(しかも炎天下)。くれぐれも、帽子、水、塩キャンディーなどを用意して、気分が悪くなったら係の人に申告して下さい。

 当日の入手でなくてもいいや、という方は、後日とらのあなの店舗ないし通販で購入できると思いますので、そちらをご利用下さい。

『シスター・ブラッド』第1話と第2話が載った本も、とらのあなにて購入可能です。
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/33/73/040030337379.html
 http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/37/18/040030371880.html

 おっと大事なことを言い忘れていました。この本は18禁です。

2016年7月16日 (土)

『君の名は。』の小説(加納版)がスニーカー文庫から出ます

 新海誠監督の映画最新作『君の名は』が、8月26日に劇場公開されます。
 この『君の名は。』の小説版が、加納新太の執筆で、角川スニーカー文庫から8月1日に発売されます。税込み670円です。

615mjgfvlnl

 

君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)

 カバーイラストはキャラクターデザイナーの田中将賀さん(『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』)。口絵および挿絵は朝日川日和 さんにお願いしております。

 じつは私(加納)は、今回の映画『君の名は。』では、制作スタッフの一員を務めています。スタッフロールでは(確か)「脚本協力」ということでクレジットされていて、一行まるまるを私ひとりの名前で占拠しています(光栄なことです)。

 何をやったかというのは、肩書きの通りで、脚本を成立させる過程で、さまざまな意見を申上げたり、助言をさしあげたりということをしました。病欠を除いて、脚本会議にはすべて出席しましたし、全6稿までおよんだ脚本のなかには、加納が執筆したバージョンも存在しています。

 そんなわけで、この映画の(ストーリーの)成立過程をほぼ全部目にしていますので、「この映画について最も詳しい人々のうちの一人」だったりするのでした。そういったわけで、サイドストーリーの小説を執筆する話が舞いこんできました。

 新海ファンの方はすでにごぞんじかと思いますが、現在すでに、角川文庫から新海監督の執筆によるノベライズが先行発売されています。そちらは、映画のストーリーをほぼ忠実にトレースした内容になっています。
(ちなみに新海さんは、映画をつくりながら同時進行でその小説を書き上げました。常人にできることではありません)

 そちらが先行しておりますので、スニーカー文庫版では、ストーリーの重複を避け、登場人物の掘り下げをする短編集にしました。
 誰を取り上げるかなぁ、ということを、担当さんとああでもないこうでもないと議論していった結果、(ほぼ)偶然にも、全員が糸守町関係者となったので、結果的に「地方暮らしもの小説」のような様相を呈することになりました。
(この映画は、東京都内と、岐阜県の山奥にある糸守町という架空の町を行ったり来たりするような内容です)

 この映画の脚本に関わっているときに、アニメっぽい裏設定や、アニメっぽいコントをいっぱい提案したり(勝手に付け加えたり)しました。そういうネタは全体を調整する過程で、ストーリーの表面からは落ちていったのですが、今回の小説では、捨てるには惜しいものを復活させています。
 復活させてもOKかな、作品のトーンがずれないかな、とかすかに心配したのですが、新海監督にプロットを見せたところ、すんなりOKが出たので、まあ、たぶん大丈夫なのだと思います。

 そういう裏設定を積極的にしこんでいった結果、今回の小説は、「主人公は糸守町」といえるような内容になりました。
 この小説で、さまざまな真相が解明されます。例えば、勅使河原はどうして「とある計画」に協力してくれるのか。三葉の父は、どうしてああなのか。そして、宮水神社が持っている秘密は何なのか。そういった「糸守町の謎」を明らかにするような小説に(結果的に)なっています。

 映画にあわせて、この小説を併読すると、「ああ、これってそういうことなのか」と腑に落ちる部分が多くなるはずです(そういう効果を目指して書いています)。映画を見て気に入った方、これから見る予定の方は、副読本として読んでいただけたら幸いです。

ネットまわりの仕事をフォロー

 ここ数年でやった仕事のうち、ネット公開向けの小説(紙になっていないもの)をここにまとめておきます。


■「ブレードアークス列伝」


 セガゲームスの対戦格闘ゲーム『ブレードアークス from シャイニングEX』のノベライズです。全4回です。
 対戦格闘ということで、ゲーム内で詳細なストーリーを語ることが難しいため、それをフォローするために持ち上がった企画です。

 第1話と第2話が、ゲームの開始前を扱ったプレ・ストーリー。第3話はゲームと同時制のできごと。第4話はクリア後のアフターストーリーとなっています。
 久しぶりに、『シャイニング・ティアーズ』のリュウナが書けたのが嬉しかったです。彼女に関するちょっとした謎解きも入っています。

 お気に入りなのは第3話で、格闘ものということで殺伐になりがちなのを避けて「ひたすら可愛くってばかばかしい」というところを狙いました。Tonyさんに「面白い」と言わせたのが個人的な勲章です。

 ブレードアークス列伝 目次ミラー
 ブレードアークス列伝 第一話「双竜の覚醒(前編)」ミラー
 ブレードアークス列伝 第二話「双竜の覚醒(後編)ミラー
 ブレードアークス列伝 第三話「光と闇の戦い」ミラー
 ブレードアークス列伝 第四話「果てなき拳の道」ミラー


■「シャイニング・レゾナンス 竜奏騎士たちの前奏曲」


 これもセガゲームズのRPG『シャイニング・レゾナンス』のノベライズです。全4回。
 全話が、ゲームのプレ・ストーリーです。キャラクターの魅力を掘り下げつつ、ゲーム本編にストーリーをつなげていく、という趣旨で書きました。

 初期ヒロインの二人、キリカとソニアの仲が実はすごく悪かった……というのは、じつは私が提案して採用された設定です。こういう、加納側発信の設定というのは、今回にかぎらず、いろんな場所で、ちょくちょくあります。ノベライズというのは、ありものの設定の範囲内だけで作ろうとすると、どうしても予定調和的すぎるものになっていきます。

 ドラゴンと美少女がいちゃいちゃしているところを書けたのが、ちょっとうれしかったです。

 竜奏騎士たちの前奏曲 目次ミラー
 竜奏騎士たちの前奏曲 第一話「姫と歌巫女(前編)」ミラー
 竜奏騎士たちの前奏曲 第二話「姫と歌巫女(後編)」ミラー
 竜奏騎士たちの前奏曲 第三話「炎の料理人」ミラー
 竜奏騎士たちの前奏曲 第四話「竜使いの皇女」ミラー


■「アクエリアンエイジ・フラグメンツ」


 ブロッコリー発のカードゲーム『アクエリアンエイジ』ですが、ルールサポートの終了が告知されてしまいました。私は、学研の雑誌でやっていたアクエリの紹介マンガのシナリオ執筆から作家的なキャリアをスタートさせましたので、アクエリには思い入れがあり、原作者の故 中井まれかつ先生のことも尊敬していましたので、とても残念です。(まれかつ先生の葬儀のときに形見分けにもらったアクエリのβ版カードは、宝物としてだいじにとっておいてあります)

 アクエリの公式ウェブページにて連載していた『アクエリアンエイジ・フラグメンツ』は、大部分が創芸社から出た文庫版に収録されていますが、終盤の2シーズン分が、出版されず、宙に浮いたままになりそうです。そこで、ミラーの保護もかねて、ここにリンクを掲示しておきます。

 女帝の聖楔 断片1「仙界の女帝」ミラー
 女帝の聖楔 断片2「眠れる女神」ミラー
 女帝の聖楔 断片3「魔剣を生む者」ミラー
 女帝の聖楔 断片4「人造の聖母」ミラー
 女帝の聖楔 断片5「聖児消失」ミラー
 女帝の聖楔 断片6「彗星」ミラー
 約束の世界 断片1「女王の親征」ミラー
 約束の世界 断片2「狙撃準備」ミラー
 約束の世界 断片3「混戦」ミラー
 約束の世界 断片4「墜ちたるもの」ミラー
 約束の世界 断片5「白い悪夢」ミラー
 約束の世界 断片6「覚醒者たちの沈黙」ミラー

2016年1月 3日 (日)

おせち2016

(ドラクエの記事の続きを書けと各方面からお声をいただいておりますが、気長にお待ちください)

 すでにお馴染みかとも思いますが、年末年始は実家にて、妹と私がおせち料理をつくることがならわしとなっています。

 祝いの料理を自分でつくり、正月にそれを食べるというのは、たいへん愉快なことであります。年の終わりのしめくくりに達成感を味わい、年の初めにぜいたくな気持ちを味わえたら、それは最高ではないか、という話です。

 ぜいたくといっても正月料理は、かずのこを除けば、べつだん高価な食材を使いはしません。ごぼうだの、人参だの、かたくちいわしだの、ありふれた材料ばかりであり、多少それに手を加えて、おめでたい形にし、または保存がきくようにもするという考え方のものです。材料がぜいたくなのではなく、多少てまひまをかけて加工するからそれがぜいたくなのであるということだと私は理解しています。

 材料費は、年末価格でいくぶん高くなっていますが、そういうものだと腹をくくって買い、たぶんおせちとお雑煮の総額で2万円か、せいぜい2万5千円くらいでしょう。それで、家族4人が正月4日間くらい食べ続けられる分量ができます。食べても食べても減らないというのはなかなか気持ちのいいものです。



●29日(夕方から)

 この日は主に下準備をします。松前漬けや味付けかずのこなど、漬け込みに時間のかかるものは、この日から仕込み始める必要があります。

 また、黒豆は戻すのに一晩、煮るのに1日、味をなじませるのに1日必要なので、この日の夜には戻し始める必要があります。


R0010165
▲真っ黒でわかりづらいですが、沸騰した煮汁に黒豆を投げ込んで、戻しています。鉄分補給に鉄の卵が入っています。

R0010249
▲かずのこと松前漬けを漬けはじめます。

R0010166
▲酢の物に使う土佐酢をまとめてつくり、ペットボトルに詰めて保存します。土佐酢は、三杯酢にみりんを足して、かつぶし、コンブでだしを煮出したものです。




●30日

 黒豆を8時間ほどコトコトと煮ます。平行して、手のかかるものをまとめて済ませます。酢の物は、保存と漬かり具合を考えると、この日に漬け始めるのがいいのではないかと思います。


R0010137
▲ごまめを炒って、

R0010145
▲飴を煮詰めて

R0010146

▲からめると田作りになります。
R0010174
▲さつまいもをくちなしの色水でゆでて、

R0010178
▲裏ごしをして砂糖といっしょ煮詰めて餡にし、

R0010181
▲くりの甘露煮を加えれば栗きんとん。

R0010183
▲たたきごぼうです。ごぼうを茹でて叩き、炒りゴマをあえて、このあと土佐酢でしめます。

R0010188
▲紅白なますです。人参と大根を千六本に切り、塩でしめて絞り、このあと土佐酢でしめます。

R0010199
▲酢だこです。ぶつ切りにして土佐酢でしめただけです。

R0010204
▲酢蓮(すばす)です。薄い酢水でゆでて土佐酢でしめただけ。

R0010189
▲くわいの煮物です。六方に剥くのがたいへん面倒くさく、家の誰に頼んでもゲーと言います。

R0010219
▲今年の黒豆は吹きこぼしてしまい、失敗気味。




●31日

 傷みの早そうなものはこの日に。ブリのつけ焼きを漬け込んだり、いかたらこを切ったりします。


R0010253
▲簀巻きのままなので状態がわかりにくいですが、伊達巻。

R0010213
▲魚市場でブロック状のイカを買って来て細く切り、酒と塩でしめて、めんたいこを合えます。これが意外に日持ちもします。

R0010210
▲百合根のゆず煮です。うす味のおだしとしょう油でゆでて、刻み柚子を加えて冷やします。「黒いところをペティナイフで削って」と頼むと家の人びとが嫌がります(めんどくさいのです)。

R0010232
▲お煮しめはひと鍋で一気に済ませます。これが大好き。大量の根菜を炒め始めればテンションがあがります。

R0010240
▲鍋返しをしてギンナンを加えて、煮あがり。




●1日

 前の晩に出汁を張り、切りものもしておき、朝は煮るだけで雑煮ができるようにしてあります。


R0010259
▲ブリのつけ焼きを焼くのは朝です。ついでにエビの鬼殻焼き。エビなんかブラックタイガーで充分だというのがうちの考え方ですが、有頭のものを選びます。

R0010268
▲お重に詰めます。詰め方はかなり適当です。便宜的にお重と呼んでいますが、この四角い容器の正体はたぶん行楽用のお弁当箱です。

R0010277
▲お雑煮を添えます。愛知のお雑煮は餅と餅菜(小松菜に似た野菜)だけという、おそらく日本で一番シンプルな雑煮なのですが、私はそれが物足りなくて鮭、豚肉、人参、大根を足しています(紅・白・紅・白になるように)。どうやら江戸や三河、尾張など徳川家影響下の土地は、雑煮に具をあまり入れない傾向があるみたいです。

2014年1月 2日 (木)

おせち2014新春

 趣味はおせち料理作りです。年末の29日から3日間かけて作ります。

 おせちという奴は、じつはなかなか簡単で、酢の物が多いのでとりあえず初日に土佐酢(だしの入った三杯酢)を大量に作っておき、根菜やら何やらを適当に漬け込んだらたいていのものはおせちっぽくなるわけです。

 写真をとりわすれたものもありますが、まぁとにかく趣味の成果をご紹介します。

P1050573_2
▲ごまめを煎ってたれにからめて冷ませば、田作り(関東祝い肴)。

P1050575_2
▲黒豆を煮汁で戻すところ。一晩もどしてから翌日炊いて、一晩漬け込むので3日間がかりです(祝い肴)。

P1050577
▲ゴボウをゆでてごまをまぶして土佐酢に漬ければたたきごぼう(関西祝い肴)。

P1050581
▲かずのこは塩抜きをして、だし、醤油、みりんをあわせた付け汁に漬け込みます(祝い肴)。

P1050582
▲かずのこは半分ほどとっておいて、松前漬けに振り分けます。

P1050584
▲にんじんと大根を塩でしめて土佐酢に漬ければ、紅白なます。にんじんと大根は家の畑で取れたもの。(写真奥は田作り)

P1050586
▲レンコンをゆでて土佐酢に漬け、酢蓮。その隣は鯛の博多締め(昆布締め)。博多締めは「檀流クッキング」を見て作りました。

P1050587
▲くわいは煮る前日に剥いておき、一晩あく抜きをし、一晩漬け込むので、これも三日がかり。

P1050588
▲さつまいもをクチナシの色水で煮て、裏ごしをして、砂糖で煮詰めて栗を入れれば、栗きんとん(作業中)。

P1050592
▲色合いが紅白だったら、とりあえずおせちに詰めてそれっぽくなります。玉ねぎとシャケの南蛮漬け。

P1050593
▲ブリの漬け焼き。

P1050594
▲煮染めはひとつの鍋でまとめて煮ます。筑前煮。

P1050595
▲イカを細切りにして塩でしめ、明太子をまぜて、いかたらこ。

P1050604
▲普通の酢ダコの代わりに、レモンとオリーブオイルを利かせたスペイン風酢ダコ(檀流クッキング)。

P1050610
▲伊達巻きは今年初めて成功しました。スーパーにハモのすり身が売っていたので、これをすり鉢で玉子と合わせて、白だしと砂糖で味付け。卵焼き器で焼いて、巻きすで巻くのです(檀流クッキング)。

P1050596
▲他にもいろいろありますが、とりあえず全体像はこんな感じになりました。

・29日
黒豆、松前漬け、田作り。

・30日
たたきごぼう、紅白なます、酢蓮、数の子。

・31日
栗きんとん、いかたらこ、クワイの含め煮、ブリの漬け焼き、筑前煮、伊達巻き、鯛の博多締め、百合根のユズ風味、鶏ハム、鮭の南蛮漬け。

・1日朝
雑煮、スペイン風酢ダコ、タコの博多締め、海老の鬼殻焼き。

«ドラクエ7の謎解き(4)崖っぷちじいさんに何が起こったか

お知らせ

リンク

  • mixi
    mixi内のブログです。内容はここと同一です。
  • 活字屋 あすか正太ウェブ
    小説家・あすか正太さんのWebページです。ライティング業のノウハウはすべて彼から伝授してもらいました。師匠です。
  • Other voices-遠い声-
    映像作家・新海誠さんのWebページです。新海さんの作品「雲のむこう、約束の場所」と「ほしのこえ」を小説化させていただきました。
  • 上海マスターのブログで情熱颱風
    BAR上海人形マスターのBlog。この人が作るお酒は留保なしにうまい。
  • BAR SHANG HAI DOLL
    洋酒が揃っていて、カクテルが旨くて、その上なぜかたこ焼きと鉄板焼が絶品な、不思議な店。ライブスペース、ギャラリーとしても利用できるそうです。